05 | 2012/06 | 07

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Mr.SSP 瞬間接着パテ レビューみたいな。 

    数年前から気になっていた材料なんですが、
    最近作るものがニコイチが多くなってきたので思い切って購入。
    ヨドバシで購入して¥1460円だったのですが、
    定価はいくらかな~と思い調べてみるとなんと
    定価:1,760円/1,848円(税込)




    ( ゚д゚)高っけ…


    ビバ!ヨドバシって感じですね。
    無くなったら次また買うかどうかわかりませんw

    パッケージです。
    120626_212905.jpg
    萌え絵にするのはやめてほしいですねw
    ちょっと買うとき恥ずかしいですww

    中身はこんなん。
    120627_003154.jpg
    ●HG液10g/2本 ●HGパウダー/4.5g ●硬化遅延剤/2g
    シート ヘラ スプーンが入っています。
    HGパウダー4.5gというのは数字の印象では何かちょびっつなカンジですが、思ったよりたくさん入ってる印象。

    付属のスプーンすり切り一杯につきHG液が12滴が基本ということで、
    まずは基本どおり混ぜてみます。
    混ぜると瞬間接着剤特有のあの刺激臭で目が痛いですw
    食いつきは良好で、ポリパテみたいに薄く盛ると剥がれてしまったりとかはなさそう。
    120627_004125.jpg
    ゾゴックの肩後ろにエッジを作るため盛り付けてみました。

    しかし説明書では数分かかると書いてあるのに、わずか1分足らず程度で完全に硬化。
    あまりに硬化時間が早すぎる…(‐”‐;)
    盛り付けている最中に硬化が始まってしまい、半分くらい無駄にしてしまいました。

    アマゾンレビューによると10秒程度で硬化して使い物にならないというレビューもあり
    以前のアルテコSSPだったときとは成分の割合が変わっているそうで。
    あと温度や湿度で微妙に硬化時間が変わるみたい。
    おそらく苦情が殺到して現在では硬化遅延剤がセットされているのでしょう。

    ちなみに写真を撮った後、硬化遅延剤を混ぜて試してみたのですが
    硬化遅延剤を1~2滴加え、HG液をその分減らすということで、
    とりあえず1滴。
    ですがあまり変わりが無く、やはり1分程度で硬化し、半分ほどパテを無駄にするハメに…
    2滴が適量なのか!?
    と思い、試してみると、やっと2分弱ほど作業時間が取れ、満足に盛り付けることができました。
    ですがやはりのんびりしている暇はなさそうです…

    硬化に5分くらいかかればもっと余裕をもって作業できるのになぁ…
    120627_004956.jpg
    とりあえずアートナイフとタイラーで切削(ちょっと盛り付けが足りてないですが)

    プラのような切削性とのコトですが、たしかにポリパテよりは硬く、
    エポパテよりは弾力性が無い感じでサクサクと削れます。
    薄くする部分を作ったりするのに良さそう。
    ポリパテみたいに切削中に欠けることもなさそうですしね。

    まぁやはり値段がネックですね~(。-`ω-)
    ポリパテとこれと適材適所で使い分けていくことになりそうです。
    全部にこれ使うともったいないもんね。
    せめて1000円くらいになんないかな~(←結論w)

    以上、誰得のMr.SSP瞬間接着パテレビューでした。


    2013.10.04
    ~追記~

    今、とあるプラモにSSPを使っているんですが、
    季節柄か、使用感が違ってとても良好です。

    上の記事は梅雨真っ只中に使用していて、
    このパテは湿度、温度などにかなり影響されるみたいですね。

    上の記事と同じく、HG液11滴に硬化遅延剤1滴という割合で使用すると、
    梅雨時期みたいにすぐ硬化を始めるわけでもなく、
    3分ほどで徐々に硬化し始める為、盛り付け時間も充分にとれています。

    HG液と硬化遅延剤の割合は、あくまで自分がベストだと思う割合なので、
    皆様いろいろ試されればいいと思います。

    夏季に使用はちょっと厳しいかもですが、秋~春の湿度が低いシーズンには充分に
    その利便性の高さを発揮してくれると思います(^^)

    やはり硬化が早く、作業性がいいのはポリパテ以上ですので、
    使い切ったらまた買い求めようと思っています。
    ちょっとお値段は張りますけどねw


    スポンサーサイト

    1/144 ゾゴック製作その② 

    しばらく放置中だったゾゴックを本日弄ってみました。

    当初、旧キットの形状で関節部だけHGUCズゴックを使おうと思ってたんですが、
    HJの7月号で1/100ですが作例が載ってまして、これがカッコ良くて(*´∀`)

    この形状を目指そうと思ったのと、HGUCジュアッグと並べたいがためUC版で製作することにしました。


    前回から顔?にポリパテを盛ってエッジをつけてみました。
    同時に下端もポリパテで形状を変えました。
    フンドシ部分もエポパテで形状を変えたんですが、
    最初は旧キットの形状ぽくいくつもりだったのでエポパテを盛ったんですが、
    最初からUC版のつもりならズゴックのものをすこし加工するだけでもよかったかも。
    腹のカッター?の下の一番細くなってる部分はポリパテで(色でわかりますよねw)
    形状出しで240番のペーパーで荒削りの段階なんでまだまだ盛り削りがいりますね(。´-д-)疲れる。。
    120623_213634.jpg
    そして立たせてみました。
    足首の加工はまだなんで上に乗っけてるだけです。
    120623_213345.jpg
    まぁバランスはこんなもんでいいかな。

    余談ですがこの写真を撮るときズゴックの右肩のABSのBJの受けがアッグに続きまた
    パキッ!と音を立てて割れました(´□`川)ゝヵ゛-ン
    ABSもろいなぁ(´Д`;)
    とりあえずまた黒瞬着で補修して、ゆるくなったのをボールを太らして対処するつもりですが、
    部品取りでキット買おうかなぁ…ズゴック安いし…でももったいないしなぁ(セコい)
    それとも部品注文するかなぁ…でもめんどくさいなぁ…

    1/144 アッグ製作その⑥ 

    すっかり週イチ更新が定着してしまったアッグさんです。
    120616_163527.jpg
    口の部分を接着面で1.2mmのプラ板で幅増し。
    ジョイントポリパーツを組み込んで可動できるように。
    レーザートーチの先部分はHGUCマラサイのビームライフルの銃口です。
    ボディの方に基部を作って穴を開けてやり差し込んでいます。

    120616_163636.jpg
    ドリルの先が丸いので穴を開けてやり、同径のランナーを接着した後に鋭くなるように削ってやります。
    モールドを一応入れてやりましたがサフを吹いたらどうなっていることやら…(^^;

    120617_220457.jpg
    そして本日の仮組みです。

    両肩のノコギリ状のパーツはヒケが目立つので一枚一枚ウェーブの黒瞬着で埋めています。
    肩関節を新造したため適当に切り欠いて上から差し込む形に。
    よって回転は不可能です(´エ`;)

    口の動力パイプはアルミ線+モビルスプリング+モビルパイプの3重構造になってます。
    動力パイプつけると口が可動しなくなるんじゃ…と思ってたんですが問題なく動きました(;´Д`Aヨカッタ
    頭部のパイプも同じ構造にする予定です。
    う~ん6月中の完成は難しそうだな(A;´ 3`)

    1/144 アッグ製作その⑤ 

    なんとなく停滞中のアッグさんです。
    120610_194053.jpg
    下腕に関節技のBJの受けをWAVE黒瞬着で強引に固定。
    開口部は削って少し広げます。
    120610_194651.jpg
    そして足の裏ですが、同じホバー移動ということで、
    ジャンクになっていたHGUCドムの足の裏のモールドを切り取って移植してやります。
    まだバランス見ということで乗っけてみただけですがw
    まださびしいのでもうすこしディティールアップをする予定です。

    そして以前書いたように軟質プラ棒でホバーの外側部分を作ってやったんですが、
    材質が柔らかいため自分の腕ではシャープなスジボリが入れられないことが判明…orz
    どうしようかな~と考え中です。スジボリ要るかな~?

    そして本日の仮組み
    120610_215805.jpg
    前回から腕がついただけですがw

    ※この仮組した際に右足の股関節の受けがパキッ!と音を立て
    股関節がプランプランになりました…割れたみたいです…ヨヨヨョョ。+゚(ノд`*)゚+。ョョヨヨ∃
    最悪固定になるかなぁ…

    1/144 アッグ製作その④ 

    なんとか6月中には完成させたいアッグさんです。

    120603_213816.jpg
    お顔の改修。
    まず正面の支柱を0.5mmプラ板に作り変えました。
    そしてジャンクパーツのHGUCゴッグの腕ジャバラの一番太い部分を加工してスジボリを入れモノアイレールを。
    フラットバーニアとHアイズでモノアイを作ってやりました。
    太いポリ棒で回転できます。しかしコレどうしようか?
    頭部パーツを取り外しできるようにして動かせるようにしないといけないんですが
    全部接着してやったほうがラクなんですけどねぇ。
    完成後につまようじかなんかつっこんで動かすかなぁw

    120603_213644.jpg
    足部分ですが、切り離した甲部分に動かした時に見えるであろう部分をポリパテで作ります。
    あとでスジボリを入れます。
    そしてダブルボールジョイントで上下を接続。
    しかし予想通り大して動きません(こんなのばっかw)
    まぁ仕方ないっす。こういうのを繰り返してだんだん上手く作れるように…
    なればいいなぁ(-∀-`; )

    120603_213349.jpg
    そして仮組み。
    前回の仮組状態と比べるとやっぱモノアイが入ると完成に近づいた気がしますねw

    あとドリル腕にポリの受けを入れるのと、
    口を可動させたいんですが、使う予定のポリパーツの保持力が弱いのと
    動力パイプの関係で多分まともに動かないと思われますがw
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。