12 | 2015/01 | 02

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 HGBF R・ギャギャ製作その⑥~やっと工作終了(;^ω^)その② 

    前回工作終了と謳っておいて厳密には終了してなかったんですが、
    やっとこさ終了しましたw

    残っていたモノアイですが、ハイキューパーツのルミドーム、蛍光グリーンの2mmを使用しました。
    で、工作終了でちょっと組んでみたと言う…(;´∀`)
    今現在、洗浄して乾燥中なんで、まぁ近々サフ吹いて塗装にかかれるかな~?

    ここからは雑記です。
    ■GGG 1/10 アイラ・ユルキアイネンが届きましたヽ(*´∀`)ノ
    rj21_R.jpg
    いや~アイラ可愛い(*´∀`)
    しかしあと半年早く欲しかった気もしますがw
    フィギュアって、放送終わってから結構経って発売されるから、若干熱が冷めてる事も多いんですよねw
    フミナ先輩はいつ頃発売かな~?夏くらいかな~(;´Д`)


    そして
    声優 矢作紗友里さん、ご結婚おめでとうございます☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ
    いや~、次のちょろいが楽しみですww




    スポンサーサイト

    雑記~また余計なこと思いついた!(゚∀゚)ピコ~ン 

    ♪モックモック~樫の木モック~

    と、あきらかにオーバー40しかわからないネタをぶちこんでみた所でw

    ハイモック買いました。

    サクサクッと組んでみて、特に感想はないんですがw
    安価(800円)で可動もなかなか(デザイン上もあるでしょうけど)

    で、なぜハイモックを買ったのかというと、



    実は、初めて設定画を見たときから思ってたんです。
    「何かに似ているな~?」と。






    で、それが何かというのに気づいて、
    モックベースにそれが作れるんじゃないかと…
    で、買ってみた訳なんです。







    で、それが何かというと…













    ほれ、アレですよ。












    キット化はまず100パーセントないであろうという…













    わっかるかな~?わっかんね~だろ~なぁ~?(by松鶴家千とせ)

























    あ、長いですね(;´∀`)こいつです!


    じゃ~ん!!
    タラララッタラ~「ガッシャ~!」
    za3_R.jpg
    似てません?なんか体型とか、上半身の形状とか。
    細部にそうこだわらずに、リファインされたと思ったらできそうじゃない?



    え、よくわからない?

    じゃあこれでどうだ!








    どーん!(←ど~んじゃ~よw)
    za1_R.jpg
    ズゴックの頭を乗っけてみましたw
    これだけでもう50パーはガッシャですよw
    なんか種死に出てきた水陸両用のやつにも見えますがw(←色のせい?)


    どうっすか?なんか出来そうでしょ?
    さぁこれを見たあなた!レッツチャレンジ!m9っ`Д´) ビシッ





    オマエガツクレヤ!ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'グハッ




    (#)Д`;;)…まぁマジレスすると設定どおりにはキツそうですが、
    まぁガッシャの細部にこだわることも無いだろう…と思えるならできなくもないんじゃないかな~と


    さっきもいったようにキット化はまずないでしょうから、
    何年もひっぱれるネタではあるかな~?
    僕も実際作り出すかわかりませんが、まぁチャレンジしてみたいネタではありますね~
    (せっかくモック買ったしね)


    1/144 HGBF R・ギャギャ製作その⑤~やっと工作終了(;^ω^) 

    厳密に言うとしてないんですけどw

    久々のRジャジャですが、
    ここまでのチマチマ工作集です。

    ライフルですが、ジャンク&市販パーツでディテールアップ。

    グリップと右拳の穴の大きさがが少し合わないんで、
    グリップにホチキスの針をモールド風に貼り付け、右拳の内側にネオジム磁石仕込んで
    持ったときに少しでも安定するようにしました。ほとんど気休め程度ですがw

    ヴァリアブルシールド裏の肉抜き穴はポリパテで埋め、
    モールドはスジボリだけなのでプラ板で設定画ぽく立体的に処理しました。
    rj16_R.jpg

    足の裏の肉抜き穴はポリパテで埋めました。
    rj17_R.jpg

    肩アーマー裏の謎の四角穴は角バーニアを埋め込みました。
    rj18_R.jpg

    首ですが、キットのポリパーツのままでは細く見えて頭だけ浮いた感じに見えるので、
    エポパテで周りを囲んでちょっと太く丸っぽく、そして切り取ったライフルの動力パイプをサイドに貼り付けました。
    かなり適当な感じになっちゃいましたけど、まぁあまり見えないからヨシとしましょうw
    rj19_R.jpg

    で、頭で、厳密には工作終了してないと書いたのは、
    モノアイをHアイズに置き換えようと2mmの穴を開けようとしたら、
    何を寝ぼけてたのか2.5mmの穴を開けてしまうという痛恨のミスを犯してしまったからなのでしたw(;´Д`)ヨケイナミスヲ…

    さて、これから表面処理~サフ~塗装なんですが、
    また少しRジャジャの更新期間が開くんだろうな~(;´Д`)マァ、オマエノサジカゲンヒトツヤケドナ~


    1/144 HGBF アメイジングレッドウォーリア製作その②~Oh…(;´Д`) 

    Rジャジャでポリパテを使う機会があったんで、
    ついでにレッドウォーリアの肉抜き穴を埋めました。
    とはいってもバズーカのアームと足首関節、足の裏だけですが。

    アームと足首関節。まぁ。こんなもんですよね。


    で、足の裏。。。。。
    rw9_R.jpg
    (写真は削り粉を掃ってないので、実際はここまで埋まってないですが)






    Oh…(;´Д`)








    キットを持っている方はわかるでしょうが、レッドウォーリアの足の裏って
    モールドの凹凸と肉抜き穴が絶妙に組み合わさっているんですよね。。(;゚Д゚)



    (>'A`)>ウワァァ!!



    やっちまったなぁ~…('A`)y-~


    深く考えずに「なんとかなるだろうな~」とパテを盛ったのが運のつきですw


    必死の抵抗を試みてみましたが、これはもう自分のスキルとセンスではどうにもなりません_| ̄|○ il||li


    いま、部品注文するか、いっそ全て埋めて真っ平らにするか考え中ですw


    簡単で効果的な処理の仕方ってないもんかな~。
    真似できないかもしれないけど、来月号の模型誌を待ってみるか…(´゚'ω゚`)ショボーン


    1/144 HGBF アメイジングレッドウォーリア製作その①~パチ組み 

    さぁ、ついに発売となりましたレッドウォーリア!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
    いや~、まさかレッドウォーリアのプラモが発売されるなんて、イイ時代になったもんですなぁ~。
    しかもパーフェクトガンダムⅠ(いわゆるパーフェクトガンダム)、パーフェクトガンダムⅡ(いわゆるフルアーマーガンダム)よりも先にパーフェクトガンダムⅢであるコイツがHG化されるとは!
    まぁアメイジングなんですけどねw
    ちなみにアメイジングとして組むつもりは毛頭ありませんw
    rw7_R.jpg
    箱絵。カッケーすなぁ。
    さっそく組んでみた。
    rw1_R.jpg
    いや~、カッコイイじゃないっすか~(´∀`*)
    組み立てはだいたい2時間くらいかかりましたかね。
    なんかコイツに限らずですが、最近のガンプラって、ゲートがものっそい太いのとか、逆にものっそい細いのが無いですか~?
    細いのは軽く触れるだけでポロっと外れてえぐれたりするし、太いのは処理が大変で中に気泡がパーツにまで及んでたりとか…太いとゲート処理も大変なんで、なんとかなんないですかねバンダイさん。
    rw2_R.jpg
    プロポはバッチリです。機動性を重視の機体らしくスマートです。
    rw3_R.jpg
    後姿。ノーマルのレッドウォーリアにするにはランドセル左側のボールジョイント受けを塞がなければいけません。
    rw5_R.jpg
    バズーカを構える。砲身が伸縮するギミックあり。
    rw4_R.jpg
    サーベル発光部は長いのと短いの2本ずつ付属。
    rw6_R.jpg
    豊富な武器付き。しかし面倒なんで組みませんw
    レッドウォーリアはバズーカ1本でええんじゃい!

    さて、レッドウォーリアとアメイジングとの相違部ですが…
    何せ元デザインが
    kyo_04_R.jpg
    これですからね(;´∀`)
    まぁ各部リファインされたと思えば、マジでランドセルの穴を埋めるだけでいいかもですね。
    僕はやっぱり、足の甲のアクチュエーターのパイプ?にカバーがあるのが気になるので、それは取りたいですね~。

    目立つ継ぎ目は頭部、胸部、肩アーマー、下腕、ふくらはぎ下部、足首とあと武器類、ぐらいかな~?
    それと足首関節、バズーカのアーム、足裏には派手な肉抜き穴が存在するので、埋めときましょう。
    あとSKマークが付いてるのはいいんですが、ガンダムシール…(;´д`)
    塗装派には使えないじゃないですかw
    できたらガンダムデカールで欲しい所ですけど、まぁHGじゃデカール封入はムリっすよねw

    いつから組むかわかりませんが、Rジャジャの次ぐらいかな~。


    1/144 HGBF R・ギャギャ製作その④~新年1発目 

    皆様、あけましておめでとうございます( `・∀・´)ノ
    今年もよろしくお願いいたします。

    さて昨年から引き続き、Rジャジャです。
    下腕ですが、プラ板でフタをした後、1.2mmのプラ板で真ん中の仕切りを作り、
    動力パイプの基部をディテールアップパーツで作りました。動力パイプは2.4mmのパイプスプリングです。

    で、僕のこの工作の方法では後ハメしないと塗装時に難儀しそうなんで、
    下腕のフレームを写真のところで切断、外装にハメるダボを関節部円状部分の間を通るぐらいに短くし、
    下腕外装部のダボ穴をC状に切り欠きます。
    これで塗装後に上から差し込んで、フレームを切断した部分で接着すればOKです。
    まぁRギャギャで組む人にはまったく必要ないですし、
    Rジャジャで組む人は、下腕内側の工作共々もっと違ういい方法があるかもしれませんww

    ここの動力パイプだけスプリングなのはちょっとなー(´・ω・)
    とも思いますがw
    ほかの動力パイプを全てスプリングに置き換えるとなるとけっこうメンドいのでw
    これでOKとしときます。
    いい動力パイプがないもんかとジャンクを漁ったりしてみましたが、
    見つかりませんでしたねー。

    ほいで、全身写真。
    rj13_R.jpg
    一応最低限の工作は終わりました。

    あとは…ライフルのディテールアップと、シールドの裏はなんとかした方がいいかなぁ?



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。