06 | 2015/07 | 08

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/72 HGABビルバイン製作その③~再開の巻 

    前回の1/72 HGABビルバイン製作から早や約三年…

    まさか再開するときが来ようとは思いませんでした(いや、あんたのさじ加減ひとつやから…(^^;)

    まぁまたそのうち中断するかもしれませんけどw

    前回、仮組み途中であまりのひどさに早々に投げだしたんですよね~。
    あれから自分もいろいろやってきたのでスキルは上がってる…………はずw
    なので、何とか自分の納得できるように完成させられるんじゃないかな~と思うわけです。いや、知らんけどw

    さて、再開に当たって、途中まで組んだキットと設定画やボックスアートや他の立体物なんかをじっくり見比べて、
    「ここをこうしたらカッコよくなるんじゃないかな~」と3日間ほど悩みますw
    ロボット魂のビルバイン、めっちゃカッコイイですね~。
    形状なんかは、これを参考にしようと思ってます(参考にできるのか?って話ですけどw)

    で、なんとか考えがまとまったら製作開始です。
    まぁすべて頭の中での事なんで、結局はいきあたりばったりの改修になるんですけどねw
    今回は変形は諦めて、AB形態オンリーで作りたいと思います。

    ではとりあえず頭から。
    とりあえず耳?の部分のツノ?を裏から削って薄く、広がりを押さえます。
    向かって左がキットのまま、右が工作後です。
    biru1_R.jpg

    そして鼻先から頭の中央の赤い部分にエポパテを盛って削りシャープにします。
    ラインのつながりを考えてツノの根元にも少しパテを盛りましたが、これはのちのち修正するかも…
    で、アゴのサイドやらラインやらを削りこみました。
    とりあえず暫定で頭部はこんな感じです。
    biru2_R.jpg

    肩ですが、変形機構のダボや突起なんかを削り取り&エポパで埋め、waveのBJ-04の受けを埋め込みエポパでがっちり固定。
    biru3_R.jpg
    んで、規格のあうBJ-04のプラサポやガンプラのポリキャップ、プラパイプなんかを組み合わせて肩関節を作りました。
    ここ、キットのままじゃ軸が固定で、ボールジョイントもABSなんでギリギリ嫌な音を立てるんですよね(;´∀`)

    とりあえず今日はここまで。
    まぁこの先何年かかるか分かりませんが
    生温かく見ていてくださいw(;・∀・)ハッ? ナンネンカケルキダ…?


    スポンサーサイト

    1/72 ブロックヘッド製作その③~できた~ヽ(・∀・ )ノ 

    ブロックヘッド、完成しました~ヽ(*´∀`)ノ
    特にこれといって弄るとこもなく、ごくごく普通に組みました。
    bh16_R.jpg
    キットでは太ももなどはもう少し青みがかかったグレーなんですが、
    MG2015年2月号の柳生圭太氏製作の(でしたっけ?)表紙のブロックヘッドがカッコよかったんで、
    マネしてかなり白っぽく塗りました。
    bh17_R.jpg
    毎度毎度「汚しすぎた~」とか言ってるので、今回は意識して控えめにウォッシングしました。
    ウォッシングは今回、クレオスのウェザリングカラーのマルチブラックとマルチグレーを使いました。
    油彩ベースだそうでエナメルと違い下地のプラを痛めることがないそうです。(でもABSに塗ると割れることがあると注意書きにはありますが…^^;)
    bh18_R.jpg
    塗装レシピは、
    全て黒サフを吹いた上から
    赤:ダグラムカラーブラッドレッド→ブラッドレッド+ガイアカラーニュートラルグレー1+サザビーレットで面吹き。
    白:ガイアカラーニュートラルグレー1
    緑:ダグラムカラーダークグリーン
    グレー:エクストラダークシーグレー
    あとは適当。
    で、デカール貼ってウォッシング後、銀ハゲチョロ、で半々光沢ぐらいのスーパークリアでトップコート。

    大体自分のイメージの色になったと思いますが、もう少し彩度が高くても良かったかな~。
    まぁウォッシングすると、どうしても色が沈んでしまいますからね。
    bh19_R.jpg
    唯一のキメポーズw
    可動範囲は狭いですが、ブロックヘッドなんだからこれで充分でしょうw
    bh20_R.jpg
    ダグラム、ソルティックと記念撮影。
    このでかさは反則級じゃないでしょうかね~。とても同じスケールに見えませんw
    あと残りは24部隊か~。いつ組もうかなぁ~。

    ツイッターなどを見ると、次回作のアイアンフットのテストショット組んだ画像が出てましたけど、素晴らしい感じでしたね~。
    発売がいつか分かりませんけど楽しみです。秋ごろだろな~。

    コトブキヤのの継衛やプレバンのクロボンX2改なんかも届いて、ネタにはまったく困りませんね。
    次は数年前に仮組みして放置中の難儀なアレを組もうかと思ってるんですけど、どうしようかな~w
    作りたいけど、正直面倒くさい…w(;´∀`)ジャア、ヤメトケヤ…


    1/72 ブロックヘッド製作その②~後ハメとか。 

    さて、前回パチ組みしたディジェはとりあえず置いといて、
    ブロックヘッドを作ってます。

    まぁ作ってるって言っても手を入れるところも特に無く、ただのストレート組みですけどね~。
    このブロックヘッドはマジで決定版ですよねぇ。
    この先、このキットを越えるブロックヘッドは出ることはないでしょうね~(そもそももう新しくキット化がry)

    それでは少しだけですが、後ハメしたところを。

    まず太もも。

    太もも側にある丸と四角の二つのダボ穴の下部をカットするだけです。
    ちょー簡単。

    そして頭です。
    bh13_R.jpg
    ここは説明が難しいんですけど、
    まず、機銃のカバー(丸いやつ)固定用のツメを半分くらい先からカット、
    機銃の下側にあたる一番先端のダボをカット、あとは左右二つずつあるコクピット固定用のダボ穴の下側を、
    コクビットが下から差し込めるようにアートナイフでひたすら溝を掘ってやります。
    プラの肉厚部分まで彫り込むんすけど、まぁすりあわせをしながら彫ればそんなに難しくはないと思います。
    部品が手元にある方は画像と見比べたらわかると思います。
    カメラ用の透明パーツは固定用の出っ張りをカット。塗装後に接着します。

    頭部を下から見た図。
    bh15_R.jpg
    コクピットが入るようにカットしてます。

    手順としてはキャノピーパーツを上に向けてまずハメ込み、それからコクピットをはめ込みます。
    なぜキャノピーを上にむけるかというと、そうしないとコクピットが入れられないからですw

    後ハメは以上です。
    関節部分とか挟みこみが多いんですが、あとはマスキングかマスキングもせずにそのまま塗る予定です。
    関節部分なんて一色ですしね~。
    あとスネ裾の赤いパーツ、後ハメを考えるのが面倒だったんで先に接着して継ぎ目を消してしまいました。
    マスキングで対応する予定です。

    そして唯一手をいれた場所。
    bh14_R.jpg
    リニアガンの銃床が回るように、ストックのパイプ部分を3mmプラ棒に置き換えました。
    なんとなく構えたときの取り回しが良くなるかな~と思ったんですけど、効果の程は定かではないですw
    あと継ぎ目消しがめんどくさかったしね(^^;
    で、ストック?というのか、左手で持つトコの肉抜き穴を埋めました。

    で、継ぎ目とパーティングライン消して、先ほど洗浄しました。天気が良ければこの土日にでも塗装したいけどどうかな~?






    ■追悼、石田長生さん

    ギタリストの石田長生さんが、8日に食道がんで亡くなったそうです。

    正直、無茶苦茶影響を受けたというわけではないのですが、
    友人が大ファンで、一時はよくライブハウスに観に行ってたんですよね。
    清志郎やチャボとも縁のある人で、清志郎やチャボの大阪のライブに行くと、よくゲストとして出てましたね~w
    「また石やん来てるで~w」と友人と笑い合ったもんです。

    まだ62歳だったんですね。若いのになぁ…今の時代ならあと20年遅くてもいいくらいなのに。
    闘病中だというのは知ってたんですけどねぇ。まさかこんなに急にねぇ…。


    ”ああ、この世で本当に肝心なのは ステキな世界にジャンプする勇気だけだよ”

    石やん、安らかに。



    ■橋本真也十周忌

    本日7月11日は”破壊王”橋本真也選手の十周忌だそうです。
    もう十年か~。ホント早いね。。



    高田延彦VS橋本真也のIWGPヘビー級選手権試合。
    この試合は”橋本が勝った試合”というより、”高田が負けた試合”もっといえば”Uインターが終わった試合”として印象に残ってますね。
    最強を掲げていた高田が武藤に破れ、武藤に勝ち、橋本に破れ…リターンマッチが組まれてない事を見ても、団体としてUインターは新日本の軍門に下った、という試合でしたね~。
    あ、橋本の十周忌だったw

    橋本真也選手、安らかにお眠りください。

    RE/100 ディジェ製作その①~仮組みしてみた 

    RE/100のディジェを仮組みしてみました。
    正直、商品化の発表があり、一番最初に光造型の試作品を見たときは『コレジャナイ感』がハンパ無かったんですが…
    ディ3_R
    いざキットを組んで見ると、何コレ…カッコイイじゃない…(*´ω`)
    可動範囲はデザインの制約もあってさほどといった感じでしょうか。
    腰と足首はあんまり動きません。
    足首は脛裾にある円状のスラスターが可動すればもっと動くようになるのにな~。
    でも不思議と接地性はあんまり気にならないんですがw
    ディ2_R
    雑誌などの完成品画像よりも、実際に組んだ実物の方が全然カッコイイっす。
    完成品写真では「足が細いかな~?」と思ってたんですが、実際組むと個人的にはさほど気になりません。
    ディ4_R
    気になる所といえば、
    ・ウイングバインダーはもう少し大きい方が…
    ・スカートがミニスカすぎるかな…
    ・スカート短いから、太腿の細さが余計目立つんじゃ…もっとムッチリした太腿の方が好きなんだがなぁ~篠崎愛みたいな(←何の話だよw)
    ディ5_R
    武器もMGと同じものが付いているそうで継ぎ目も出ません。さすが1/100ですね(・∀・)
    気になる継ぎ目が出るのは太腿、右肩アーマー、バックパックのセンターと左右ブロック部分くらいですね~。
    これならサクサク作業が進みそうです( `д´)b

    さて、ブロックヘッド組むか~w( ゚Д゚)y─┛~~
    その次くらいに作るかな~。
    いや、HGABのビルバインの次かなw


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。