02 | 2015/03 | 04

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 HGBF アメイジングレッドウォーリア製作その④~各後ハメ 

    今回、レッドウォーリアで行った後ハメ加工です。
    ちなみにHJ2015年3月号の作例記事の後ハメ方法をそのままなぞっているだけですのでwあしからずですw

    頭部ですが、頬っぺた裏側左右にあるフェイス固定のための突起と、フェイス裏のピンを切り取れば(黄色く塗った部分)下から差し込むことができます。


    バズーカですが、溝部分の端を少し残して切り欠きます(黄色く塗った部分)
    rw12_R.jpg

    ひじ関節ですが、前腕のフレーム部分を写真のところをアートナイフで切断しました。ちょうどダボ穴部分の半分のところで水平に切り離す感じかな?
    プラが柔らかいので思ったより楽に切断できました。
    そして前腕の関節穴に入るように両端を少しカットしてやります(黄色く塗った部分)
    ちなみにHJによるとこの後ハメは上級者向けだそうですよwヽ(・∀・ )ノジョウキュウシャニニンテイサレタッタ~イ♪
    rw11_R.jpg

    そして写真は無いですが胸部は段落ち加工を行いました。ちょっと失敗しましたけどw

    しかし、ガンプラ作りの上級~中級~初級の定義ってどんな感じなんでしょうね~?
    今の時代は塗装するだけで中級者だったりするんでしょうか。
    そろそろ40代も半ばにさしかかろうかという自分らの年代からしたら、ガンプラとか塗装して当たり前って感じなんですけど、
    若い人たちは塗装しない人が圧倒的に多い、のかな?
    まぁ素組みで組んでもこれだけ色分けができてたら、わざわざ全塗装なんてしないかもな~。
    昔は白一色!青一色!て感じでしたもんねぇw

    とまぁ、後ハメっても、たったこんだけです。
    詳しくは、HJ2015年3月号をご覧くださいw

    それ以外に手を入れたところといえば、ランドセルの左側の穴をポリパテで埋め、アンテナをシャープにして、フンドシ下部の肉抜き穴を埋めたくらいです。

    つか、最近関節部に使われてる柔らかいプラ、継ぎ目が消しにくくていやだなぁ~(;^ω^)

    それではこれから中性洗剤で洗って、サフを吹きたいと思います。



    スポンサーサイト

    1/144 HGBF アメイジングレッドウォーリア製作その③~足首の改修 

    さて迷彩塗装も充分堪能したところで超久々のレッドウォーリア再開です。
    前回っていつだったっけ?去年だったか?と思ったら今年頭だったんですね~(;´∀`)

    足の甲をレッドウォーリアに近づけるため、シリンダー?の上にかぶさるカバーを取ります。

    左右分割になってるシリンダーを接着して、甲パーツ固定の突起を削り取ります。
    そして塗装後に組み込むために、シリンダーのモールドの所で切断し、1ミリの真鍮線で接続します。
    そしてポリパテで足の甲のグレーの部分を設定ぽく作りました。
    多分説明するより画像をみれば一発で分かると思いますw

    で、前回やっちまった箇所の足の裏は、一旦平らにした後プラ板で適当すぎるモールドを貼り付けました。
    ここの部分が面倒でずっとグダグダしていたという…(^^;

    今回はこれだけですw
    アメイジングレッドウォーリア→レッドウォーリアには相違点がけっこうあるんですが、
    自分がどうしても気になる所はここだけなんで、もう弄るところはないと思います。

    足甲のシリンダーって、けっこうレッドウォーリアのデザイン的にはキモの部分だと思うのは僕だけですかね?w
    だって初めて見たとき「このシリンダーって何のためについてるんだ?」って思いませんでしたか?ww
    僕はてっきり、足のパイプ部分で敵を蹴って威力倍増、というカイザーナックル的なものかと思ったんですけどねw

    さて、あとは普通に継ぎ目消して組むだけです。サクサクいくぞ~(`Д´)ノ


    雑記~♪マクロのそ~らをつらぬいて~ 


    う~ん、当時のOP映像で観たかったなぁ…(^^;
    ついさっき知ったんですけど、一条輝役の声優さん、若くして亡くなられてたんですねぇ…軽くショックだわ…

    最近、なんか自分の中でマクロスがマイブーム(←若干古いw)なようです。
    ハセガワやwaveのバルキリーなんかをちょこちょこポチったりしています(^^;ツクリモセンノニ…
    そしてやはり旧キットにも手を出し始めてしまいました。

    モンスターは先日、模型店で置いてあるのを見つけて定価でゲット。
    それ以外はオクで落としたものです。リガード目当てだったんでファイターの旧キットはいらなかったんですけど、
    セットだったんで仕方ないですね。
    モンスターは再販品ですが、リガードは当時物なんでデカールが使えるかどうか心配です(;´∀`)
    旧キットのファイターも、すごい出来がいいんですよね~。作りませんけどw
    グラージとか1/100のデストロイド系とか欲しいな~。

    そしてついにこんなものまでポチってしまいました(゚A゚;)ゴクリ

    (♪タラララッタラ~)1/100 アーマード・ファクトリ~
    mc1_R.jpg
    前々から欲しかったんですが「いや~絶対作らないだろ…」と買わずにいたんですが、
    こないだアマで2600円(送料500円)という投売り価格だったのでついついポチってしまいましたw

    箱を開けて中身を見てみましたが、クレーン車やら電源車やらフィギュア30体やら、いや~作らないだろうな~(←作れや)
    同梱のアーマードとトマホークは作ってみたいと思いますけどね。
    しかし最近ますます積みがひどいことになってます。マジで一生分あるもんなぁ~(;^ω^)オキバショガナイヨ…




    1/144 HGUCゴッグ製作その②~完成ヾ( ̄∇ ̄=ノ  

    ゴッグ完成しました(*´д`)y-゚゚゚
    さすがに迷彩2体目ともなるとズゴックと比べてそんなに楽しくはありませんでしたw
    やっつけ感が凄かったですw
    使った塗料なんかはまったくズゴックと同じです。
    gg3_R.jpg
    ゴッグの方がズゴックよりもなんか難しかったですね~。たぶん迷彩面が広いからだと思いますが、
    例によって何度も何度も塗りなおす羽目にw
    正直いうと完成した後でもやはり微妙な出来の感はありありです(⌒_⌒; アンマ、サラシタクナイ…
    gg4_R.jpg
    まぁでもこうやって2体並べると「う~ん、なんかええ感じやん?」という気になります。
    こうなってくるとジャングルのダイオラマベースが欲しくなってきますね~。
    作りません、否、作れませんけどw
    gg5_R.jpg
    さて、とりあえずレッドウォーリア再開するか…-y( ̄Д ̄)。oO○
    こないだプラモ屋で1/200デストロイド・モンスターを見っけて買ったんですよ~。
    ごっつい弄りたい…w



    1/144 HGUCゴッグ製作その①~工作終了 

    さて、先日のズゴックで味をしめまして、僚機として同じ迷彩テイストでゴッグを作りたいと思います。
    とりあえず継ぎ目を消したゴッグです。
    胴部、肩部の後ハメなんかは友人のぺにーさんのゴッグ後ハメ記事を参考にさせていただきました m(_ _) mオセワニナリマス
    gg1_R.jpg
    継ぎ目を消した以外は、爪をシャープにしたのと、モノアイをHアイズに、
    モノアイレールに下手糞なスジボリを軽く彫り、後ハメを兼ねて腹部のメガ粒子砲?をバーニアパーツに置き換えたくらいです。
    左がキット、右が削り込んだツメです。
    gg2_R.jpg
    しかしこのゴッグ、発売当時に一度組んで、そのときは文句無いプロポだという印象がありましたが、
    今の目で見ると気になる部分がチラホラありますね~。
    とりあえず肩アーマーの位置を上げて、太ももをもう少し太くしたらカッコ良くなるだろうな~。
    やりだすと時間がかかりそうなんで今回はやりませんけど、いつかは弄ってみたいですね~。
    でも弄りだすとHG REVIVEで発売される気がする…w( ̄ー ̄;

    HG REVIVE、第一弾、二弾としてガンキャノン、ガンダムが発表されてましたけど、
    個人的にはガンキャノンはありえない感じでしたね~。アクションフィギュアみたいなスタイルになってて
    なんか安易に「頭を小さく、足を長くしてホレ、カッコイイでしょ?」という僕の一番苦手な感じのプロポでした。
    ガンダムなんかはまぁまだいいんでしょうが、ガンキャノンってどう考えてもスマートなイメージ無いと思うんだけどなぁ…

    これからどういうラインナップになるのかわかりませんが、みんな変にモデル体型だったら嫌だなぁ~w
    まぁ、だったら買わなきゃいいんですけどねw

    とりあえずゴッグ、洗ってサフ吹きたいと思います。


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。