04 | 2012/05 | 06

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 アッグ製作その③と(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー! 

    これは何だ?と誰もが思うこのパーツ…
    120526_230151.jpg
    じつはHGUCゴッグのジャバラ関節パーツを使ったアッグの肩関節パーツです。
    あまりカッコのいいものではないのですが…(-∀-`; )
    下手にゴッグのジャバラを使うことに拘ったためなんだかとても面倒な事にw
    ゴッグの一番太いジャバラの内部部品をプラ板で囲い、5mmプラ棒で内部に位置を取るための脚をつけ、
    エポパテを盛りキットの裏側に押し付けて接着面を作り、
    最終的にはウェーブの黒瞬着でガッチリ固定。

    ゴッグの肩から上から2つ目のジャバラから使ってるんですが、
    それを普通のキットみたく肩から生やすと腕が長くなりすぎます。
    では3つ目から使うともちろん短くなりすぎ。
    では一番下の細いジャバラパーツ(アイアンネイルにつく部分)を使わずに、
    上から2つ、3つ目のパーツだけを使えば、太くなりすぎと『帯に短したすきに長し』状態。
    ということで苦肉の策としてかなり内部から関節部分をとることに。
    120526_230333.jpg
    だから肩付け根の関節はほとんど可動範囲がありません。
    120526_230907.jpg
    上下にこんくらいww
    まぁ元キットよりはマシかな
    アッグってそれほど多様なポーズとるMSでもないしな、と自分に言い聞かせながらw
    120527_152942.jpg
    股関節ですが、これも脚の内部にイエローサブマリン関節技BJの受けをプラ板で底上げして黒瞬着で固定。
    120527_153324.jpg
    そしてカットしてやったモノアイから上の部分を接着面で1mmほど幅ツメ。
    キットよりもモノアイの下の段差をさらにつけることであまりにも丸い印象が緩和されるのを狙ってます。
    股間のインテーク(コクピット?)部分は角度を変更して削った後、
    ジャンクパーツの旧キットジュアッグの口パーツを接着、整形。
    120527_153930.jpg
    そして仮組み。

    股間が思ったほど開きません(;´Д`A
    原因は股関節ボールジョイントの付け根にバーニアパーツやら色々使ってるために太くなっている為です。
    アッグはスカートアーマーがないデザインなので、
    ボールジョイントの棒一本だけにするわけにもいかず、悩ましいところです。
    いろんな方のブログで作品をみてもみなさんここの処理には苦労されてるようです。
    せめて1/100だったらなぁ…
    削り込みでもうちょっとなんとかしてみるつもりです。





    そして昨日、やっとこいつを受け取りました。
    51WQIpcf+TL__SL500_AA300_.jpg
    アマゾンで予約してたのですが入荷が遅れた模様…orz
    仕事で受け取りも遅れ、やっと昨日受け取れました。

    いや~やっぱ何度聴いてもイイ!(o・∀・)b゙
    これほど中毒性のある曲は久々ですww
    http://www.nicovideo.jp/watch/sm17508831
    (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
    (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
    (」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

    再生数180万回越えって…ww
    スポンサーサイト

    1/144 アッグ製作その② 

    アッグちまちま進んでます。
    120519_140458.jpg
    まず股関節をHGUCガンダムのバーニア(廃品利用w)、Uバーニアフラット、イエローサブマリンの関節技ボ-ルジョイントで新造。
    以前の関節位置よりすこし上部の接着します(画像は両面テープで仮留め状態です)
    あ、頭部?顔?部分は段差の部分でカットしました(モノアイを可動させたいが為)
    多分このほうがいろいろと加工しやすくなるかと。
    120519_140547.jpg
    そして靴部分ですがさらなる大型化を図るため、ポリパテで裏打ち後、ホバークラフトのモールドを削りました。
    上が加工前、下が加工後です。
    120519_140619.jpg
    削った後はコイツでホバー部分を作ってやるつもりですwあくまでつもりw
    自由に曲がる!とのうたい文句でしたがホントにけっこう曲げられます。
    普通のプラ棒を火であぶって曲げると曲げた部分がどうしても変形するんですが、
    これはきれいに曲がります。他にもいろいろと使えそうなカンジ。
    ただやはり角Rが大きくなるのでやっぱりちゃんとカットして45°で削って接着したほうがいいかな~

    あと腕のジャバラにHGUCゴッグが使えるかと思って買ってきたんですが、
    軽くあわしてみたらなんとなく微妙なカンジ…orz
    足の裏のパーツも使えるかと思ったんですがこっちも微妙…(--;
    結局積がひとつ増えただけかもw

    さて、今日はこれからユニコーンのep5を観てきます。
    楽しみ~ヾ(*≧∀≦*)ノ


    あとぜんぜん関係ないんですがなんとなく珍しい?ものがあったので貼っておきます
    なかなか面白いです。お暇なときにでも。やっぱ昭和はイイ(o・∀・)b゙
    1981年12月8日 蔵前国技館
    初代タイガーマスクVSエル・カネック
    タイガー場外へのライダーキックで足骨折w

    昭和57年5月26日 蔵前国技館
    初代タイガーマスクVSブラック・タイガー
    タイガーのムーンサルト!

    1/144 アッグ製作その① 

    HGUCジュアッグが完成したのに気を良くして、
    アッグにも手を着けることにしました。
    アッグガイもゾゴックも依然製作中ではありますがo┤*´Д`*├o

    多分小5の時に作って以来なんで
    30年ぶりの製作になりますね。

    かなり出来が良かった印象があったんですが、
    これ完成品写真。
    41tqy+VcmXL__SL500_AA300_.jpg
    設定画はコレ。
    120512_232606.jpg
    今見るとやっぱり気になる部分がチラホラ…

    キットはボディがすごい球状なんですが、
    設定画ではたぶんタルを横にしたような形なんでしょうね。
    それはもうどうしようもありませんけど…そんな腕ないし(^^;

    とりあえず、
    120513_013932.jpg
    モノアイ部分をくり抜いて、
    足の甲と靴の部分をカットして、靴の部分をプラ板で左右に1.2mm、前後に2.4mm幅増し。
    まだ整形してないのでホントに挟んだだけですがw

    予定ではHGUCのゴッグの靴みたいに、間にジャバラ状のパーツを作って、
    ボールジョイントで動くようにしたいなぁ…と。

    あと改修予定としては、
    肩とヒジ?関節部をボールジョイント化。
    股関節をボールジョイント化。
    股関節のダクトの角度を変更する
    ぐらいはしたいですね。

    股関節の位置を上げてやれば妙な腰高感か薄まってどっしりとした感じになるんでしょうが、
    このキットただでさえ小さいんで、これ以上身長を下げたくないんですよね~(´エ`;)
    ホントは1/100キットの方が出来がいいしでかいからいじりやすそうでよかったんですが、
    どこにも売ってない…orz
    1/100なら腕のジャバラにHGUCズゴックとか使えそうなんですが。
    1/100のゾゴックとかはヨドでも普通に売ってるんですけど、アッグは見ないんですよねぇ。
    再販かかっても早々に売り切れるんですかね。

    いつものごとくいきあたりばったりの製作なんで、形になるか不安ですw
    皆さん改造するときは設計図みたいなの描かれるんですかねぇ…


    1/144 HGUC ジュアッグ製作その⑦~完成 

    前回どこまで書いたか忘れるくらい久々の更新ですが、
    やっとジュアッグ完成しました。
    ■いつもの角度                    ■真正面
    120506_215658.jpg120506_215746.jpg
    ■左横                          ■背面
    120506_220235.jpg120506_215811.jpg
    ■頭頂部
    120506_215844.jpg
    スジボリ追加したところを塗り分けしてみたんですが、なんとなくレドームぽく見えたら成功ですw

    ■ジュアッグさんキメポーズ
    「狙い撃つぜ!!」
    120506_215610.jpg
    ■ハイマットフルバーストモードw
    120506_215945.jpg
    あ、結局弾頭は塗り分けてませんww

    塗装は、
    サフ→自家製ベースグレー→基本色+デカール→トップコート半光沢→ウォッシング→トップコートつや消し
    の順です。
    ベースグレーの上からエッジ部分にグレーが残るように基本色を塗装しました。

    ■塗装レシピ(全てMr.COLOR)
    黄土色部分→ダークイエロー
    茶色部分→艦底色+黒
    白部分→ガンダムホワイト5
    赤部分→ガンダムレッド1
    濃グレー部分→自家製ベースグレー
    バーニアとか→メタルカラーダークアイアン

    ウォッシングはエナメルのジャーマングレーで。

    砲口のすす汚れなんかはタミヤのウェザリングマスターのススで。

    デカールはガンダムデカールDXと、MGザク用、色々なMG付属のドライデカール、ガンダムシールなど
    適当にチョイスしました。

    モノアイはHアイズに裏からアルミシール。

    すっごく普通に仕上がったという印象ですね。
    ウォッシングしたら凄く汚くなってしまいました…orz

    まぁでも2012年のこの時代にこんなに出来のいいジュアッグを作れるなんてきっと幸せなことですね。
    次はぜひゾゴックをバンダイさんにはお願いしたいです。

    さってと、次は何つくろうかなぁ…
    こいつと並べたいから、アッグガイ進めようかなぁ…
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。