06 | 2017/07 | 08

    1/60 MS-06R高機動型ザクⅡ製作その①~仮組みヽ(*´∀`)ノ 

    先日、いや、ちょっと前ですがついに手に入れてしまいました。

    じゃん!

    006r3_R.jpg

    いや~1/60キットを同時購入とは、俺も大人になったもんだオトナ(○σ・Д・)σジャ~ン

    まぁつっても、オクで落札したのでかなりお安かったんですけどね(^^;

    いやしかし、懐かしいな~。

    とか言いながら、実は1/60の06Rを買うのは、実は初めてだったりしますw
    1/60のMSVはフルアーマーガンダムを発売当時に作った記憶があるんですけどね。(デカいのにアーマー着脱できずにガッカリした記憶があります)

    キットの箱の大きさにしばし感慨にふけりながら、とりあえず黒三の方を仮組みしてみました+(0゚・∀・) + ワクテカ +


    どーん!


    006r2_R.jpg
    06r1_R.jpg

    「やだ…おっきい…///」

    と、男なら一度は竿様に言われてみたいセリフを口走ってしまうぐらいのデカさ(*´д`*)w

    こうやってみると、プロポーションは悪くないですね~。
    いやむしろ、近年の頭小さく脚の長いザクに比べたら全然自分好みだったり。
    さすがにちょっと両腕は少しデカい気もしますがw

    まぁこいつを、ぼちぼちと組んで行きたいと思います。
    作るにあたり、ひとつだけ「これは実行するぞ!」と決めている工作があります。
    それは、


    「肩のハの字加工!!m9(・∀・)ビシッ!!」

    と言われても、アラフォーの方以外はピンとこないかもしれませんが、
    ハの字加工というのは、まぁ平たくいえば、30数年前のガンプラブームの頃、
    ホビージャパンなんかのザクの作例では必ずと言っていいほど行われていた(←言いすぎ?)
    ハの字に胸の側面を削っていかり肩に見せると言う工作なのです。

    僕の中では『HOW TO BUILD GUNDAM』の小田雅弘氏製作の1/60シャア専用ザクのカッコよさが子供心に衝撃でした。
    「おれもこんなふうに作ってみてぇ~( ゚ρ゚ )」と思うのですが、さすがに小学生には敷居が高く。。

    しかし立派な?初老の年代になった今なら(´Д⊂ヽ
    問題なくこなせるであろうと!多分w
    長年の宿願が果たされようとしている!「我々は35年待ったのだ!」(←待ちすぎw)



    …いや、とか言いながら、いざやってみて挫折したら目もあてられないんですけどねw



    スポンサーサイト