05 | 2015/06 | 07

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/72 ソルティックH8ラウンドフェイサー製作その④~完成ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ 

    ソルティックやっとこさ完成しました~v( ̄Д ̄)v
    ガンダムマーカーによるブレンディングとか、普段やらないことをやった結果…


    汚しすぎましたw(←いつものパターンじゃね~か(´ヘ`;))

    箱絵風。ソルティックってアクションポーズがこれ以外思い浮かばないですよねw
    格闘戦用の武器でもありゃあまた違うんでしょうけどね。

    真正面から。
    sol14_R.jpg
    正面からだと胸部の上下のボリュームが無いのが少し気になるかな。
    上腹部をもう少し狭く、胸部がもう少し広ければ完璧なプロポになる気がします。

    頭が凄いデカく見えますけど、個人的にはベストな大きさですね。
    少なくとも最近のキャラクターモデルにありがちな『頭を小さく、足を…』(以下愚痴になるので略w)

    この角度から見ると、胸の高さもさほど気になりません。
    sol13_R.jpg
    全身にブレンディングしたんですけど、結果、ただ単に汚くなっただけのような気がしますw
    次にするときは、もっと基本色を明るめにしたほうが良くなりそう。

    後ろ姿。
    sol15_R.jpg
    ヒザの関節部分の汚しが足りずに妙に白く浮いて見えるのは反省点ですね。
    塗装レシピは、
    グリーン:ダグラムカラーダークグリーン
    ホワイト:バーチャロンカラーレディッシュウォームホワイト
    レッド:ダグラムカラーブラッドレッド→ハーマンレッドを面の中心部に
    あとは適当。全て黒サフの上から面吹きしてます。

    基本色を塗った後、マーカーによるブレンディング→デカール貼り→半々光沢ぐらいでトップコート→
    デカール部分を中心にMr.カラーマルチブラックで軽く汚し→タミヤウェザリングマスターのサンドとライトサンドで足元中心に汚し
    です。
    sol18_R.jpg
    あ、写真には無いですがパイロットも一応ちゃんと塗りましたw
    キャノピーはスモーク+クリアーブラウンで裏側から吹きました。

    先月作ったダグラムと記念写真。
    sol16_R.jpg
    こうやって見るとソルティックてホント絶妙に弱そうですよね。比べるとダグラムが意外とボリュームあります。
    頭以外は全体的にダグラムより細身です。
    でもこうやってプロポの良い二体を並べられるというのは、アラフォー世代の人間にとってはたまらないものがありますね~( ^ω^ )
    マックスファクトリーに感謝!ですd(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b
    次は確かアイアンフットでしたっけ?(ブッシュマンかな?)発売月がなかなか発表されないのが気がかりではありますが…w
    なんとかニコラエフやブリザードガンナーとかまで発売して欲しいですけどね~(^^;ヨウハ、コンプリート

    次は何作ろうかなぁ…( ´ー`)y-~~




    スポンサーサイト

    1/72 ソルティックH8ラウンドフェイサー製作その③~リアルタッチマーカーで表情付け。 

    さてソルティックですが、緑一色では何なので、ガンダムマーカーで塗装面に表情付け(ブレンディング?)を行いたいと思います。

    黒サフを吹きダグラムカラーのダークグリーンを基本色として面吹き。

    ガンダムリアルタッチマーカーで行います。
    sol10_R.jpg
    特にどの色を使う、というのはなく全部使うんですが、オレンジとか茶色が効果がわかりやすいかな?

    とりあえず3本くらい持って適当に塗面にインクを乗せます。
    sol8_R.jpg
    乾くのが結構早いので素早くティッシュでぐしゃぐしゃっと拭き取ります。
    そうすると…

    こんな感じに。
    sol9_R.jpg
    左がアフター、右がビフォーですが、

    うわっ、私の年収低すぎ…?、じゃなくて効果薄っ…(´∀`||;)

    いや、肉眼でみると部分的にかすかに茶色ぽかったりオレンジぽかったりインク同士が混じって微妙な色になってたりするんですが、
    画像ではさっぱりわかりませんねww
    で、これをいろんな色で気の済むまでやるわけですw
    (最初からパーツ表面が荒れてるのはスルーしてやってくださいw)

    おっかしいな~?以前ティエレンでやった時はもう少し使用感みたいなのが出たような気がしたんだけどな(^^;
    まぁこんな感じで全パーツに表情付けをします。飽きなければw


    ディジェ買いましたヽ(・∀・ )ノ
    sol12_R.jpg
    正直、一番最初の試作(光造型っていいましたっけ?)を見たときは、
    「ないわ~(;゚Д゚)細すぎだわ~(;゚Д゚)アレンジ加えすぎだわ~(;゚Д゚)」と買う気はまったく起こりませんでしたが、
    見慣れると、まぁこれはこれでアリじゃね?みたいな感じになりましたね。
    いつ組むのか、そもそも組むのかすらわかりませんがw

    ところでRE100て、次の新作のアナウンスが聞こえてきませんがこれで一段落みたいな形なんですかね?
    なんとなくディジェは売れてるぽいんで、次はガルバルディあたり出てほしいなぁ。
    スモーとかガルスJとか、ザクⅢとかでも嬉しいんですけど。
    スモーなら金、銀でバリエも出せるし、プレバンでメッキ版も出せるしね~。
    ガルバルディもガズL/Rをプレバンで出せるし、その流れでゲーマルクとか(←無理かな?)
    ここで止まらず、続々と続いて欲しいシリーズですね~。





    1/144 HGシャア専用ザク(ジ・オリジン版)製作その②~完成 

    前回の更新から2週間…毎度のごとく結構間が空いちゃいました(;´∀`)
    どうしても表面処理~サフ~塗装ってあんまり書くことがなくて空いてしまうんですが
    シャアザクがやっとこさ完成しましたヽ(*´∀`)ノ

    というものの、塗装前に洗浄してから、
    どうやらうちの近所に怪獣ヤメタランスが出現したらしく(←オーバー40ネタ)
    ・⌒ヾ( ゚⊿゚)メンドクセ
    と少しの間ダラダラしてたんですけどねw

    フル装備状態。なんか僕のシャアザクは腰のボールジョイントが緩くて、
    この状態だと背中のバズの重みとライフルの重みでどうしても右に傾くんですけど。
    sz10_R.jpg
    プレーンな状態。今回はせっかくなんで付属のガンダムシールをかなり貼ってやったんですが
    余白はカットすべきでしたね。面倒くさかったんで(^^;
    もう少し余白を少なめに作ってくれたらありがたいんですけど(水転写デカールならなお良いんですが)
    sz8_R.jpg
    前回の記事以外で弄った所といえば、バズとライフルのスコープをくり抜いてクリアーパープルに塗ったHアイズにしました。
    あと、ふくらはぎとランドセル上部のバーニアをディテールアップパーツに変えたくらいですね。
    sz9_R.jpg
    塗装レシピは、
    本体ピンク:ガンダムカラーシャアピンク+以前になんかで作った赤
    本体レッド;ダグラムカラーブラッドレッド
    ランドセル:ハーマンレッド
    胸、靴のグレー:ガンダムカラーファントムグレー
    関節部:黒鉄色
    武器類:ダークシーグレー
    後は適当。
    sz5_R.jpg
    グレーサフの上からベタ塗りでエナメルの黒でスミ入れ、
    スーパークリアー光沢+つや消しの半光沢でトップコート。
    sz6_R.jpg
    対艦ライフル長すぎんよw

    可動部も多いし、けっこう作りやすいキットでしたけど、やっぱザクにしては足が長すぎる気がするな~
    REVIVEもそうですけど、リニューアルされるたびにやたら足が長くなるのはいかがなものでしょうか…
    さて、次はソルティックですけど、これから洗浄して塗装なんで、近いうちに完成できそうな気がします。多分w


    ■三沢光晴七回忌

    さて、一日過ぎちゃいましたが、20015年6月13日は、プロレスラー、三沢光晴の七回忌にあたります。
    もう6年になりますか~。早いもんですね。





    しかしいま観てもタイガードライバー91の角度はエグイな…w
    川田がやたら投げられてるのは、やっぱ小さいから投げやすかったんでしょうかw
    小橋も含めてそれだけ信頼感もあったんでしょうけど。
    四天王&三銃士時代って、いろんな意味で日本プロレス史の頂点だった時代なんでしょうね。

    ご冥福をお祈りいたします。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。