10 | 2017/11 | 12

    wave ハンディルーターMk.1-ACと雑記 

    ■ハンディルーターMk.1-AC

    以前、ウチのなんちゃってモーターツールと題して、
    雑貨屋で安価で買った爪のお手入れ用電動ヤスリを使っている、
    という記事を書いたのですが、最近コイツの動きが悪くなってきてしまいました。

    以前から「もう少しちゃんとしたの欲しいな~」と思ってたこともあり、買いました。

    ♪タラララッタラ~

    「ウェーブ、ハンディルーターMk.1 AC~」(CV:O山Nぶ代)
    roo3_R.jpg
    金額的に8千円くらいが上限で検討して、プロクソンのミニルーターセット NO.28512-SKと迷ったんですが、
    ・プロクソンというメーカーの製品を使った事がなかった(逆に言えばホビーメーカーとしてwaveの方が親しみがあった)
    ・金額的に同じくらいなんで性能には大差はないであろう…と思った。
    ・商品画像からプロクソンのほうが取り回しにくそうな印象がした(あくまで個人的な印象です)
    ・ヨドバシではプロクソンのミニルーターセット NO.28512-SKが売ってなかったw(ヨドバシで買いました)
    ・ヨドバシでの評価で「軽くて扱いやすい」みたいな評価があり、総合でも高かった。
    という以上の理由でウェーブのを選びました。

    開けてみると
    roo1_R.jpg
    しっかりと梱包されています。「あれ?中身こんだけ?」とも思いましたがw
    持ってみると
    roo2_R.jpg
    自分の手はほぼ標準的な大きさだと思うんですが、こんなぐらいの大きさです。
    改めて見ると、カルシウム不足がわかる手ですねw(/ω\)ハズカシイ
    自分の感覚で言うと、結構軽いです(本体約90g)
    指先が当たるところに窪みがり、持ちやすいように工夫されています。
    本体上部のダイアルでON/OFFと回転数が調整できます。目安として目盛りとかあったら良かったんですけどね。

    付属の先端ビットは8種類。
    roo4_R.jpg
    プラモデル用に小さめのビットが揃ってるのがいいですね。
    買ってすぐ使えるのは非常に有難いです。
    一通り試してみましたが、本体軸のブレもなく、回転も安定しています。
    でも回転数を最大まで上げるとなんかちょっと怖いですww(←ビビリw)

    まだ本格的な作業はしてないですが、ちょっとした加工には重宝しそうです。
    ニコイチとかする時大活躍しそう。
    惜しむらくは、今年はまだ何もニコイチしてないって事ですかねw(去年だったら良かったのにw)


    ■1/72 タカラ製 クラブガンナー
    roo5_R.jpg
    先日、ヤフオクで若干安めで手に入れました。箱絵がクソかっこいいです(´∀`*)
    小学生の時から作ってみたかったんですよね~。プラモ狂四郎にも登場してましたしね。
    1/48は作ったことあるんですが、1/72を組むのは初めてです。
    roo6_R.jpg
    部品を見てみると、なんと溶接跡のモールドまで入ってるんですね!
    (ぶっとい、ぶっとい溶接跡ですがw)
    あと部分的に梨地加工されてたりと、タカラの気合の入り具合がうかがえます。

    頼むから、マックスファクトリーでキット化しないでくれ~ww
    あ、デザートとテキーラならOKです( ^ω^)カッテナコトヲ…

    ■けいおん!が五周年だそうです。
    roo7_R.jpg
    このポーズを見てXライダーのキメポーズを思い出したあなたは間違いなくオーバー40w
    いや~もう五年というかまだ五年というか…。
    今でも新しいけいおんのフィギュアが出るとついつい買ってしまいます。
    やっぱかわいいですね~(*´∀`)(5人そろえなきゃ)
    ところで、3期はもうないのかな~?

    蛇足と言われようがなんと言われようが僕は断然3期が見たい派です。
    だからAパートをカレッジ編、Bパートをハイスクール編で2クールやればいいじゃない!
    原作が無くても、京アニのオリジナルでやればいいじゃない!(僕は原作はそれほど面白いとは思わない派ですw)
    で、あずにゃんが同じ大学に入学してきて、またHTTを始めるよってとこで終わればいいじゃない!

    ないかなー。ないかー…(;^ω^)イヤ、オレハマッテルゼ



    スポンサーサイト

    ウチのなんちゃってモーターツール 

    最近は模型用のモーターツールなんかも安価で出回ってるようですが、
    自分はこういうのを使ってます。

    たらららったら~!
    120804_204116.jpg
    「女性のツメのお手入れ用のやつー!!(正式名称忘れたww)」(CV/大山のぶ代)

    これは近所の雑貨屋で確か500円くらいで買ったんですが、
    ツメのお手入れ用の電動ヤスリ?なのかな?
    先のピットは画像のカタチのものと、円板状のヤスリ(使ったことない)がついてました。

    これはなかなかスグレモノ…かどうかは知りませんがww
    一応スイッチで2段階で回転数が切り替えられるんですが、
    おそらくパワー不足でそれほど削れないんですが、そそっかしい自分には削れ過ぎなくて丁度良い。

    他の市販のビットと互換性はあるのか…それは試したこと無いんでわからないですけどw
    こういう作業の場合は意外と重宝します。
    120804_204037.jpg
    パーツに5mmという割と大き目の穴を開けたい…しかし貫通はできないのでリーマーは使えない時とか。
    まず太目のドリルで穴を開け、こいつで広げられます。
    120804_204334.jpg
    ダボ穴やピンごとまとめてパーツの中をくり抜きたい時とか。
    デザインナイフなんかで削りとるのは意外と大変です。刃先がすぐ折れますし。

    今はタミヤやクレオスから模型用の組み立て電動ドリルやリューターなんかも1000円ちょっとで出てますけど、
    まぁもし近所でこんな感じの商品が安価で売ってたらためしに買ってみてはどうでしょうか。意外と使えますよd(^^*)

    Mr.SSP 瞬間接着パテ レビューみたいな。 

    数年前から気になっていた材料なんですが、
    最近作るものがニコイチが多くなってきたので思い切って購入。
    ヨドバシで購入して¥1460円だったのですが、
    定価はいくらかな~と思い調べてみるとなんと
    定価:1,760円/1,848円(税込)




    ( ゚д゚)高っけ…


    ビバ!ヨドバシって感じですね。
    無くなったら次また買うかどうかわかりませんw

    パッケージです。
    120626_212905.jpg
    萌え絵にするのはやめてほしいですねw
    ちょっと買うとき恥ずかしいですww

    中身はこんなん。
    120627_003154.jpg
    ●HG液10g/2本 ●HGパウダー/4.5g ●硬化遅延剤/2g
    シート ヘラ スプーンが入っています。
    HGパウダー4.5gというのは数字の印象では何かちょびっつなカンジですが、思ったよりたくさん入ってる印象。

    付属のスプーンすり切り一杯につきHG液が12滴が基本ということで、
    まずは基本どおり混ぜてみます。
    混ぜると瞬間接着剤特有のあの刺激臭で目が痛いですw
    食いつきは良好で、ポリパテみたいに薄く盛ると剥がれてしまったりとかはなさそう。
    120627_004125.jpg
    ゾゴックの肩後ろにエッジを作るため盛り付けてみました。

    しかし説明書では数分かかると書いてあるのに、わずか1分足らず程度で完全に硬化。
    あまりに硬化時間が早すぎる…(‐”‐;)
    盛り付けている最中に硬化が始まってしまい、半分くらい無駄にしてしまいました。

    アマゾンレビューによると10秒程度で硬化して使い物にならないというレビューもあり
    以前のアルテコSSPだったときとは成分の割合が変わっているそうで。
    あと温度や湿度で微妙に硬化時間が変わるみたい。
    おそらく苦情が殺到して現在では硬化遅延剤がセットされているのでしょう。

    ちなみに写真を撮った後、硬化遅延剤を混ぜて試してみたのですが
    硬化遅延剤を1~2滴加え、HG液をその分減らすということで、
    とりあえず1滴。
    ですがあまり変わりが無く、やはり1分程度で硬化し、半分ほどパテを無駄にするハメに…
    2滴が適量なのか!?
    と思い、試してみると、やっと2分弱ほど作業時間が取れ、満足に盛り付けることができました。
    ですがやはりのんびりしている暇はなさそうです…

    硬化に5分くらいかかればもっと余裕をもって作業できるのになぁ…
    120627_004956.jpg
    とりあえずアートナイフとタイラーで切削(ちょっと盛り付けが足りてないですが)

    プラのような切削性とのコトですが、たしかにポリパテよりは硬く、
    エポパテよりは弾力性が無い感じでサクサクと削れます。
    薄くする部分を作ったりするのに良さそう。
    ポリパテみたいに切削中に欠けることもなさそうですしね。

    まぁやはり値段がネックですね~(。-`ω-)
    ポリパテとこれと適材適所で使い分けていくことになりそうです。
    全部にこれ使うともったいないもんね。
    せめて1000円くらいになんないかな~(←結論w)

    以上、誰得のMr.SSP瞬間接着パテレビューでした。


    2013.10.04
    ~追記~

    今、とあるプラモにSSPを使っているんですが、
    季節柄か、使用感が違ってとても良好です。

    上の記事は梅雨真っ只中に使用していて、
    このパテは湿度、温度などにかなり影響されるみたいですね。

    上の記事と同じく、HG液11滴に硬化遅延剤1滴という割合で使用すると、
    梅雨時期みたいにすぐ硬化を始めるわけでもなく、
    3分ほどで徐々に硬化し始める為、盛り付け時間も充分にとれています。

    HG液と硬化遅延剤の割合は、あくまで自分がベストだと思う割合なので、
    皆様いろいろ試されればいいと思います。

    夏季に使用はちょっと厳しいかもですが、秋~春の湿度が低いシーズンには充分に
    その利便性の高さを発揮してくれると思います(^^)

    やはり硬化が早く、作業性がいいのはポリパテ以上ですので、
    使い切ったらまた買い求めようと思っています。
    ちょっとお値段は張りますけどねw


    スジ彫りがするする彫れるΣd(ゝ∀・)ィィ!!! 

    …かどうかはともかくw

    スジ彫りが苦手な自分はどうしてもスルーする事が多いスジ彫りなんですが、

    足りない腕を道具でカバーしようと…

    先日コレを購入しました。

    GSIクレオスの『Mr.ラインチゼル GT65 』
    120315_233614.jpg
    これ、要は極小のPカッターで
    先端の形状が
    120315_234002.jpg
    こんなんなってるんですよね。

    本体には0.3ミリ幅の刃が付属してまして、
    1/144用に
    同時に0.2ミリの替え刃も購入(サイズは各種あります)

    ためしでジャンクパーツにフリーハンドで引いてみたんですが、
    刃に対して柄の垂直にあたる部分が平らになっており(柄の文字が書いてある部分)
    そこを意識することにより一定の幅に引く事ができます。

    刃も取り付け位置が動かないように根元が面取りされてます。
    いままでデザインナイフやけがき針(つかコンパスの針w)で引いてたんですが、
    直線部分には心強い味方かと。

    問題は曲線部分ですね~w
    一応、替え刃で『廻し彫り用』なるものがあるんですが、
    これはただの針ですねww

    便利そうな道具なんですが、一番のネックはその値段かとw
    本体(0.3ミリ刃付)がアマゾンで¥1,654円也(定価2310円)
    http://www.amazon.co.jp/gp/product/B002P67CTY/ref=oh_o02_s00_i00_details

    替え刃はサイズが小さくなるほど値段が上がっていき、
    いなみに0.2ミリ替え刃が600円です(´Д`υ)

    せっかく高い道具を買ったので
    これからガンガン彫っていきたいと思います(o・∀・)b

    てかやっぱり問題は刃物よりガイドの方なのかもなぁww(-ω- )

    塗装ブース(^O^) 

    先日、約15年ほど使用していたウェーブの塗装ブース零号機が完全に沈黙(:_;)オヤクメ、ゴクロウサン‥
    段々と作動音が大きくなってきていたのですがおそらくモーターのベアリングがダメになったのであろうと。

    そして急遽塗装ブース仮設伍号機を製作したのですが。


    換気扇のパワー不足と吹き返しの問題が解決できず‥

    仕方なくGSIクレオスのMr.スーパーブース初号機を購入いたしました(^O^)


    使ってみた感想を‥


    音が若干大きめかな〜
    たとえるなら“かなり静かなドライヤー”ぐらいの感じですね。
    ウェーブ製のがかなり静かだったので余計そう感じます。
    コンプレッサーがいくら静穏性高くてもこれではあまり意味がないかも(^^;

    昼間ならなんら問題ないレベルでしょうが、真夜中に使うとなると、壁の薄い集合住宅とかだと厳しいかもしれませんね。
    うちは幸い大丈夫なんですがw

    吸引力は普通に塗装する分には充分かと思われます。

    フィルターが二重になっており、前面のハニカムフィルターでミストのほとんどを受けてくれるそうなんですが、反面、内側の紙フィルターの汚れ具合が把握しづらいです。ウェーブのが紙フィルターのみだったので、それに比べればフィルターの取替回数は少なくて済みそうですね。

    総評:音がちょっとだけ大きいけど他はバッチリ(^-゚)

    以上、誰得かわからないMr.スーパーブースレビューでしたww