02 | 2016/03 | 04

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/35 ラビドリードッグ製作その④~基本塗装終わりました。 

    やっとこさ基本塗装が終わりました。

    ここにきてやる気が急激に低下して、「だるいな~( ゚Д゚)y─┛~~」なんつってサボってたら前回更新より10日近く過ぎてました(゚A゚;)
    さぁここから楽しい(?)ウェザリングです(;´∀`)
    ウォッシング前提なんで、ちょっと明るめに塗ったつもりだったんですが、もっと明るくても良かったかも…
    ちなみにレシピは、全部以前からある混色した色にさらに足したりして作ったんで、まったく不明です。



    ここからは雑記なんですが、最近、こんなのを手に入れました。


    じゃん!
    rab11_R.jpg
    タラララッタラ~

    「wave製1/144バウンドドック~」

    実はこのキットの存在を全く知らなくて、
    ヤフオクで偶然発見して、辛抱たまらなくなって落札してしまいました。だいたい定価くらいで(;^ω^)
    しかしこれ、外装はソフビで、関節部はABSという特殊なキット。
    作られた方の製作記事なんかを読むとけっこうクセモノみたいです。
    俺に作れんのかなぁ…(´ヘ`;)ウーム…

    これこそ、積んでてそのうちキット化の報が届いたりしたらシャレにならないんで、近々手を付けたいな~。
    COMING SOOOOOOOOON!!m9っ`Д´)






    スポンサーサイト

    1/35 ラビドリードッグ製作その③~発光部の工作。 

    さて、前回でどう仕込もうかこれから考えます、と書いた発光部ですが、



    結局…



    カメラ部に2mmの穴を開けて、
    そこから下の2本のダボの間まで溝を彫り、
    そしてバイザーに留める板状パーツのダボ穴を二つつなげました。

    以上、超簡単な工作にw

    そしてLEDを差し込み、アルミテープで固定。
    反射も良くなるだろうしちょうどいいです。
    rab7_R.jpg

    バイザーに組み込むとこんな感じです。
    留め板のダボ穴繋げたとこからリード線が通ります。
    rab8_R.jpg
    レンズ部は4mmのHアイズの(角)の4辺を少しずつ削って合わせました。
    なんか裏側がヒケ防止のためか凹状にへこんでいてなんか嫌w

    頭部に組み込んでみました。
    rab9_R.jpg
    ちょっと光が強すぎる気がします(^^;
    透明パーツにペーパーかけて曇らせたら、もう少しぼうっと光るようになるかな?


    1/35 ラビドリードッグ製作その②~いじったトコ。 

    ラビドリー、順調に製作進行中です。
    素組でも充分カッチョいいキットですから、いじったトコなんてほんの些細な部分です。

    まず後ハメ箇所ですが、ショルダーアーマーの受けをC状に切り欠きました。
    ガンプラでの後ハメ定番工作ですね。

    クローの裏側は三本とも豪快に肉抜き穴が開いているのでポリパテで埋めました。

    クロー内側にあるマシンガン?は少々立体感に欠けるので銃口を1mmのピンバイスで開け、周りを掘り込みました。
    ホントはなにか別パーツに置き換えたかったんですけど、いい感じのディテールアップパーツが無かったんですよね~。
    サイズが合わないとクローに収納できなくなりますし。

    バックパックの板状のパーツは穴を埋め、1mmの真鍮線でフックを作りました。

    そして拳横とクロー横の円球状の部分はモールドがはっきりしなかったのでディテールアップパーツに置き換えました。

    それぐらいですね。工作箇所が少ないので写真1枚に収まりましたw


    で、仮組みしたとき、コクピットが再現されてなくがらんどうだったときから考えてたんですが、
    メインカメラの電飾をしようかと ▽o・ェ・o▽ピカー!

    で、買ってきたものがコチラです。
    rab5_R.jpg
    以前から気になってたんで、一度使ってみたいと思ってたんですよ。
    いや~、結構な値段ですよねぇ…
    普通のHGUCが買えるくらいです。

    しかし便利な時代になりましたよねぇ。
    自分が小学生の時代にはLEDなんぞもちろん無く、発光といえばムギ球でしたねぇ。
    発光ダイオードなんかもありましたけど、あれは抵抗を回線に加えなければならず、小学生にはちょいと敷居が高かったですね。
    ボタン電池の電池BOXなどもちろん無く、確か単三の電池ボックスのキットがタミヤから発売されてたような気がしますw
    当時まだボタン電池は値段が高く、ゲームウォッチ(!)の電池が切れると親にせがむのですがしぶしぶ買ってくれたりしてw

    ま、おっさんの回想はいいとしてw
    とりあえず電池入れて接続して、発光テストです。

    ぴかーーーーーーーーー。
    rab4_R.jpg
    発光部は1.5×1mmくらいなんですけど、よく光りますねー。
    これをどうカメラに仕込むかはこれから考えますw




    ラビドリーのST版とPS版の値段が逆転しとる…w

    1/144 HGUC REVIVE ガンダムMk-Ⅱ製作その②~完成 ´ω`)ノ 

    Mk-Ⅱ完成しました(゚д゚)/
    組み立てやすくていいキットでした。
    バルバトスよりは塗り分けも少ないし…w


    下半身が太いのがやっぱり気になるw
    まぁ動かすとさほど気にならないんですけどね。
    mk2-4_R.jpg

    マーキングが無いのが少し寂しいかな~
    mk2-5_R.jpg
    REVIVE化されるキットだけでいいから、専用デカールでも発売してくんないかな~。

    フル装備。バズーカが3色塗り分けで少し面倒でしたねw
    mk2-6_R.jpg
    塗装レシピですが、
    白:ガイアカラーニュートラルグレーⅠ
    青:ダグラムカラーアイアンブルー
    関節などのグレー:グレーバイオレット
    バックパックなどのグレー:ミッドナイトブルー
    以上は黒サフの上から面吹きしました。

    赤:ハーマンレッド+サザビーレッド→サザビーレッド+クリアーブラウンでシャドー吹き
    黄:ガイアカラーオレンジイエロー+アルティメットホワイト
    以上は白サフにベタ塗り。
    ダクト内部やパイプ類:ガンメタル
    仕上げはつや消し寄りの半光沢クリアーでトップコート。
    センサーなんかの緑はシールを貼りました。
    mk2-7_R.jpg
    俺ってやっぱポーズのセンス無いなぁ…w
    mk2-8_R.jpg
    回し蹴り。結局ガルバルディはHGUC化されないのかなぁ…w
    mk2-9_R.jpg
    プロポはともかくw可動範囲の広さがREVIVEの魅力ですね。
    特別手を加える必要もなく、いいキットだと思います( ^ω^)bアシノウラヲノゾケバ
    リックディアスはREVIVEされんのかな~?

    次はラビドリーだ~ヽ(´∀` )ノ

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。