06 | 2013/07 | 08

    1/144 HGUCグフ&ドダイYS製作その① 

    いや~、暑いっすね~ι(´Д`υ)アツィー
    これだけ暑いと全然やる気がおきません。。

    製作中のリゲルグも絶賛停滞中でございます。

    なので、新しい刺激を…と思い、先日ドダイを購入したこともあり、グフを作ろうかと思います。
    最近作りかけのものが減ってきたな…というのもありますがw

    で、仮組み。
    グフは発売当初に組んだことがあるんですが、もう13年前ですか…(;^ω^)ギリ20代の頃ですねw
    ドダイにいたっては、発売が確か小4の頃なんで、組むのは約32年ぶりということになりますね~(;´Д`)アウ...

    このドダイですが、当時、近所の模型店で発売日に手に入れられず、
    ショーケースの中に飾られたこいつを、閉店の夜九時まで眺めていた…という思い出がありますw
    今思えば、まるでショーケースの中のトランペットを眺める貧しい黒人の子供みたいだった事でしょうねww

    グフ3
    うん、これはこれでカッコイイ…とは思いますが、
    自分の中のグフのイメージとは違うのも事実。
    やっぱ足が細長く、頭が小さくヒーロー体型になっています。
    グフ2
    ホコリをかぶったwグフver.2.0と並べてみます。
    自分の中でグフ2.0はかなりイメージに近いんで、こんな感じのバランスに近づけたらいいんですけど。

    具体的には、
    ・頭を大きく、口を長く
    ・太腿を太く、延長。
    ・スネを短く、長さをツメる
    ・肩アーマーが胴体にかかるように
    ・スカートの可動

    スカートの可動なんて、今の自分にはちょっと厳しくね?(´ε`;)
    とは思うんですが、
    太腿を太くは絶対やりたので、それをやると可動範囲の関係上どうしてもスカートは動かないといけなくなるんですね。
    頭を大きくとかも難しそうです。モナカ割りの部分なら、プラ板を挟むだけで済むんですが、
    HGUCは上下分割ですし…(^^;
    グフ1
    仮組んだドダイに乗っける。
    意外とドダイの上はスペースが狭いです。ちょっと足を広げるともう尾翼の根元に当たってしまいます。
    まぁネオジム磁石を仕込むのは確実にやるでしょうね~。

    結構時間がかかりそうな気がしますが、8/9にドーベンも発売されたらそれを真っ先に組むつもりなんで、
    まぁグフには期限は設けずにのんびりやりたいと思います(;^ω^)スウネンゴ…?
    スポンサーサイト

    1/144 リゲルグ製作その⑤~再起動 

    リゲルグ再始動しました。
    前回が去年の三月というコトで
    おおよそ一年半ぶりに弄ることになります( ̄ー ̄;ヒサシブリダナ…
    リゲルグ1
    バックパックのプロペラントタンクですが、
    長い方がカッコよかろう…と安易な考えでw
    買ってきたwaveのGロングタンクにスジボリを入れてそのまま使いました。
    きっ、切るのが面倒だったんじゃないんだからね!勘違いしないでよね!

    リゲルグ2
    バックパックは3mmプラ棒で、本体の穴を広げて接続。
    長すぎ…?丁度いい…?短いほうがいい…?いまいち確信がもてませんw
    ま、これでいいっか。(←軽いw)

    余談ですがアッグガイのヒートロッドを修正しました。
    アッグガイ24
    スプリングの下に銅線で動くようにしてたんですが、スプリングが思った以上に伸びるので、
    中でフリーだった銅線が根元のあたりで芯の役目を果たさず、プランプラン状態だったんですが
    (何書いてるか意味が伝わってないと思いますがw(⌒_⌒;)

    基部の腕の先端パーツに貫通させる形で穴を開け、銅線のかわりに糸ハンダを通して接着しました。
    これで前回、腕を振り上げると根元で折れ曲がっていたヒートロッドも自由に動かせます。
    やっとこれで本当にアッグガイ完成と相成りました。

    1/144 アッグガイ製作その⑦~完成!したけれど(´ヘ`;)ウ~ム 

    いやぁ…

    あんだけ「日曜日の完成はかたい」とか言っておきながら…ヾ(゚д゚;)スイマセン


    結局明けて月曜になっとるやないか!!ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛Σ(ノ´Д`)ノ
    更新するする詐欺か!!(((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・


    実は、完成したつもりで、23時ごろ写真をとってたんですよ。

    で、背面を撮ろうとしたとき、スカジは気づきました。


    「バ、バーニアが…無いっΣ(゚Д゚;)」


    そうなんす。バーニアの存在をすっかり忘れてたんですねw(ちなみにまだランナーについたままでした)

    で、そっから慌てて塗装して、現在に至る…とw

    本体自体は昼過ぎには完成していて、余裕ぶっこいて出掛けたらこのザマですw

    とまぁ若干遅れましたが、アッグガイ完成しました~ヽ(*´∀`)ノ
    アッグガイ16
    まぁ細部が荒いのはいつものこととしてw
    今回は、”予定通りにいかなかった箇所”がけっこうありました。
    モノアイが厚みで可動しない、というのは前に書きましたが、

    ・モノアイの六角形モールドのパーツと透明パーツの接着にエポキシ系接着剤をつかったんですが、
    どうしても隙間に空気が入り、綺麗に接着できなかった。
    ・ムチの芯に銅線を使ったんですが、根元で穴をあけずに通しただけにしたため、根元でプランプランになった。
    の2点です。

    とくに2点目のムチの失敗はけっこう痛いんで、機会があれば作り直したいですね。
    アッグガイ18
    よこから。前頭部にもっとボリュームがあった方がいいのかもしれません。
    アッグガイ19
    うしろから。
    今回はデカールはホント最小限にしたんですが、背部にももう少し貼ってやれば…って毎回言ってるw
    アッグガイ20
    みぎから。
    アッグガイ17
    「ベラのムチは痛いよっ!」by妖怪人間ベラw
    ちなみにモノアイの可動域はこれで限界w
    アッグガイ23
    VSジムキャノン。
    「ダーリン電撃だっちゃ~!!!」byラムちゃんw
    アッグガイ21
    試作メカ三兄弟と。
    こうなるとゾゴックの発売が待ち遠しいです。

    今回は反省点が多かったんですが、まぁ当初の目標だった、
    ”HGUCジュアッグと並べられるもの”というのはまぁ達成できたんじゃないかな…と(;´∀`)←自画自賛w


    次は…ザブングルかリゲルグ…かな?
    今日ドダイYSのキットを手に入れたんで無性にグフ&ドダイも作りたいです(゚∀゚)

    1/144 アッグガイ製作その⑥~絶賛塗装中。。 

    ♪夏、ナツ、ナツ、ナツ、ココナッツ・クラッシュ~
    愛、アイ、アイ、アイ、アイアンクロ~
    (ふたりの愛ランド /石川優子&チャゲ)

    と、中一の時に内輪で流行った替え歌を歌ってみたところでw
    暑い…いやぁすっかり夏ですねぇ…(^^;

    気が付けば一週間以上も更新が滞ってました(⌒_⌒;

    なにもしていなかった訳じゃなくて、
    サフ吹いてその後の修正がえらいことになってたんです。

    まぁポリパテ盛ったパーツ全部修正でしてw
    気泡埋めやらなんやらでえらく時間を食ってしまいました
    スジボリのはみ出しの修正とかね。。それでも完璧には修正できませんでした。
    いったいどうすればスジボリが上手くなるんでしょうね…w

    今の塗装後にも、「あ、ここポリパテ剥がれかけてる…」みたいなとこもありましてw
    二年前の自分はポリパテに瞬着混ぜるなんてことしなかったんでしょうね。
    ペーパーかけて薄くなったところが数箇所浮いてきました(; ̄ー ̄A

    アッグガイ14
    まぁこの感じだと次の土日には完成できるかな~。

    COMING SOOOOOOOOOON!!!!!!!m9っ`Д´) ビシッ!!

    1/144 アッグガイ製作その⑤~やっとモノアイできたε=(。・д・。)フー  

    モノアイを試行錯誤しだしてかれこれ2週間。

    結局、透明のプラ板にミス無くスジ彫りを入れるのは今の自分には到底不可能…と悟り、

    0.3mmプラ板を六角形に切り出し、それを貼り並べることで再現しました。
    アッグガイ12
    写真はスミ入れしてあります。

    しかし…自分は子供の頃から周りに器用だと言われ、
    自分でも人よりは器用だと思ってこれまで生きてきたんですが…

    まず一つ六角形にプラ板を切り出す→それを元にプラ板に両面テープで貼り付け、同じように切りだす。

    という、誰にでも簡単に同じ形のものができるであろう、というやり方でも
    全然同じ形のものができないという…orz

    不揃いのものを貼り合わせてるので、かなり適当なものになってしまいましたil||li(つд-。)il||li

    とはいえ現状これ以上のものを作れる気力も技術もないので、
    これをシルバーで塗り、上からクリアーイエローに塗った透明プラ板を合わせようと思います。

    ここでさらに問題が…

    アッグガイ11
    透明パーツだけよりも都合0.6mm分厚くなったので、
    せっかくネオジム磁石を仕込んであるんですが、ほっとんど動かなくなってしまいましたw(ノд`@)
    もう、"動く"というより"ズレる"と言った方がいいレベルですw
    ちなみにこれが右への最大可動www

    そして恒例の間違い探し。
    アッグガイ13
    太腿などにスジボリを入れ、スネのディテールはプラ板で再現しました
    (ここの3本スジを開口するのもかなり苦労しました。出来上がりが非常に不安ですw)
    口のダクトはモールドの入ったプラ板で作り、ポリパテで鼻スジにエッジを作りました。

    工作自体はこれで終了となります。
    これからとえりあえず一度目の捨てサフを吹いて表面処理ですね。

    塗装までの道のりはまだまだ長い…(; ̄ー ̄A

    1/144 アッグガイ製作その④~進み行く時間と進まない作業w 

    あぁ…今年も今日から後半戦ですねぇ…
    年をとると、ほんと時間が過ぎるのが早くて嫌になります(;´∀`)モウスコシデ42ダヨ…

    さて自分の中では最難関のモノアイですが、
    どうやって作ろうか…といろいろ試行錯誤しました。

    まず、最初はアッグガイのモノアイとしては最早定番かという、
    反射板を使おうと考えました。
    アッグガイ7
    画像右の反射板を丸く切り抜こうか…と思ったんですが、加工が難しそうなんで断念。

    ならば、反射板の内側の凹凸部分をおゆまるで型をとり、
    エポパテで押し付けて凹凸のついたパーツを丸く整形すればいいんじゃね?と実行してみたんですが(画像左)
    何度やってもシャープな形に複製できず断念。
    アッグガイ9
    それじゃあ…と1.7mmのプラ板を丸くサークルカッターでけがいて、
    そのまわりを小さな穴を開けることで切り取り、それを丸く整形するという方法。

    これも2度やって納得するか形にならず、

    (ノ`Д´)ノ彡┻━┻ヤットレルカオラーッ!!

    となり、もう普通のプラ板を丸く切り抜いてスジボリ入れようか…と思ったんですが、
    3度目でやっとまともな形になりました。

    アッグガイ8
    予定では透明プラ板の裏側にアルミテープを貼り、その裏に
    真ん中をくり抜いたプラ板にネオジム磁石を埋め込もうかと。。。

    モノアイレール裏には折れたデザインナイフの刃を貼りつけ、モノアイが多少自由に動かせるように。

    ま、あくまで予定なんで、これからどう転ぶかはわかりませんww
    難関の複眼のスジボリもまだですしね。。

    アッグガイ6
    腕先ですが、エポパでポリキャップを埋め込んで軸で回転できるようにしました。

    で毎度恒例の間違い探しw
    アッグガイ10
    腕にジャバラみたくスジ彫り入れたんですが、なんかしつこいかなぁ…

    くるぶしの部分は旧キットのものを切り取りポリパテで形を合わせました。

    ヒートロッドは四本ともこんな感じにしたいんですが、モビルパイプの数を考えたら気が遠くなりますね~


    いや~まだまだかかりそうですなぁ…七月いっぱいでできればいいかな…(υ´Д`)アツー