07 | 2017/08 | 09

    1/144 HG ランドマンロディ製作その③~なんとか完成 

    約一ヵ月半ぶりの更新になります。

    いやぁ、ブログ初めて以来の倦怠期で一時は

    「俺、プラモ作らなくても平気かも?(ヽ´ω`)」

    と思ったこともありましたが、なんとか復活しました。

    今回サフ吹いて塗装したんですけど、いや~、溶剤臭がくさいくさい:(;゙゚'ω゚'):
    塗装は正月以来?だったんですけど、
    こんなに臭かったっけ?ってちょっとブランクを感じましたね。

    塗装自体もなんか勝手が掴めずにちょっと雑になってしまいました。
    まぁいつものことと言えなくもないですけどねw
    rand10_R.jpg
    一応レシピは、
    オレンジ:スカーレット(ガイアカラー)
    本体ホワイト:レディッシュウォームホワイト(バーチャロンカラー)
    関節部:ガンメタル(ガイアカラー)
    足首などグレー:ジャーマングレー(ガイアカラー)
    と、本体白とオレンジは以前作ったゼータプラスと全く同じ配色です。

    それを白とグレーは黒サフ、オレンジはマホガニーサフの上から面吹きです。
    rand11_R.jpg
    で、エナメルのジャーマングレーでウォッシングして、タミヤのウェザリングマスターで足元中心に土汚れ。
    両方とも結構適当になってしまいました(←まぁいつものこry)

    で塗装が終わり、組んで、やっと完成したな~と一息ついたとき、

    「あれ、なんとなく違和感が…?」

    と思ったら、ランドマンロディのモノアイ?はグリーンだったんですね(マンロディはピンク)
    モノアイの形が△×3の特殊な形なんでシールを使うつもりだったんですけど、
    急遽「だり~な~」と思いながらラピーテープで三角をみっつ切り出して貼りました。

    まぁ久々だったのでけっこうやっつけ的になりましたが、遅くも今年二つ目の完成と相成りました。
    このペースだと今年の完成品は5つぐらいかな~?w

    1/144 HG ランドマンロディ製作その②~後ハメとかなんやかんや。 

    なんやかんやでなんとなくプラモ熱が停滞中のこの頃。
    なんやかんやで二週間空いてしまいましたが
    なんやかんやでランドマンロディの後ハメです。
    なんやかんやって、便利な言葉ですねw

    背中に露出するフレーム部分ですが、
    挟み込んで接着してしまうとかなり奥まってしまい、
    マスキングもやりづらいのでフレーム部分からエッチングソーでカットしました。


    そしてフンドシの裏をつま先、踵の裏がガッツリ空いているので、0.3mmプラ板を貼りました。
    rand6_R.jpg

    そしてスネの後ハメですが、
    ヒザ関節パーツのスネ側の四角のダボ部分を左右2mmずつ残してカット、
    スネの穴を同じように左右2mmずつデザインナイフで広げます。
    ここはダボをカットせずにスネの穴を広げてもいいんですけど、コレぐらいの方が見た目がいいかな~と。
    rand7_R.jpg

    腰のフレーム部分は裏がぽっかり空いているので、ポリパテデ埋めました。
    あんまし見えない部分だからテキトーです。
    二の腕の後ハメは、フレーム部分の二本の丸いダボをカット、
    反対側の四角いダボを1mmほど残してカットします。
    そして四角のダボ穴部分の上側を1mm切り込みます。
    これで塗装後に上から差し込んで接着することができます。
    rand8_R.jpg
    だいたいこんな感じですかね~。
    まぁ後ハメつっても基本的なものばかりなんで楽ですね~。

    あとは継ぎ目を消して、サフですね(^^;イツニナルヤラ…

    あ、作業用ザクも進めてはいますw


    そして、
    ついにフレームアームズガールに手を出してしまいましたw
    rand9_R.jpg
    すーぱーふみなを作ったのが全ての元凶w
    こういうものに抵抗がなくなってしまいましたね~
    なんか武器がついてるのはパーツが多すぎてメンドそうだったんですけど、イノセンティアなら、ね。
    いつ作り出すのかまったく未定ですけど。

    1/144 HG ランドマンロディ製作その①~苦しまぎれの仮組み(;´∀`) 

    ランドマンロディ好きなんですよね~
    鉄血の2期が放送されて片っ端からMSがキット化されていく中でもキット化の報がなく、
    これはプレバン行きかな~と思ってたんですが、MSオプションセット9にスネ下が含まれるという、
    結果的にはありがたい感じで立体化されました(プレバン行きよりは、ねぇ?)
    rand1_R.jpg
    おぉ~カッコイイじゃないの~。
    マンロディって、アッガイやカプルに通ずる愛嬌があっていいですよね~。
    劇中でも結構活躍してた?し(出番はMS中でも随一でしょうね)
    rand4_R.jpg
    キットはパーツ数も少なく非常に組み安い感じ。
    ただしその分分割なんかは工夫されてなく、一昔のHGみたい?
    rand3_R.jpg
    とりあえず組むときは簡単に、フロントアーマーやフンドシ、足首部分にできる肉抜きを埋めて、
    ちょちょっとディテールアップして簡単に仕上げたいと思います。
    作業用ザクの後でね…('A`)y-~

    1/144 作業用ザク製作その⑤~それは夢の途中。。( ´ー`)y-~~ 

    作業用ザクですが、ギャリアをはさんだおかげで
    まるひと月振りの更新になるんですね(;´Д`)
    現状はこんなです。
    作業8_R

    あれ?前回から全然進んでなくね?と思ったあなた、


    正解!m9(゜д゜)っヘイチャン、スルドイ!


    そう、なんと恐ろしいことにほぼ進んでいません(゚д゚)ソレガナニカ?


    いや、前回二の腕が太く見える、という事が判明して、肉厚ぎりぎりまで削ったり、
    マニピュレーターを作ったり、
    右腕のスコップを作ったり、ヘルメットを後ハメ加工したり、
    あとまぁなんやかんやと…
    毎日すこ~しづつでも弄ってるんですが、進んでませんねぇw

    というのも、とあるゲームに備えてPS4を最近買いまして、
    Gジェネジェネシスをやり始めたからなんすよねぇ~。
    単純にプラモ弄ってた時間をゲームに充てているという。。

    作業7_R
    ちなみに右腕のスコップは、基部のポリキャでレール上でスライド可動します。
    やってみてわかりましたが、この作業は無駄でしたw
    手首以上にスコップが伸びないので、多分土は掘れないであろうというね…(^^;

    マニピュレーターは、多分waveの角指が可動する手のひらにポリパを盛って繋げました。
    設定では親指が二本づつあるみたいなんですけど、どうにも馴染めないのでスルー。

    これは3月中の完成も危うくなってまいりましたw/(^o^)\ナンテコッタイ


    ■セブンイレブンPresents 佐倉としたい大西 壁掛けスクールカレンダー
    作業9_R
    勿体無くて使えませんw
    祝!アニラジアワード RADIO OF THE YEAR 最優秀ラジオ大賞\(^o^)/
    あやねるは着々とラジオモンスター化しつつありますね。

    スーパーミニプラ ウォーカーギャリア 

    もう発売から数週間たっており若干時期外れな気もしますが、
    スーパーミニプラのウォーカーギャリアを組み立ててみました。
    前回のザブングルもそうでしたが、食玩とは思えない出来ですね~( ^ω^ )
    オマケでガムが一個入っています(←逆w)

    ■ギャリィホバー
    wg3_R.jpg
    透明パーツが使われており、頭部も継ぎ目が出ないように分割が工夫されています。
    肩関節が前後に動くんですけど、ここのパーツが動かしてるとポロリしやすいし、
    柔らかいプラが使われてるので破損が非常に心配w

    ■ギャリィウィル
    wg4_R.jpg
    食玩とは思えないボリューム。胸部と腰との接続がよく考えられておりHGレベルです。
    ギャリアって足首のタイヤのせいで足首の接地性が懸念されるデザインだと思うんですけど、
    足首の甲とスリッパの部分が軸位置の違うダブルボールジョイントで接続されてスリッパがよく動くようになってて、、
    よく考えられてるな~とここも感心した部分です。

    ■クラブタイプ
    wg2_R.jpg
    これも良い出来です。透明パーツが使われてコクピット内部も一応再現されてます。
    ギャリアのバズーカ付き。

    ■レッグタイプ
    wg1_R.jpg
    レッグタイプ+ミニレッグタイプ+ギャリアのライフルで、これもメチャメチャ出来がいいっす。
    レッグタイプは1/35スケールかな?
    ビリンかマリアのフィギュアを付けて欲しかったな~。
    タミヤの1/35の兵士なんかと組み合わせても面白そうです。
    ミニレッグはギャリアと同スケール。
    ライフルがペラッペラなのは仕方ないかな~w

    ■ウォーカーギャリア
    wg5_R.jpg
    んで、合体してウォーカーギャリアに。
    いや~、ザブングルもそうでしたけど、ここまで出来が良いと、旧キットを組む気が無くなってしまうやろ!
    というくらい抜群のデキですw
    たださっきも言いましたが食玩故なのか組みたて易さを狙ってなのか、
    はたまた材料費が安く付くのかしりませんがプラが柔らかく、ちょっと力を加えるととたんに白化してしまうので、
    多少慎重に扱ったほうがいいかもしれません。
    破損したら部品注文もできないし(^^;
    動かしてると関節が緩くなるのは、もう仕方ないか…(←すでに腰がヤバい)
    wg6_R.jpg
    バズーカはグリップが可動するので、超手持ちも可能です(写真はちょっと持たせ方が下手糞ですけどw)
    wg7_R.jpg
    ギャリアとザブングルのそろい踏み。いや~いいっすね~(* ´ ▽ ` *)
    ギャリアでっけぇな~。
    ザブングルは正直、ガリガリすぎじゃねぇか?って感じのプロポですけど、
    ギャリアは多分スマートにできない体系なんでしょうねw
    あぁ、やっぱり普通のプラキットが欲しいよなぁ~。マックスファクトリーさん、どうですかねぇ?(←すでにバンダイからは諦めたw)