08 | 2013/09 | 10

    1/144 HGUCグフ製作その⑥~前腕とか。。 

    やっべ…全然やる気が起こりません…
    ゾゴックが完成したら、なんか今年がもう終わってしまったような感じですw

    で、ジェットビートルやらエヴァ8号機やら作りたいな~なんて前回吹いてたんですがw
    もちろんまるきり進んでいません。
    ジェットビートル用にガイアカラーのシルバーは買ったんですけどw

    グフはちょいちょい弄ってるんですが、
    前回からどこが進んだかというと、
    グフ23
    両前腕をパテ盛りと削りこみで形を変えました。
    そして左手のマシンガン部分をパテ盛りやらで形状変更(親指が太くなってしまった!w)
    口のインテークにスジ入れたプラ板を貼りました。


    ぜんぜん進んでねぇなぁ…w
    これ今年中に終わるのかなぁ…(^^;
    いや終わらしますけどね。

    今400番のペーパーを改改修部分を中心にかけてるんですが、
    なんかラチが開かない&モチベが下がる一方なので一度捨てサフを吹こうかと思います。
    ちゃんとカタチになってるかサフ吹かないとよく分りませんしね~。
    まぁこのグフはパテ盛って改造する時より、サフ吹き後の表面処理&修正こそ正念場な気がしますね。
    スポンサーサイト

    1/144 HGUC ゾゴック製作その④~完成 

    ゾゴック完成しました~\(^ ^)/
    カラ~リングは、UCバージョンが非常にカッコよくて好きなんですが、
    多分やる方が少ないであろう…というのと、他の試作MS達と並べて違和感がないように…
    というので、旧設定のカラーリングで塗りました。
    ゾゴ17
    旧設定カラーだとすごくおもちゃっぽくなりますねぇ…w
    やっぱあれですかねぇ…
    寺西勇を髣髴とさせる白パンがアレなんですかねぇ…(´ヘ`;)
    やっぱUCバージョンみたいにストロングスタイルの黒パンツの方がしまりますね。
    実は旧設定カラーにもグレー?みたいなパンツの絵はあったんですが、
    旧キットでも採用されてる白パンバージョンにしてみたんですが。
    でも、こっちのカラーもいいですよね(*^-^*)

    モノアイは、Hアイズをクリアーレッドで塗り、裏からアルミテープを貼った物です。
    ゾゴ18
    背面。動力パイプは塗装途中までスプリングのみで行くつもりだったんですが、
    友人のぺにーさんが動力パイプにメタルパーツを使ってるのをみて「いいな~」と思ったのと、
    スプリングのみで行く理由が「面倒くさいから」という理由だったのでw
    面倒くさがらずにつける事にしましたw
    ゾゴ22
    これくらいまでなら違和感なく可動します。
    まぁ飾るときは100パー素立ち状態なんですが。ポーズつけると場所とるしねw
    ゾゴ19
    アームパンチ!
    塗装レシピは、
    赤:グレーサフ→艦底色→サーモンピンク→クリアーレッド
    グレー:黒サフ→ファントムグレー+自家製の水色で面吹き
    白:黒サフ→ガンダムカラーMSホワイトで面吹き
    黄色:グレーサフ→MSホワイト→キアライエロー+ハーマンレッド少量
    カッター:黒サフ→Mr.メタルカラークロームシルバー
    バーニア類:黒サフ→Mr.メタルカラーアイアン
    シュツルムファウスト:黒サフ→オリーブトラブ2+キアライエロー
    ゾゴ20
    フル装備で。なんとなくこのカラーリングで武器を持つと違和感がある気がしますw
    UCバージョンカラーだとよく似合う気がするんですが。(慣れの問題ですかね?)
    ゾゴ21
    最後にジャブロー攻略用試作メカ四天王と。
    ついにコンプできました。感無量ですw(*^-^*)

    いや~塗装時にレッドを塗り終えたあとに、手の甲を塗るのを忘れているのに気付いたり(←四工程w)とか、
    さらにその赤で塗った手の甲は実は旧設定カラーではグレーだった!とかw
    さらに塗装終わって組む段階になって、親指の付け根のとこの肉抜き穴を埋めるの忘れてたりとか(´-ω-`;)ゞ(←気付けよw)
    終盤になってバタバタしましたが、まぁ組み立てやすいキットでサクッと出来たと思います。
    あとやっぱ旧キットの時代から試作メカを4体揃えて喜んでた世代の自分なので、
    HGUC(もしくはその隣に並べても著しく違和感がないレベルの物)で4体揃ったのはなんともいえない達成感みたいなものがありますね~。

    さて今回で今年10個めの完成品になりました\(^o^)/ビバ!フタケタ!
    次はなに進めようかな…グフか…ドダイか…
    ドーベンウルフがちょっと組みたい気になってます。
    あとエヴァ8号機とか、ジェットビートルとか、
    組みたいのいっぱいあるなぁ…

    1/144 HGUCグフ製作その⑤~足首の製作 

    いや~台風が過ぎ去りましたね。
    今回の台風は久々に僕の地元の大阪にも被害が出ましたが、
    皆さんがお住まいのところはどうでしたでしょうか。
    京都とか特にひどかったですね~。なんか鴨川があんなに増水してるの初めて見た気がします。。


    さて、部品注文していたグフカスタムの足首が届きました。
    9/4の朝にポスト投函して9日には届いたんで、約6日で届いたことに。
    バンダイさん凄い!早い!
    その企業努力に頭が下がります <(_ _)>
    昔はマジ2週間くらいかかってた印象があるんですけどね~。
    時期もあるのかな?

    で、グフカスの足首は関節パーツとソール部分が別パーツになってるんですが、
    可動は完全に殺して、関節パーツをただのポリの受けにしました。
    で、それを足裏に黒瞬着で接着し、関節可動のポリはボールジョイントの軸をさして甲パーツを接続。
    範囲は狭いですが一応甲パーツは可動します。
    グフ21
    で、丸く切り欠いてある部分にマイナスモールドを接着しましたが、
    このマイナスモールドはなんか連邦軍ぽいですね(^^;
    グフ22
    できあがったグフカスとグフの足首を比べると、グフカスの方が先がすぼまってなくて、
    僕のイメージに近いです。

    で、装着。
    グフ20
    うん!自分のイメージに近くなった気がします。
    スパイクがつくととたんにグフらしくなりますね。
    スパイクは長いほうはキットのものをプラ板で角度を変えて接着。短い方はディテールアップパーツです。
    胸部も工作してから時間が経つと「やっぱここはなんか違う…」という部分がでてきたので
    ちまちまフンドシと共に弄ってます。
    胸部難しい…(‐”‐;)

    今までは「ひと月に一体」という縛りが自分の中であったんですが、
    グフはとりあえず今年中にできればいっか…と思ってます。

    そういや、ドダイも作らなきゃな~(⌒_⌒;

    1/144 HGUC ゾゴック製作その③~カッターと動力パイプ  

    さて…カッターをシャープに削りました。
    とりあえず一本削ってみて、なんとなく短く見えたので、先端に1.2mmプラ板を貼って削ることに。
    ゾゴ16
    あ、「みんなやってるよ!!(`Д´)」と言われるかもしれませんが、
    僕は薄くする面をマジック等で塗ってから削るんです。
    こうするとどれだけ削れてるか一目でわかるので作業がしやすいです(^^)
    というか、失敗しにくくなりますw
    ゾゴ14
    こんな感じで10箇所削ります。
    カッターは装着後は2度と外さないようにする事にして反対側は削りませんw
    これだけで二日間でのべ4時間かかりました(;´ρ`)
    ゾゴ15
    装着してみました。でも削る前の状態のものがないのでどれだけシャープになってるのかわかりませんw
    そしてどうしても不揃いになってしまいますねw


    そして動力パイプの工作です。
    といってもたいしたことはしてないんですがw
    あくまで僕の思いつきの工作ですので、多分他にもっといい方法があるかもしれませんけど。
    ゾゴ12
    まずキットのパイプパーツと同じ形に芯(僕は糸ハンダです)を下部から上に少し段がついている所まで作ります。
    そしてそれに2.4mm径のモビルスプリングを被し、フンドシ後部に通します。
    スプリングは少し長めにとってやり、背部に開けた3mmの穴から装甲内側に逃がしました。
    ゾゴ13
    腰をひねるとこんな感じに、芯がない部分が動きます。
    実際はこんなに動かすことはないと思うんで、多少動けば良いのですw
    これでみると芯が無い方がいいのかなー?(。-`ω-)

    本当ならモビルパイプもつけるつもりで、2.4mmのスプリングにしたんですが、
    グフで使うつもりなので手持ちがありませんでした。
    近所のヨドバシも品切れ中、アマゾンも送料込みで679円……( ̄Д ̄ )アリエナーイ

    というわけなので製作が終わるまでにモビルパイプが手に入れば使うつもりですが、
    別にこのままでも充分な気もしますw
    でもスプリングそのままなら3mm位の径のを使った方が見栄えがいいでしょうねぇ。

    さて、部品注文していたHGUCグフカスの足首が届いたので、次はちょっとHGUCのグフを弄りたいと思います。

    144/1 HGUC ゾゴック製作その②~後ハメ加工 

    ゾゴックの後ハメ加工です。
    まずは拳。
    ゾゴ9
    手の甲と掌の中に挟む形になる指の根元部分と手首の接続部分になるパーツを、
    それぞれ接着しろを残すくらいで切断します。(画像下中央。右が加工前)

    手の甲と掌の赤い部分は接着、塗装後に指部分と手首の接続部分をさしこむ形で接着できます。
    手首の接続部分ですが、武器持ち手のパーツの方はは少し角度がついてますので間違えないよう注意してください。

    親指部分の肉抜き穴はポリパテで埋め、指の節の溝をデザインナイフで彫りました。

    ゾゴ10
    わき腹横のダクトは左右のダボを綺麗に切り取り、塗装後に差し込んで接着します。
    前側のダクトは、説明書では先に胸内部パーツに取り付けてから外装パーツで挟みこむ形になってますが、
    なにも加工せずに塗装後に差し込めます。モノアイ左右の透明パーツも同じくです。

    ゾゴ11
    パンツ上部につく腰の赤いブロックは、下端をデザインナイフで斜めにカンナ掛けして削ってやると、
    パンツの継ぎ目を消した後にハメ込めます。
    画像では前側も結構削ってますが、前後よりサイドのほうがひっかかるようです。
    まぁ完成後は見えなくなるのでいいんですが。
    削りが少ないと、パチン!とちょっと力がかかってはめ込む形になり、
    パンツの継ぎ目が割れたり、塗膜にキズが付いたり等が考えられますので、
    何度か組み込んで具合をみて、スムーズに入るぐらいに削るといいと思います。

    おそらくゾゴックの後ハメはこれだけだと思います。まだあったかな~?
    どれも簡単な加工で済むんでいいですね。

    胸部も内部パーツを赤い外装で挟む形なんですが、
    ここは後ハメを考えるより、
    外装の分割部分に段落ちモールドを彫るか、
    内部を先に塗装してマスキングで処理した方が簡単でいいと思います。
    僕はマスキングで処理するつもりです。

    次回は、背中の動力パイプを加工したいと思います。

    144/1 HGUC ゾゴック製作その①~速攻仮組みw 

    ゾゴックキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
    待ちに待ったゾゴックが発売されました!!

    仕事帰りにヨドバシで買ったんですが、
    いつもより人だかりが少ないと思ったんですが気のせいでしょうか…w(;^ω^)
    いや~でもゾゴック売れて欲しいなぁ…
    売れて次はアッグ発売!とかいう展開になって欲しいです。

    さて、キットですが、ゲート処理をしつつ、約2時間で完成。
    先日ドーベンを仮組みしたからか、非常に楽に感じましたw
    ゾゴ1
    モノアイは可動します。僕はてっきり上半身パーツを前後にパカッとはずして動かすのかと思ったんですが、
    正面の透明パーツを外して動かす仕組みになってます。
    頭のカッター?は10枚とも取り外し可能。しかし10枚の両端=20箇所をシャープにするのは骨が折れそうなんで、
    接着することにして片方だけシャープにしようかなぁ…(;´∀`)
    取り外して遊ぶことないし。塗装ハゲるし。

    ♪ビルのまちにガオー!
    ゾゴ2
    腕のジャバラはアッガイとかのABSのボールジョイントとは違って、ポリキャップ接続なんで安心して動かせます。
    ちなみに足のジャバラは可動しません。

    背面。
    プロポーションは文句なし!です。
    ちなみに継ぎ目が出る部分は、
    胸部(頭部?)、腰部、両足のジャバラ、脚付け根の赤い部分、手の甲、シュツルムファウスト、ヒートソードくらいでしょうか。
    後ハメが必要なところは、
    胸とわき腹のダクト、腹のダクトの下の段の赤いブロック(パンツ部に組み込むようになってます)
    拳、くらいでしょうか。
    胸部内部パーツはどう見ても後ハメ不可なんで先に塗装して赤の外装パーツで挟み込む形になります。
    ゾゴ8
    腰はボールジョイントで可動部はあるんですが、
    背面の動力パイプのせいでほぼ動きません。。
    ゾゴ4
    武装するとユニコーンVer.らしくなりますね。
    ゾゴ6
    ヒートソードの刃が発熱状態クリアーパーツと通常時の2枚、柄の部分が一本付属、シュツルムファウストが二本、マウント基部パーツが付属。
    ヒートソードはパチ組みなら付け外しできますが、継ぎ目を消したいならどちらか選んで接着することになります。

    ゴムゴムのピストル!!!
    ゾゴ3
    伸びた上体のパーツは二つ付きます。繋げられるんでかなり長い状態を再現できます。

    拳は左右握り手、左右武器持ち手の4つです。欲を言えば平手も欲しかったトコロ。
    で、説明書には絶妙な写真の角度で一切写ってないんですがw、
    親指部分の外側には豪快な肉抜き穴が開いてますw
    最初、何かパーツを付け忘れたかな?と思ったほどですw
    ゾゴ5

    それと、背部の動力パイプのせいでほぼ動かない腰部ですが、
    バックパックを外してみるとちゃんとスペースが取ってあり、これはバンダイさんからの
    「腰を動かしたかったら改造しろや( ゚Д゚)y─┛~~」というメッセージではないかとww
    ゾゴ7
    いつものパイプスプリングとモビルパイプで多少は動くようにできそうです。
    しかしここMGの動力パイプでよく使われてる軟質素材を使ってくれたら良かったのにな~。

    全体的には抜群のプロポーションですよね。
    組み立てやすそうだし、グフと同時進行で行きたいと思います(゚∀゚)

    m9っ`Д´)カミングスーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!

    1/144 HGUCグフ製作その④ 

    灼熱のアッザム・リーダー並みの暑さが一段落したかと思えば、
    また梅雨に逆戻りかというくらいのハッキリしない天気が続いてますが(from大阪)
    暑いより全然捗るからいいんですけどね~。
    夜はもうすっかり秋ですねぇ…今年もあと4ヶ月ですか~。早いな~(;^ω^)


    さて引き続きグフです。

    頭部ですが、後ハメもかねてモノアイを可動するようにしました。
    やりかたはHGUCザクと同じく、底をくりぬく方法ですが、
    ザクより寸法的にシビアなのでちょっと難儀しました。
    グフ15
    適当なディテーツアップパーツにプラ板を巻きつけ、縦にスジボリを入れたものに、
    浅いバーニアパーツにHアイズをはめた物を接着。
    後でヘルメットを接着して継ぎ目消し、モノアイは下から差し込みます。

    フロントアーマーはポリヒンジを仕込んで簡単可動。
    グフ16

    太腿はプラ板で左右に1mm、上下に0.8mm幅増し。
    SSPパテをエッジ部分に盛り付けてちょっと太くしました。
    グフ17
    ただいま絶賛気泡埋め&欠けの修正中です。
    股間軸はグフのものを真鍮線を通して移植。

    で、現状です。
    肩ブロックと上腕は0.3mmプラ板で囲って太くしています。

    足首の部分ですが、HGUCグフカスタムのがいい形だったんで、
    部品注文しようと思い、
    友人のぺにーさんのブログ、HG専科の部品注文の記事を読みつつw
    注文カードも書いて、さぁ定額小為替を買って送るぞ、という朝。

    いざ完成品の現物を合わせてみたら、グフの脛のBJの軸が長いという事が発覚w
    長けりゃ短くしたらいいんじゃね?と思ったんですが、脛はもう組み立て済で、
    ここから工作する根性もなく…(;´Д`)

    まぁ別に気にならないといえば気にならないんで、このままでもいいっかなー(´∀`)
    という気持ちと、
    せっかく作ってるんだから、めんどくさがらずに工作すりゃいいんじゃね?Ψ(`∀´)Ψ
    と、天使と悪魔が戦ってますww
    今は、このままでいいという天使が優勢なんですがw
    グフ18
    なんか太腿はもう少しドンッ!って感じに太くすればよかったなぁ…と(;´д`)ゞ←もう遅いw
    なんか無難な感じのバランスになりましたが、まぁ悪くないんじゃないかと思います。
    まぁ塗装すれば大分印象変わりますし。。


    ゾゴック多分5日には店頭に並びますね~。
    買ったらグフとゾゴックの2体同時に行きたいと思います((o(´∀`)o))ワクワク