01 | 2015/02 | 03

    1/144 HGUCズゴック製作その②~完成ヽ(・∀・)ノ  

    迷彩ズゴックできました~

    いや~迷彩って難しい…
    4色迷彩で、オリーブドラブ2、RLMダークグリーン、
    デイトナグリーン、デザートブラウンをベースにして、関節部なんかは黒鉄色。
    そのまま塗ったのはオリーブドラブだけで、あとはやれ黄色や~白や~タンや~なんやかんやを混ぜながら塗ったんで詳しいレシピは不明ですw
    最初は「4色だから4回塗ればいいのか~」なんて簡単に思ってたんですが、
    これが難しく、何度も何度も何度も何度も塗りなおすハメになりました(⌒_⌒;
    zg5_R.jpg
    まずボケアシの調整が上手くいかず、というかよく考えたら俺のコンプレッサー圧力計ついてないよ…(^^;
    本当はもう少しはっきりした模様をイメージしてたんですが、無理でしたw(腕のせいかもしれませんが)
    おまけに迷彩柄を塗った後、やれクリアーブルー上掛けや~クリアーブラウン上掛けや~
    ダークグリーンでウォッシングや~とかやり、最後につや消しクリアーをトップコートしたらボケボケになり、
    色の境目なぞあってないくらいにボケボケになってしまいました(´-ω-`;)ゞ
    あとは、胸部、腹部、腰部で模様を繋げるべきでしたね~。
    塗り終わってから気付きましたw
    zg7_R.jpg
    そして明らかにやりすぎた感がありありなハゲチョロですが、
    これは当初の目的として「模型栄えを考えて派手にやろう」と決めてはいたんですけど、
    いや~やりすぎましたなぁ~(*ノω<*)
    普通こんなとこ擦れね~だろってとこまでやってしまいましたw
    派手にやろうと思えばやりすぎるし、控えめにやろうと思えば全然目立たないしで、加減って難しいですねw
    まぁでも、80年代の基準からしたら、まだ地味な方かな?w
    zg4_R.jpg
    まぁAFVなんかに精通している方からすれば

    ┐(´ー)┌フッ

    てな感じの迷彩でしょうが、僕は意外と気にいってますw
    というか、すごく楽しかったですね~。
    いつもはダル~な塗りなおしも全然苦にならなかったのは我ながら不思議でした
    なんつか、ここ数年で一番楽しかったかもしれないなぁ~。

    あまりにも楽しすぎて、同じテイストで僚機としてゴッグも…なんて考えてるんですど、どうしようかな~( ´∀`)


    スポンサーサイト

    1/144 HGUCズゴック製作その①~いきなり工作終了 

    さて、Rジャジャが終わって、次はレッドウォーリア続きを、のつもりだったんですが、
    何となく赤いのが二つ連続はちょっと嫌だったんでワンクッション置いて
    HGUCズゴックを組みたいと思います。

    HGUCズゴックを組むのは、HGUC量産型ズゴックが出たときに組んで以来だから…
    13~4年ぶりくらい?
    厳密に言えばシャアズゴを組むのは初めてですけどね。

    このキットですけどやっぱプロポーションは抜群で、個人的には気になるところはありません。
    HGUC最初期のキットですが、RGズゴックよりもプロポーションは上じゃないでしょうかね~。
    ただ、関節部がABSなんで、組んで早々緩いのはいかんともしがたいですがw
    ボールジョイントにマスキングゾルでも塗るかな~。
    改善するかわからないけど( ´ー`)

    とりあえず、モノアイを可動させようかと思ったんですが面倒だったのでw
    以前ニコイチで旧キットゾゴックを組みかけたときのズゴックのパーツがあったので、
    差し替えにすることにしました。
    zg2_R.jpg
    モノアイ正面のは5mmの穴を開け、同径のHアイズを。
    ちょっと左を向いてるのは4mmの穴に同径のHアイズを使っています。
    両方5mmにした方が良かったかな?
    あと弄ったのは爪をシャープに削ったくらい。
    で、ゲート処理して継ぎ目を消したら工作終了です(←早っw)

    洗浄前に記念撮影。
    zg1_R.jpg
    これから洗浄してサフ、塗装に移りたいと思います。
    今回は4色迷彩で塗りたいと思ってるんですけど、モチーフはこちらです。
    zg3_R.jpg
    ファーストガンダム世代のバイブル『HOW TO BUILD GUNDAM2』の作例、
    小田正弘氏製作の1/100迷彩ズゴックです。

    いや~カッコイイわ~(´∀`*)
    小学生の頃からこの作例大好きなんですよね~。
    まぁどう頑張ってもこんな風にはできないと思いますんで、あくまでモチーフとしてですけどね。
    いま午前3時過ぎですが、これから洗浄して寝ますw゚(。ρω-。)゚ネムイ…




    1/144 HGBF R・ギャギャ製作その⑧~Rジャジャ完成!ヽ(*´∀`)ノ 

    やっとできましたRジャジャ(・∀・)

    正直、塗装中は「なんか失敗した気がする…(^^」とうっすら思ってたんですが、
    トップコートまでしてみると、割と自分のイメージ通りの色になったかな~と思います。
    なかなかカッコよくなったんではないかと(←自画自賛w)でもRギャギャの出来がいいからですねw
    でもこれからこういう派手なMSは黒下地から塗るのは控えて普通にベタで塗ろう…と固くウルトラ5つの誓いに誓いましたw(←古すぎるわw)
    rj25_R.jpg
    正面から見ると腰が細すぎるのが今更ながら気になりますw
    億がイチ、二体目をつくることがあればウエストをもっと太くしたいな~。
    rj26_R.jpg
    背面はマーキングが少なかったとチト反省。全体的に控えめに貼ったんですが、控え目すぎましたね~。
    rj27_R.jpg
    あと反省点といえば肩のミサイル口が小さかったこと。もうひと回り大きく、浅くすれば良かったですね。
    あと首は少し太く短くしてディテールつけたものを作ったんですが、塗装時にポリのボール部分が千切れてしまいました(;´∀`)なんでハイモックの首のポリキャップをぶんどってきましたw
    rj29_R.jpg
    俺ってポーズのセンス無いなあ…ww

    とまぁやっと今年初の完成品となりました(;´Д`)=3 フゥ
    このペースだと今年は何体作れるのか先が思いやられます(;^ω^)
    次はなんだろう…作りたいのいっぱいあるけどレッドウォーリアかな~。
    また赤か…w


    1/144 HGBF R・ギャギャ製作その⑦~絶賛塗装中。。 

    Rジャジャ絶賛塗装中です。
    夕べも寒い中換気しつつ塗装してたら風邪ひきかけてるのか、なんか今日ずっと頭痛いですw

    赤といえば毎回イメージどおりにならずに苦労する色なんですが、今回もご他聞にもれず難儀中です。
    とりあえずこれで赤は終わろうかな~と思ってるんですけどね~。
    一応レシピを。
    ・赤(明)
    下地ガイアカラーのジャーマングレー→ガンダムカラーシャアピンクを面吹き→Mr.カラークリアーオレンジ+クリアーレッドをひたすら塗り重ね。

    ・赤(暗)
    下地ガイアカラーのジャーマングレー→ガイアダグラムカラーブラッドレッド+シャアピンク+ハーマンレッドを面吹き→
    Mr.カラークリアーレッドを上掛け

    です。
    しかし正直言うともう少しレッド(暗)の方は明るいと良かったかな~。と。
    白で面吹きしてからシャアレッド+ハーマンレッドで塗れば良かったかな~(´・ω・`)
    なんか、赤(明)と(暗)の差がありすぎる気がします。
    まぁ許容範囲だからいいんですけどね(;´∀`)


    しかし塗装する度に思いますが、ホコリってほんと厄介ですよね~。
    どんだけ事前に掃除機かけてても知らないうちについてるもんな~Σ(゚Д゚)イツノマニ!
    乾燥ブースが欲しいっす。これが。↓

    これ、本来は食器乾燥機なんですけどレビューを見ると塗装ブースとして使用してる方が多いみたいですw
    僕もずっと前から「欲しいな~」と思いつつ、置き場所がないので買わないままなんですが。
    コレ今現在、5000円近いですけど、安いときは3000円台前半で売ってるんですよ~。
    マジ購入を考えようかしら。。
    ホコリ付着からの塗りなおしの精神的ダメージを負う事を考えれば、買った方がいいかなぁ。
    でもな~場所がな~(;^ω^)ナヤマシィ…

    せめて2DKに住みたいぜ!一部屋は模型製作&趣味の部屋にして、
    それから猫を飼いたいな~(←知らんがなw)


    ■バルキリーを買いました。
    rj23_R.jpg
    ウェーブの1/100ロイ・フォッカー専用スーパーバルキリーなんですけど、
    ハセガワのに比べてプロポが僕好みだったんで思わず買っちゃったんですが、1/100でアマゾン価格3000円は明らかに高いよ。。
    ハセガワの1/72なんてアマ価格で2000円前半なのにな~。フォッカー機、輝機、一般機と数を揃えるならハセガワ製かな~。
    リガードとか新規キットで出ないかな~。