07 | 2014/08 | 09

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 HGUC ズサ 製作その④と雑記 

    さてズサですが、ここだけはスルーできない足の裏を弄ってました。
    MG誌の作例を参考に、
    肉抜き穴をポリパテで埋め、プラ材とディテールアップパーツでディテールを作りました。
    ズサ14_R
    同じの二つ作るの面倒だった…(;´Д`)
    後は各肉抜き穴をプラ板やポリパテで埋めたりと基本的な工作ですね。
    ズサ17_R
    で、工作も終わって現在は表面処理中です。


    ここからは雑記です。


    ■MG Hi-νガンダムver.ka、買いました。
    ズサ18_R
    買ってもすぐに作らないしな~ととりあえずスルーするつもりだったんですが、
    別件でヨドバシに行ったら山積みになってて、見てたら欲しくなり
    結局買ってしまいました(;´д`)ゞ

    で、家で開けてみて、部品数の多さにビビり、そっと箱を閉じる、と(;´д`)ヤッパリナ…


    ■けいおん!が五周年だそうです。(←二回目)
    ズサ15_R
    澪が来ました。唯に比べると若干微妙な出来なような気がしますが…(;´∀`)
    ズサ16_R
    「澪ちゃん、5周年のポーズはこうだよ、こう!」(ビシッ)
    「えぇ~(モジモジ) こ、これじゃだめかな…」(ごっ)


    ■『ナインティナインのオールナイトニッポン』から
    『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』へ


    いや~とりあえずは「良かった」とするべきなんでしょうけど…
    やっぱり二人でやって欲しかったですね~。
    個人的には矢部っちが話していた辞める理由には納得できてないですけどね。
    まぁ長い間『木曜の夜の友』ともいえるラジオ番組だったんで、完全に終了しないのは良かったです。




    スポンサーサイト

    1/144 HGUC ズサ 製作その③~各部後ハメ  

    ズサの後ハメ箇所ですが、おそらく4箇所あります。
    (まだ出てくるかもしれませんが)

    まず下腕。
    ズサ12_R
    F⑦、(左はF⑬)のパーツをアートナイフで袖の部分でカット、
    (僕はカットした所に隙間があいたので、断面に0.13mmプラ板を貼りました)
    切り離した袖部分をF⑧(左はF⑫)に接着して継ぎ目を消します。
    そしてF⑧(左はF⑫)の赤く線を引いた部分にスジボりを追加します。
    これでOK。

    ちなみに僕はZZ版で組むので袖モールドは削り落としました。


    胸部装甲。
    ズサ10_R
    前後のパーツ割になっており、内部フレームの形状もあり後ハメは無理っぽいので
    前側のパーツC1⑥に段落ちモールドを彫ることで処理しました(分かりづらいですが^^;)
    更に真ん中あたりにノミでモールドを彫ってアクセントにしています。


    太腿のミサイルポッド部。
    ここの後ハメってHJ誌でもMG誌でも、詳しく紹介されなかった部分なんですよねぇ…
    ズサ11_R
    ここは正直、成功したとは言いがたい部分です。
    一応、やったことをそのまま書くと、
    右D⑮とD⑱(左D⑯とD⑰)からポッドの天井に当たる部分をアートナイフでなぞり、
    切り離してから天井部分を接着、継ぎ目を消します。

    そのままだと内側のシャッター部分と天井部分の隙間がタイトで、塗膜がこすれそうなんで、
    天井部の切断面に0.13mmプラ板を2枚貼り、高さを増して隙間を確保します。

    右D⑮とD⑱(左D⑯とD⑰)の太腿部分は後ろ側の段落ちモールドが途中までしかないので、
    上端まで彫ってやります。

    で、ここで「あれ?接着面が無さすぎか?」
    と思ったんで、天井部分の後方にランナーで軸を打ってグリスを塗り、
    太腿の内部にエポパテをシャッターのスライドに影響しないように盛りつけたあと、
    天井の部分をムニュッと押しつけ、凹凸を取ります。完成後ここをエポキシ系接着剤で接着するつもりです。

    しかしここはきっともっといいやり方が他にあるはずm9( ゚д゚)ビシッ!!

    何だったら素直にシャッター部を先に塗装、マスキングして組み込んでから
    継ぎ目消した方がいいかもしれませんww

    でもシャッターと天井部に隙間がほとんど無いので、そのままだとマスキングテープ入らないかもなぁ…
    継ぎ目を気にしないのが一番ベストな解決方法かもw


    ブースターポッド外側のカバー?の可動部
    ズサ13_R
    ここはパーツの構成上、後ハメは無理っぽいです。
    まぁ無理矢理後ハメするより、マスキングしたほうが無難かと思います。


    文章力がないのでこういう説明はホント苦手です(´・ω・`)
    分かりにくいと思いますが、どうかご容赦のほどを(^^;


    1/144 ターンX製作その①~キャラパスのディテールアップ 

    ターンX、仮組みした画像をどこかの記事に載せたと思うんですが…(^^;
    とりあえず、今回が最初になります。

    モデグラのMGターンXの記事を見て目茶目茶カッコイイと思ったので、
    記事を参考に?背部ウェポンプラットフォーム「キャラパス」のディテールアップをしました。
    x1.jpg
    とは言っても、部分的に数ヶ所開口し、ジャンクパーツとハンダ線でゴチャメカ風に詰め込んだだけですが…w
    ピンクのHアイズは、グリーンに変える予定です。
    まぁ現状では各パーツの色が違うんでアレですが、色を塗ったらそれらしく…なるハズ(^^;


    wave ハンディルーターMk.1-ACと雑記 

    ■ハンディルーターMk.1-AC

    以前、ウチのなんちゃってモーターツールと題して、
    雑貨屋で安価で買った爪のお手入れ用電動ヤスリを使っている、
    という記事を書いたのですが、最近コイツの動きが悪くなってきてしまいました。

    以前から「もう少しちゃんとしたの欲しいな~」と思ってたこともあり、買いました。

    ♪タラララッタラ~

    「ウェーブ、ハンディルーターMk.1 AC~」(CV:O山Nぶ代)
    roo3_R.jpg
    金額的に8千円くらいが上限で検討して、プロクソンのミニルーターセット NO.28512-SKと迷ったんですが、
    ・プロクソンというメーカーの製品を使った事がなかった(逆に言えばホビーメーカーとしてwaveの方が親しみがあった)
    ・金額的に同じくらいなんで性能には大差はないであろう…と思った。
    ・商品画像からプロクソンのほうが取り回しにくそうな印象がした(あくまで個人的な印象です)
    ・ヨドバシではプロクソンのミニルーターセット NO.28512-SKが売ってなかったw(ヨドバシで買いました)
    ・ヨドバシでの評価で「軽くて扱いやすい」みたいな評価があり、総合でも高かった。
    という以上の理由でウェーブのを選びました。

    開けてみると
    roo1_R.jpg
    しっかりと梱包されています。「あれ?中身こんだけ?」とも思いましたがw
    持ってみると
    roo2_R.jpg
    自分の手はほぼ標準的な大きさだと思うんですが、こんなぐらいの大きさです。
    改めて見ると、カルシウム不足がわかる手ですねw(/ω\)ハズカシイ
    自分の感覚で言うと、結構軽いです(本体約90g)
    指先が当たるところに窪みがり、持ちやすいように工夫されています。
    本体上部のダイアルでON/OFFと回転数が調整できます。目安として目盛りとかあったら良かったんですけどね。

    付属の先端ビットは8種類。
    roo4_R.jpg
    プラモデル用に小さめのビットが揃ってるのがいいですね。
    買ってすぐ使えるのは非常に有難いです。
    一通り試してみましたが、本体軸のブレもなく、回転も安定しています。
    でも回転数を最大まで上げるとなんかちょっと怖いですww(←ビビリw)

    まだ本格的な作業はしてないですが、ちょっとした加工には重宝しそうです。
    ニコイチとかする時大活躍しそう。
    惜しむらくは、今年はまだ何もニコイチしてないって事ですかねw(去年だったら良かったのにw)


    ■1/72 タカラ製 クラブガンナー
    roo5_R.jpg
    先日、ヤフオクで若干安めで手に入れました。箱絵がクソかっこいいです(´∀`*)
    小学生の時から作ってみたかったんですよね~。プラモ狂四郎にも登場してましたしね。
    1/48は作ったことあるんですが、1/72を組むのは初めてです。
    roo6_R.jpg
    部品を見てみると、なんと溶接跡のモールドまで入ってるんですね!
    (ぶっとい、ぶっとい溶接跡ですがw)
    あと部分的に梨地加工されてたりと、タカラの気合の入り具合がうかがえます。

    頼むから、マックスファクトリーでキット化しないでくれ~ww
    あ、デザートとテキーラならOKです( ^ω^)カッテナコトヲ…

    ■けいおん!が五周年だそうです。
    roo7_R.jpg
    このポーズを見てXライダーのキメポーズを思い出したあなたは間違いなくオーバー40w
    いや~もう五年というかまだ五年というか…。
    今でも新しいけいおんのフィギュアが出るとついつい買ってしまいます。
    やっぱかわいいですね~(*´∀`)(5人そろえなきゃ)
    ところで、3期はもうないのかな~?

    蛇足と言われようがなんと言われようが僕は断然3期が見たい派です。
    だからAパートをカレッジ編、Bパートをハイスクール編で2クールやればいいじゃない!
    原作が無くても、京アニのオリジナルでやればいいじゃない!(僕は原作はそれほど面白いとは思わない派ですw)
    で、あずにゃんが同じ大学に入学してきて、またHTTを始めるよってとこで終わればいいじゃない!

    ないかなー。ないかー…(;^ω^)イヤ、オレハマッテルゼ



    1/144 モビルスモー(ゴールド&シルバー)製作その⑥やっとこさ銀色も 

    できました(。´-д-)ツカレタ
    金同様、細部は目茶目茶雑なんで、寛大な心で見てやってください(^^;
    su18_R.jpg
    銀も各部の黒ラインはエナメルの筆塗りです
    su21_R.jpg
    やぱスーパーファインシルバーは輝きが違いますね~。
    まぁスモーでの一番の収穫は表面処理は手を抜いちゃダメ!って事を身にしみて分かったという事ですねw
    su22_R.jpg
    しかしカラバリの2体同時製作なんてやるもんじゃないですねw
    去年も黒三とマツナガ06Rを同時期に組んだんですが、
    一体目はまだしも、2体目はどうしてもやっつけ感が強くなりますw
    su19_R.jpg
    これでターンAシリーズはターンXとHGCCターンAのみとなりました。
    (旧キットのターンAは組みません。あるんですけどね。時間と労力のムダですから)
    su20_R.jpg
    しかしこれで来年にでもHGでキット化されたら目もあてらませんw
    無い話ではないもんなぁ。ガーベラの悲劇再びか!?w
    su23_R.jpg
    金銀揃い踏み。
    銀スモーの方が胸が赤で配色が派手だったりするんで、金の方が余計地味に見えます。

    いや~。今はやっと次に進めるという思いでいっぱいですw
    現在はソルティックとズサとターンXをぼちぼち組んでいます。多分ズサが一番完成に近いかな~?


    1/144 モビルスモー(ゴールド&シルバー)製作その⑤~とりあえず金色だけ 

    完成しました~(;´∀`)
    超ノーマル組みです。めっちゃ普通のスモーが出来上がりましたw
    su17_R.jpg
    各部の黒ラインはエナメルの半光沢の黒を筆塗りしました。
    エナメルでも筆ムラができちゃう俺って…orz
    金以外の色は全て半光沢でベタ塗りです。
    su14_R.jpg
    マスキングはこのくらいなら大変なうちに入らないんでしょうが…大変でしたw
    まぁキュベレイパピヨンにくらべりゃ…ねぇ(;´Д`)
    su15_R.jpg
    まぁいつものごとくアップでは見せられない出来ですw
    フラストレーションがたまらない程度に表面処理をやったんで、
    あちこち小さいキズやらヒケやらが残ってます。
    見つけても大きな心で見てやってくださいw
    su16_R.jpg
    とはいえ各部のスジ彫りを彫りなおしたのはそれなりに成果があったと思います。
    su13_R.jpg
    可動範囲はそこそこなんですが、接地性がいまひとつなんでポーズがあまり決まりません。
    台座接続用の穴を開けとけば良かったですね。
    キットのプロポーションはHGCCターンAと並べても違和感ないくらいイイと思います。
    su12_R.jpg
    愉快な仲間達と。
    ゴールドはMr.カラースーパーメタリックのスーパーゴールドを使ったんですけど、
    正直ちょっと上品すぎる金色でイメージが違いましたね~。
    金スモーはもっとギラギラした金が似合うかもですね。

    さて、金が完成して、銀がまだのこってるんですが、

    正直、飽きましたw(´ε`;)

    さて、銀はいつ完成するのかな~w
    完成するかな~?w


    オマエノサジカゲンヒトツジャ!ヽ( ゚∀゚)ノ┌┛)`Д゚)・;'







    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。