03 | 2014/04 | 05

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 モビルカプル(∀版)製作その①~腕の工作 

    さて、ターンAガンダムも発売された事ですし、
    これを機に以前、カプールとして作ったカプルを、今度は正調のカプルとして組んで見みたいと思います。
    キットはかなり以前に作りかけて放置していたものなので、
    すでに接着済みで工作しずらい箇所もあったりしますが…w

    カプールの時は腕のフレキシブルな可動など、結構手を入れたので、
    今回は軽~い気持ちで作りたいと思います。


    仮組みは必要ないということで、
    まず唯一の改造箇所の上腕部から。

    マシンガンを構えるとき、そのままでは腕が回らないので横に装着したままになるんですが、
    やっぱり上で構えないとなんとなく様になりません。
    という事で上腕が回転できるように工作したいと思います。

    カプ2_R
    肩と上腕部が一体化しているので、接合部で切り離し、
    手元にあった2.5mm径のポリランナーを上腕部に穴を開けてを差し込みます。

    肩パーツにある上腕根元のパーツを削り落とし、
    穴の深みを増すために1.2mmプラ板を裏から貼り付けたディテールアップパーツ(バーニアの平たいヤツ)
    に2.5mmの穴を開け、肩パーツに接着します。
    以上です。すごい簡単ですw

    肘関節部分はオーソドックスな軸穴を切り欠く方法で後ハメ。

    こんな感じでマシンガンを上にして構えることが出来るようになります。
    カプ1_R
    唯一?の改造箇所は以上です( ・∀・)

    あとは細かいディテールアップをいくつかする予定。
    GW中にでも出来たらいいなぁ…-y( ´Д`)。oO○


    スポンサーサイト

    1/144 HGBF キュベレイパピヨン製作その⑤~完成 

    キュベレイパピヨン完成しました~(^ω^)
    仮組みから2ヶ月か…けっこうかかりましたね(^^;
    パピ19
    サクッと出来上がるはずだったんですが、マスキング地獄とリタッチ地獄を味わうハメになるとは…w
    パピ20
    水色がパール風味なんでツヤありで仕上げるつもだったんですが、
    どうも馴染めずに半光沢+つや消しの半々光沢トップコートで上げました。
    パピ23
    塗装レシピはほとんど自家製の混ぜ物なんで書かないでおきます。
    ほぼ設定通りに塗り分けました。
    ただピンクはちょっと彩度がありすぎで浮いてる気もしますw(^^;)シッパイ
    パピ22
    マスキングは凸モールド部分にスジボリをした甲斐もあってか、テープ部分はほぼ上手くいったんですが、
    ゾルの部分が大変でしたね~。
    ゾルでマスクしてから塗料を吹くじゃないですか?
    そうするとゾルとパーツの上に途膜ができるじゃないですか?
    んで、乾燥後ゾルを剥がそうとするとパーツの部分の途膜まで一緒に剥がれるというww
    マスキングのハミ出しなんかはほぼなかったんですが、このパターンのレタッチがめっちゃ多かったっすw
    乾燥具合が足りなかったんかなぁ…。
    パピ21_R
    さて今年3つめの完成品となりました。
    なんかF91、キュベパピとマスキングに難儀するのが続きましたわ~。
    もっと楽なのが作りたいっすw

    さて次は何作ろうかな~。
    ターンAかダグラムか、はたまたカプルかフラットか。

    ターンAというメインディッシュはまだ置いといて、前菜としてカプルかフラットかなぁ…

    1/144 HGBF キュベレイパピヨン製作その④~塗装中  

    キュベレイパピヨン塗装中です。
    自家製のスカイブルーにガイアカラーのストーングリーンを加えたもので基本色を塗り、
    Mr.クリスタルカラーのターコイズグリーンを上掛けしてパール風味にしてみました。
    パピ16
    う~ん、なんか(自分的には)微妙なかんじ…w

    あんま好きな感じではないけど、まぁいいか。キュベレイの派生機(?)だし(´ε`;)

    さてこれからマスキング地獄に突入だ~(;´Д`)





    ゾルとテープでとりあえずバインダー1枚だけやってみる。
    パピ17





    (>'A`)>ウワァァ!!










    ('A`)y-~メンドクサスギル…


    とりあえずマスキングをそのまま長時間置いておくとテープの浮きなんかが気になるもんで、
    マスキングした1~2パーツずつ白→自家製オレンジピンクみたいな色で塗ることにします。




    で、塗ったのがコレ。
    パピ18
    -y( ´Д`)。oO○なんとか上手くいったかなぁ…



    1/144 HGCC ターンAガンダム製作その①~仮組みしてみた 

    ヒデキ→( ´Д`)♪たーんえーたーん たーんえーたーん たーんうぇ~~~ぃ♪

    ついに発売されました!待望のターンAガンダムです(゚∀゚)
    箱絵にはカプルとボルジャーノン。キット化…され…ないの…か…な?w
    a0_R.jpg
    嬉しさのあまり速攻仮組みですw
    a1_R.jpga4_R.jpg
    もうプロポーションはパーフェクト!といっていいほどの出来ではないでしょうか。
    MGターンAも完璧でしたが、HGも決定版と言える出来だと思います。
    ターンAは立体物に恵まれてますよね~。旧キットのターンAも決して悪くはなかったもんな~。
    贅沢をいえば左右の握り手(固く握ったグーです)が欲しかったですね。武器持ちは左右あるんだけどね~。
    形状的に他のMSから流用、てことができませんんしね。
    a2_R.jpga3_R.jpg
    正面から見て、肩アーマーの下のラインと胸のラインがちゃんと繋がるのがポイントですね。
    オールガンダムプロジェクトの一環でありながら
    共通化された関節部が一切使われてないあたりも規格外のMSですね。
    すねの裾のデザインから、接地性は今二つくらいですw
    しかし脛の真ん中にも関節部があり、ターンAの独特な脛の反りが再現されてます。
    a5_R.jpga6_R.jpg
    ビームライフルの後部差し替えで最大出力モードを再現できます。
    ビームサーベルは他のMSとあんまり変わらない太さですが、たしかターンAのビームサーベルは針のように細かったような…(;´∀`)マァイイケド
    a7_R.jpga9_R.jpg
    普通のビームサーベルボックスを、ジョンイント付きのものに差し替えることでライフルとシールドおマウントできます。
    胸は差し替えでマルチパーパスサイロの開様態を再現できます。フタが分厚すぎると思うんですけど…ww
    a10_R.jpg
    今回パチ組みして思ったのが、バンダイの技術力はやっぱり凄い!ということです。
    前回マックスファクトリーのダグラムをパチ組みしたから余計思うんでしょうが。。

    スナップッツトモデルとして、パーツのハメ合いが硬くも無く緩くも無く、ホント絶妙なんですよね~。
    まったくストレス無く組むことができます。
    a11_R.jpg
    兄弟機のターンXと。
    なんかターンXが若干小さくみえるのがちょっと残念なトコロ。
    ターンXってターンAよりひと回り大きいイメージがあったんですが、設定では0.5mしか変わらないんですね。

    継ぎ目は、
    頭部、胸部、上腕、下腕、ヒザ、スネ上下、ライフルぐらいでしょうか。
    フェイス部分は後ハメ不可…でしょうねコレは(^^;
    脛の可動部も後ハメは難しそうです。


    ホント素晴らしい出来で嬉しい限りですね~。
    こっからターンAシリーズからターンX、カプル、ウォドム、バンデット、ギャバン専用ボルジャーノンなんかキット化されたら嬉しいな~。で、コレン専用カプルをプレバンでw

    しかしオールガンダムプロジェクト、これからも続くんなら
    クスィーガンダム、フルガン、パガンなんかも当たり前の様にキット化されるんでしょうか?
    ペーネロペー、レッドウォーリアは無理か…(;´д`)ゞ (ガンダムってついてないしw)



    1/144 HGBF キュベレイパピヨン製作その③~工作終了 

    遅々としてますがキュベパピです。
    パピ11
    脛のふくらみの部分の内側が何もないので大型バーニアを1発だけ配置しました。
    内側がけっこう何もモールドが無いんですがまぁ見えないし…w
    パピ14
    肩軸には前後スイングの可動域確保のための出っ張りが設けられており、
    これのためにボディと肩の間に不自然な隙間が空くので削り取りました。
    これで肩幅は狭くなりますが、前後に動かしたいときは引き出してからになります。
    パピ10
    サイドアーマーは先端にプラ板を張ってから先を尖らせてます(わかりづらですが)
    パピ15
    脹脛の紫のパーツは下端が開いていてスカスカなんで角バーニアパーツを付けました。
    パピ12
    ランスは両端をシャープに。鋭くしすぎて一度折ってしまいました(^^;
    パピ13
    工作終了ということで組んでみました。
    頭部の口や角部分なんかもシャープに削りこんでます。
    全体的に大きな工作はなにもしてないんで素組みとあまり変わりませんが…w(^^;

    3月中に工作が終了できれば…なんて言ってましたがまぁ無理でしたねw

    これからやっとサフ吹いて塗装ですが、マスキング地獄が待ってるのかと思うとウンザリですね~w


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。