05 | 2016/06 | 07

    スーパーミニプラ 戦闘メカ ザブングル 

    ♪はやってのよぉ~にぃ~ザブングルゥ~ザブングルゥ~


    先日”スーパーミニプラ戦闘メカザブングル”が届きました。
    テストショットを見たときからあまりの出来のよさにポチってたんですが、
    いや~食玩でこんなに出来のイイキット?が出るなんて、いい時代になりましたねぇ~

    xa1_R.jpg
    ”スーパーミニプラ戦闘メカザブングル”は全4種。
    全部集めるとフル装備ザブングルを組むことができます。

    xa4_R.jpg
    ブングル・スキッパー:ザブングルの上半身パーツとライフル、平手、武器の持ち手2種が左右分あります。
    折れた羽もついてますので、ジロン機のサブザブングルことサブングルに組むこともできます。

    xa5_R.jpg
    ブングル・ローバー:ザブングルの下半身パーツとWM状態の太もも、コンテナパーツが付いてきます。

    xa3_R.jpg
    トラッド11タイプ・オプションセットA:トラッド11とホバギー、4連ハンドキャノンのセットです。

    xa2_R.jpg
    ギャロップタイプ・オプションセットB:ギャロップと3連バズーカ、9連ミサイルポッドのセットです。

    xa6_R.jpg
    ザブングルは今風のプロポーションでカッコイイです。
    (個人的にはちょっとスマートすぎかな?とも思いますが)
    キャノピーなどに透明パーツが使われていたり、足裏にちゃんとモールドがあったりと食玩ですがクオリティは高いです。
    関節などにボールジョイントなどが使われていて可動範囲は広いんですが如何せんプラなので、すぐ緩くなりそう。
    HJで作例が載っていましたが、キッチリ組むとなるとけっこう難儀しそう(^^;
    色分けはホイルシールでほぼ補完されています。(面倒くさいので僕は貼ってませんけどw)
    プラキットの視点で見ると、腰周りがスカスカだとか改善したい部分はありますね~。
    それから気になったのが、プラモデルのプラと比べると少々脆い?様な気がします。
    少しムリに力を加えるとすぐに白化するので、HGUCを組むときみたいに、
    すこしはめ合わせがキツイからといって強引にハメ込んだりしないほうが無難そうです。

    xa7_R.jpg
    REVIVEのフリーダムと並べると、設定ではフリーダムが18.03m、ザブングルが17.8mということで、
    まぁ1/144と言っても差しさわりのない大きさ。
    そういや自分はザブングルと陸戦型ガンダムとニコイチで製作中(←まだ製作中のつもり?w)なんですが、
    頭とか流用しちゃおうかなぁ~。

    第二弾はイデオンということで、こちらも超絶出来がよさそうなんで期待してます(←予約済み)
    個人的にはザンボット3とか、超力ロボガラットとか、大鉄人17とか出たら嬉しいなぁ~(←多分ムリ)



    スポンサーサイト

    1/144 HGUC REVIVE ギャン 製作その②~(いつものごとく)イキナリ完成(゚∀゚)アヒャ 

    ギャン完成しました~( `・∀・´)ノ
    gy12_R.jpg
    なんというか、悪く言えば”何の変哲もないギャン”に仕上がりましたw
    まぁでも本人的には、久しぶりに納得行く仕上がりというか…(^^)
    まぁキットの出来がいいというのが大部分をしめているんですけどねw
    gy14_R.jpg
    前面に比べて、背面は少しマーキングが少ないかな?
    gy13_R.jpg
    ギャンはなんとなく細いイメージありますけど、どっしりとした太ももがいいですね。
    gy15_R.jpg
    フェンシングみたいなポーズも、拳の可動軸のおかげでキマります。
    こういう機構は、ぜひこの後のREVIVEシリーズにも活かしてほしいですね。
    gy16_R.jpg
    騎士風(?)のポーズ。なんとなく好きなんですw
    gy17_R.jpg
    そういや足裏に肉抜き穴がないんですが、前作のグフにも無かったですよね?
    みんなの肉抜き穴改善の声がバンダイさんにとどいたんでしょーか( ´,_ゝ`)フヒヒ

    実は塗装j時に更新しようとして、写真だけは撮ってました(書くことなくてやめましたw)
    gy10_R.jpg
    最初はベタ塗りのつもりだったんですが、
    塗ってみると胸部の紫は明るすぎ、腕部とかのライトブルー?は暗すぎで、
    それぞれハイライトとシャドーを加えたら、なんかホントにベタなギャン色に。
    ホントはもっと紫に振った色にするつもりだったんですけどね~。
    レシピとしては、
    胸部ブルー:ガイアカラーパープルバイオレット+コバルトブルー→割合を変えたものでシャドー
    腕部等ライトブルー:なんか家にあったライトブルーw→白を加えてハイライト
    シールド赤:ダグラムカラーブラッドレッド+ハーマンレッド
    シールド金:Mr.カラースーパーゴールド
    関節部:グレーバイオレット
    エナメルのグレーと黒でスミイレ後、デカールを貼り、自家製つや消し気味の半光沢でトップコート。

    いや~ギャン、ファースト世代にも納得のカッコいいキットでした(・∀・)
    百式も期待大ですね~。
    非メッキなのはポイント高いですが、肩の”百”のマーキングがホイルシールでないことを願うばかりですw
    キュベレイMk-Ⅱの肩のネオジオンのマークがホイルシールで、一気にやる気が萎えたんだよなぁ…(^^;


    1/144 HGUC REVIVE ギャン 製作その①~仮組み~後ハメ 

    今日は6月9日、ロックの日!(`Д´)ノロッケンロー!





    さて、待望のREVIVEギャンを組んでみたいと思いますw(←言いたかっただけ)

    まずは仮組み。

    う~ん、1stガンダム世代の自分も納得のプロポーション。文句なくカッコイイ。
    いや、ホントはモールドが少々多すぎじゃないか?とは思いますけどw
    まず、頭部の後ハメです。
    gy4_R.jpg
    モノアイレールの下側の左右にある赤で塗った部分のダボを切り取ります。
    これで頭部下側にできる継ぎ目を消して塗装後、差し込めます。
    以上ですw
    gy6_R.jpg
    で、ディテールアップとしてモノアイ部に2mmの穴を開け、裏からアルミテープを貼った同径のHアイズを埋め込みます。
    2mmだとちょっと小さいかな?とも思いましたがモノアイが大きくなるとなんか愛嬌のあるイメージになりますし、
    ギャンとマ様のキャラ上、ちょっと冷たい(?)感じで小さめのモノアイの方がいいのかな~と。
    それと頭頂部のアンテナをシャープに。
    キット初見はすこし短いかな?とも思いましたが慣れるとこのくらいでいいかなと。

    下腕の後ハメです。
    gy3_R.jpg
    腕の内側にくるパーツを袖の太くなる部分でカットします。自分は下手糞でかなり隙間が空いてしまったのでプラ板で修正しました(^^;
    で、内部フレームを中央ダボの真ん中あたりで切断。切った手首側のフレームを仕込んで袖部分を接着しました。
    これで袖の継ぎ目消して塗装後に組み立てられます。(要接着)

    後ハメとしては以上です。袖を上手く切るのがちょっと難儀ですが、あとはメチャメチャ簡単です( ・∀・)



    ここからは雑記です。

    先日、エキスポシティに行ってきました。
    GUNDAM SUQAREにも行きましたよ。
    gy1_R.jpg
    5mくらいのシャアザクとガンダムが切り結んでましたw
    GUNDAM SUQAREは正直別に何てことないガンダムショップでしたね。カフェもあったけど、特に何も飲みませんでしたw
    gy5_R.jpg
    で、せっかく来たんだからと、限定品らしいREVIVEのG3ガンダムを購入。
    まぁただのカラバリですけどねw塗装派にはあまりありがたみが無いキットですw
    いつか作るかなぁ。


    さて、今日はロックの日ということで、
    なんとなく思いつきで。

    赤毛のケリー/ミッシュル・ガン・エレファント
    この曲はミッシェルの中では好きな曲ベスト5には入りますね~(´∀`*)リフガカッコイイ



    1/144 HGUC クシャトリヤ製作その④~完成( `・ω・´)ノ ゴブサタデス 

    いやぁ…

    なんだかんだ前回更新から一ヶ月以上も経ってしまいましたw
    ずっとちまちまと進んではいたんですけどね~。
    こんなに空いたのは多分初めて?かな?

    でクシャトリヤです。
    前回のちまちまディテールアップからサフ、塗装工程をすっとばしていきなり完成です。w
    サフと塗装で更新しようと思ったんですけど、「書くことないなぁ…( ゚Д゚)y─┛~~」といつもとばしちゃうんですよね。

    で、出来上がったといえば、何の変哲もないクシャでw
    なんかもう「バインダーのグリーンの面積広いから、緑のスプリッター迷彩にしたらカッコイイんじゃないか…」
    とか
    「せっかくだから、全身にスチールボール埋め込むか…」
    とか、考えるだけは考えたんですが、いつものごとく、
    「面倒くさいからいいか…・⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッ」
    と、結局、いつものパターンでノーマル塗りができあがりました(デカールすら貼ってない…)
    それでもキットの出来がいいので、カッコいいですよね。
    ku13_R.jpg
    いつもと違う所と言えば、今回は明るいグリーンのサフはマホガニーサフを使いました。
    なんとなくリアル?な感じになるかと思ったんですが、素直に黒サフの方がよかったかな(^^;
    一応レシピは、
    グリーン(明):マホガニーサフ→ガンダムカラーグリーン4+明灰緑色(中島系)
    グリーン(暗):黒サフ→濃緑色(中島系)
    グレー:黒サフ→RLM74グレーグリーン
    青:黒サフ→ダグラムカラーアイアンブルー
    白:白サフ→クールホワイト
    黄色:白サフ→ボトムズカラーオレンジイエロー
    あと、バーニアとかはガイアカラーガンメタル
    で、半々光沢ぐらいのスーパークリアーでトップコートです。
    ku14_R.jpg
    バストアップ。胸部とバインダーのメガ粒子砲とバインダーの小バーニアには金属パーツと使ったんですが、
    メガ粒子砲の塗装が粗くて台無しだというw
    一応、頭部をシャープな印象にしたくてツノを前方に延長してるんですが、言われなきゃわかんないよなぁ…(^^;
    (いや、言われてもわかんないかもw)
    ku15_R.jpg
    バッツクショット。面が広いパーツが多いので、腕と根気がある人はスジボリとかすると映えそうですね。
    僕は両方無いんでやりませんでしたがw
    ku16_R.jpg
    なんかポーズとらせようと思ったんですが、ウチにMG用のスタンド(値段が高い方ねw)がないことが判明。
    HG用の小さいスタンドでは厳しいんで、とりあえずバインダーを広げてみたw
    で、スタークジェガンと斬りあってた二刀流にしましたw
    ku17_R.jpg
    ちょっとした保温ポットくらいのスペースをとるんでw
    置き場所に困りますw
    マークⅡと比べるとこんな。
    つか、トップヘビーすぎて、早くも足首のボールジョイントがヤバいですwスタンド買おうっと。

    さて、やっとこさ終わりまして、最後の方はさっさと完成させて次行きたいとかなり適当になってしまいました。
    毎回そうですけどw
    なんか作り始めたときのモチベが全然続かないんだよな~。
    次は何作ろうかなぁ…(ヽ´ω`)ギャンかな…。