01 | 2014/02 | 03

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/550 ミデア輸送機製作その②~キャノピーのヒートプレス  

    さて…キャノピーの透明パーツ化ですが…
    塩ビのヒートプレスは初めてではないのですが…上手くできるかな~

    後でコクピットを作ることや、透明パーツはマスキングしたくないな~とか考えた結果、
    ボディ上下パーツを接着し、一番機首に近いスジボリで切り離しました。
    これでコクピットを塗装して、透明パーツをマスキングせずに全体塗装後に組むことができるハズです。


    キャノピー部分をくり抜き、内側から縁の肉厚を薄く削ります。
    このとき、型を抜く方向を考えて逆テーパーにならないように注意して削ります。

    グリースを内側に塗布して、エポパテを詰めます。
    ミデ3
    ある程度形を整えておくと後で楽です。

    完全硬化前、まだ少し弾力があるくらいの時に、慎重にパーツから型を外します。
    上手く内側が削れてると外れますが、削れてないと外れなかったりします(^^;
    ミデ4
    キャノピーになる部分のふちの部分を、塩ビの肉厚分、一回り小さく削ります。
    そして表面を、ペーパーで滑らかに削ります。
    絞るときに高さが必要になるので、型に穴を開けて、足をつけます。僕は3mmの穴を開けてプラ棒を足にしました。

    足をつけた型をどこかに倒れないよう固定するんですが、
    僕の机は木製だったので、机に3mmの穴を開けて差し込んで倒れないようにしましたw
    塩ビ板は市販のものもありますが、僕はフィギュアのブリスターパックを切り出して使いました。

    火元ですがライターとかよりも蝋燭のほうが両手を使えるのでいいと思います。
    火を使うときは火傷と燃えやすいものが周りにないか注意しましょうΣヽ(`д´;)アチッ!!
    ミデ5
    塩ビ板を火で炙って型に押し付けるんですが、
    このとき炙っている部分が柔らかくなって若干下に下がってきた時がそのタイミングだと思います。
    ↑これは少し失敗してますねww

    コツとしては、
    ・押し付ける勢いが強い(早い)と、部分的に厚みがうすくなったり、弱い(遅い)とちゃんと形がとれる前に固まってしまったりするので、早くも無く遅くもなくってカンジです(あいまいだな~w)
    ・押し付けてから少し左右にひねると、型への密着度が良くなります。


    そして、最大のコツは…



    ・何回も(いいのができるまで)やる( ゚Д゚)y─┛~~

    ですww

    最初は火と塩ビ板の距離が近すぎて縮んでしまったり、
    押し付けたパーツの厚みがビニール袋並みになったりw
    全然絞れないうちに固まってしまったりしますが、何回かやるうちにいい感じのやつができます。
    ちなみに僕は10回以上は絞りましたww(塩ビが無くなりましたw)


    で、何回も絞った中からいい感じのやつを切り出します。
    ミデ6
    ホントはハメたときに機首部分とツライチになるのが理想なんですが、そこまで上手くいかなかったので(←オイ)
    比較的状態の良いものを選びました。
    ミデ7
    装着状態。全然ツライチじゃねー!w(←泣笑)
    ロボコン0点!!w
    や、75点くらいかなぁ…(;´Д`)これ、ムズイっすわ~。


    まぁでもおかしくはないと思うんで、コレでいきます。
    コクピットとか作りこんだら、それらしく見える…ハズ…w

    しかし結果的に自分で75点の作業のやりかたを公開すんのはどうなんだろう……w
    完璧を目指す方は、何度か絞ってあわせてみて、さらに型の形を調整するといいと思いますよ。
    さらにシャープなものを作るなら、バキュームフォームしかないでしょうね~。


    以上、ちょっとトホホな透明キャノピーのヒートプレス記事でしたm(_ _)mオソマツサマデシタ…


    スポンサーサイト

    1/144 HGBF キュベレイパピヨン製作その①~仮組み 

    最近、やたら仮組み記事が多いような気がしますが(^^;
    先日買ったキュベレイパピヨンを組んでみたいと思います。

    BF系のキットを買うのはこれが初めてです。
    フェニーチェとか欲しいな~と思いつつ、多分放送が終われば熱も冷めるだろう…ということでw
    買わなかったんですが、こいつはキュベレイ好きの自分としては買わずにおれなかったですね~
    それに、アイラ ユルキアイネンの機体ですしねw(*´∀`)カワイイ…

    なんか聞くところによるとHGBFでクロスボーンガンダム改なる機体が発売されるそうで。
    BFの方は多分買いませんが、ノーマルのX1、X2、X3がHGUCで発売されるのは確定でしょうし、
    楽しみに待ちたいトコロです。(X1だけ発売して、X2、X3はプレバンの最近のパターンですかね…(^^;)
    パピ2_R
    赤の模様?はシールがついてます。
    シールを貼らないとなんとも締まらない感じですけど、最近のシールはノリが結構強くて後に残るので貼ってませんw
    それにマスキングで使えるかもしれませんし。
    パピ1_R
    ベースキットのキュベレイがHGUC最初期のキットなんで、今の目で見ると若干ツラい部分もありますが、
    (ヒジのポリキャがむき出しだったりとか)プロポーションはいいと思います。
    操縦者が女性キャラなんで、もう少し脚が内股気味に可動すると良かったかな~。
    パピ5_R
    特徴的なバインダーが蝶のようなシルエットですね~(だってパピヨンだからな!w)
    継ぎ目は踵ブロック、膝頭、太腿股間部分、サイドアーマー、腰部、腹部、首、頭部、肩ブロック、下腕、武装のランスなど、結構出ます。紫の胸部にも出ますが、ここは放送でもスジがありますんで、消さなくてもいいかな(接着しちゃったけどね…(--;)
    パピ4_R
    ベースは古いキットですが自分的にはこの時期のキットは組みやすいと思います。
    継ぎ目が残っても最近の関節部分が後ハメ不可になってるようなものよりは塗装派としては組みやすいですよね。
    パピ3_R
    まぁやっぱりこのキットのポイントはマスキングが難儀だろうな~ということです(;´∀`)
    でもけっこう気にいってるんで近々組み始めたいと思います。

    余談ですが、このキットを仮組みしてたら、無性に量産型キュベレイが作りたくなってきましたw
    あと『劇場版モーレツ!宇宙海賊』を昨日観てきたんですが、弁天丸も無性に作りたいです(←気が多すぎww)


    1/550 ミデア輸送機製作その①~仮組み 

    やれ次はビグザムや~ビグロや~言うてた割には
    ミデアですww(いや、ビグザムも作り始めてるんでどね(;´∀`))

    てかミデアは他の製作の合間にチョコチョコ作っていくつもりです。
    そのうち完成するんではないかな~と。

    先日キットが届きました。懐かしいです。
    小6の時に作って以来なんで30年振りです。
    ミデ1
    まぁ軽くスジボリ増やすのと細部のディテアップでサクッと行きたいと思います。
    キャノピーを透明に…なんて一瞬考えましたが、
    それをやるとなると塩ビ板絞ったりコクピット作ったりと面倒なんでやりませんw

    プロポーションは抜群です。
    ミデ2
    つかドムが素立ちなんでポーズ変えたいと思ってるんですが、そっちのほうが面倒そうだなぁ…(^^;


    1/550 エルメス製作その④~完成 

    エルメス完成しました~ヽ(*´∀`)ノ
    l18_R.jpg
    皆さんが作られたのを見ると割ときれいな仕上がりにしてる方が多かったので、
    じゃあ、と、いつものようにウォッシングやドライブラシ、デカール多めで仕上げました。
    l19_R.jpg
    塗装は、何度も塗りなおしてるので定かではないのですが、
    ガイアカラーのエメラルドグリーン+ストーングリーン+Mr.カラーのスージーブルー+α。
    これを黒サフ上から黒立ち上げ。
    さらに白を足したものでハイライトを入れました。
    l17_R.jpg
    基本塗装後にエナメルのジャーマングレーでウォッシング。
    そしてエッジ部をエナメルのライトグレーでエッジをドライブラシ。
    最後にエナメルのクロームシルバーで銀ハゲ。
    コクピット上と機体上部のピンクの部分は、
    白下地にMr.クリスタルカラーのルビーレッドでパール風味に。
    でも写真じゃ白にしか見えませんw

    グレー部分は黒下地にニュートラルグレー。
    デカールを貼り、最後にスーパークリアーつや消しと半光沢を半々のものでトップコート。
    l20_R.jpg
    バーニアはディテールアップパーツです。
    黒サフの上からタミヤウェザリングマスターのシルバーを擦り付けました。
    ビーム砲も同じくです。
    l22_R.jpg
    画像だとちょっとおとなしめに見えますが実物はもう少し汚ないですw
    l21_R.jpg
    コクピットはオレンジで塗装したんですが完成すると暗くてほとんど見えません(^^;
    いちおうララァとおぼしきモノが乗ってますw
    l16_R.jpg
    ビットを配した専用台座を用意しました。
    実は本体だけなら2~3日前にできてたんですが、
    ビットの塗装でだいぶ手間取りました。
    でもそれなりにしか塗れなかったのが残念なトコロですw
    目が悪くなってるから筆塗りが難しい…。
    まぁあくまでオマケで雰囲気重視という事でww

    二月半ばでやっと今年初めての完成品ですww
    いろいろ難儀しましたがまぁ楽しかったかな~。

    さていいかげんF91作らないとな~(;´∀`)
    でもまたモビルアーマーを作りたい気もする…w


    1/144 HGCEエールストライクガンダム製作その①~仮組み 

    エルメス絶賛塗装中なんですが、換気が寒い&数度の塗りなおし&マスキングの失敗により、あまり進んでいません(^^;
    というわけで、先日発売されたHGCEエールストライクガンダムの仮組みをやりたいと思います。

    プロポーションは抜群です。ストライクは今までほとんどのスケール、ブランドで発売されていると思いますが、
    全てにハズレなしだった気がします。フリーダム、ストフリなんかとはえらい違いですw
    やっぱシンプルなのがいいんですかね~。
    st1_R.jpg
    おなじみのキメポーズ…なのにいまいち決まらないのはどうして?w
    st5_R.jpg
    膝もヒジも二重関節で可動域なんかも申し分ないです。
    ただシールドが左肩に干渉しがちなのは塗装派としては気になるかな~。
    st4_R.jpg
    序盤の主武器、アーマーシュナイダーが二本付属。
    st2_R.jpg
    ビームサーベルも発光部が二本付属します。
    st3_R.jpg
    色分けはシールド上部の白とエールパック?の翼の赤が塗装派としては塗り辛そうなトコロ。
    両方とも濃い下地に明るい色だもんな~。


    目立つ継ぎ目は赤で書いた所(わかりづらいですね)
    スト6_R
    スト7_R
    本体は頭、グレーの襟部分、フクラハギ部分くらいですかね~。
    あとストライカーパックは当然ながら竹割りです(^^;

    膝下はなんか惜しい気がしますね~。スネは継ぎ目が内端に寄ってて、
    外端にモールドが彫ってあるため、継ぎ目消しは必要ないんです(でも真ん中に豪快なパーティングラインが…w)が、
    フクラハギ部はグレー、白パーツと一直線に残ります。
    これは白いパーツ部を段落ち加工すれば、後ハメ加工もする事なくかなり楽になる気がします。

    そして最後に余る謎のパーツ。
    st8.jpg
    ストライクのバリエーションはあまり詳しくないんですが、何か展開が予定されてるんですかね~。
    パーフェクトストライクの発売が予定されてるのは、バックパックの穴とかからも分るんですけど。
    I.W.S.P.とか、発売されないのかな?

    全体的にみてすごく好キットだと思います。
    この感じでフリーダム、ストフリ、ジャスティス、イージスなんかも発売して欲しいですね~。

    1/550 エルメス製作その③~工作終了 

    本日ビキニガールズバーへの誘いから勇気ある撤退をしてww
    エルメスを弄ってました。

    やっと工作が終了。
    まぁ前回から変わったこところいえば、各部スジボリを彫ったくらいでしょうか。
    やっぱりノーマル組みとあまり変わらないですねw
    l14_R.jpg
    ビーム砲は開口。下側の三角機首部分のヒケ?なのか何なのかわかりませんがひどく凹んでいたので瞬着で埋めました。
    l15_R.jpg
    エンジン部下側を四角にくり抜いてバーニアを設置。
    穴を開けて中にパイプを接着し、スタンドを接続できるように。
    あ、台座の接続穴かくしパーツを造らないと。忘れてたわw

    とりあえずこれくらいにしてとりあえず洗ってサフ吹いてみます。

    しかし毎度の事ながら机の上きったね~な~(; ̄ー ̄A


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。