01 | 2018/02 | 03

    1/60 MS-06R高機動型ザクⅡ製作その⑤ 

    さて、両腕の小型化がほぼほぼ終わって、バランスを見るためにちょっと組んでみました。
    バランスによっては、またどこかを延長したりツメたりしないといけませんからね~。


    おっ!悪くないんじゃない?( ´Д`)

    いや、むしろいいかも!昨今の頭が小さく脚の長いスタイルよりよっぽど自分好みかも!(゚∀゚)
    う~ん、旧キット、あなどれませんなぁ~。

    写真を並べると、腕の小型化の効果は一目瞭然。
    60_106r_12_R.jpg60_106r_11_R.jpg
    工作前の肩幅が広くて腕がやたらデカい、ゴリラ体型だったものが人間に近づきましたw
    脚は弄ってないですが長すぎず短すぎず、絶妙の長さに感じます。
    う~ん、旧キット、あなどれませんなぁ~。(←2回目)

    ただ、ちょっと頭が高いかな?とも思いますが、
    これ左肩アーマーにスパイクつけて、ちょっと浮かせた位置にちゃんと設置して(現状肩ブロックに乗っけてるだけ)
    右肩もシールドつけたら気にならなくなるような気もします。

    しかしアレっすねぇ。小田氏の改修箇所はやはり的確で効果的っすねぇ~。
    こんな感じでジョニザク、シンマツザクとかも1/60で並べられたら壮観だろうな~
    なんて見果てぬ夢を見たりしてw(゚∀゚)♪This is the song for U.S.A~

    スポンサーサイト

    1/60 MS-06R高機動型ザクⅡ製作その④ 

    いや、寒いですね…:(;゙゚'ω゚'):

    まぁ、僕の住んでるところなんてまだマシなほうなんでしょうが、それでも最高4℃、最低-1℃…

    当然のごとく窓を開けるのが嫌なので、塗装の段階のⅡ号戦車は1mmも進んでおりません。

    ザクの方はなんとか少しずつ進んでるんですが、なかなかですね~。

    まず工作箇所が集中している腕ですが、やっと肩ブロックと上腕ができたかな~という所。
    60_106r_8_R.jpg
    上腕はエポパテやプラ板なんかで形を整えてます。
    前腕ですが、接着面で3mm幅ツメ後、肘の黒いトコを切り取り、裏打ちしてから削り込んで少しでも細く見えるように。
    …絶賛削り中です。。

    で、ボディをハの字にカットしたので、肩の前後スイングの関節部分をブラ材と黒瞬着で作り直しました。
    60_106r_7_R.jpg
    メチャメチャ雑ですが、見えないので問題ありませんw
    しかし強度的には一抹の不安が残ります(;´∀`)

    ショルダーアーマーも接着面で3mm幅ツメ後、縁をぐるっと3mmカットして小型化、
    ポリパテで縁のめくれた部分を作り直してやります。
    60_106r_6_R.jpg
    これも絶賛削り中ですw(←ほとんど進んでね~じゃね~かw)

    とまぁ前回から20日ぶりの更新ですが、全然です。これは2月の完成なんか到底無理っぽいなぁ…(;´Д`)
    ま、仕方ないですね。ガンキャノン・ディテクター欲しいんだけどなぁ…

    で、ショルダーアーマーの縁にポリパテ盛ったところでポリパテが切れたので
    思い切って1kg缶を購入w重かったですw
    60_106r_9_R.jpg
    死ぬまでに使いきれるかな?
    いつもチューブのやつを買ってたんですけど、
    使ってる人はわかると思いますが、あれ中で主剤が分離するじゃないですか。
    その液がフタを劣化させてフタが割れて漏れると言う…
    それがなくなるだけありがたいですね~。

    1/60 MS-06R高機動型ザクⅡ製作その③ 

    1/60 06Rですが、手を入れたところが思った以上に厳しくて難儀してます(^^;(←自業自得)

    頭ですが、モノアイの発光ギミックを生かすために後ハメ加工を行いました。

    といっても工作自体は簡単で、ヘルメットの下部分をくり抜いたあと、
    モノアイ部分のダボを差し込めるように適当なパイプパーツを接着しました。

    んで、個人的には念願の(?)肩のハの字工作ですが、
    肩の上部で端から5mm、下部で2mmのところでカットしました。
    60_106r_4_R.jpg
    すると必然的に肩スイングの関節を作り直してやらないといけないわけです。まだですけどw
    とりあえずカットしただけw
    1mmのプラ板を貼ったら少しカット幅が戻っちゃいますけど。

    で、肩と上腕。
    肩は八分割して縦横と3mmずつ幅をつめてひと回り小型化しました。
    じつはここ、スーパーモデリングの小田氏の06R-2では「4分の3に縮小」と書いてあったのですが、
    「4分の3て何ミリだよ(;゚Д゚)」ってなったんですけど、
    正直、小田氏の作例の06R-2はちょっと自分的には腕が細すぎかな?て感じだったので、
    まぁ勘で「3mmぐらい詰めりゃいいんじゃね~かな?大体」となりました。
    多分そこまでひどいことにはならないと思います(^^;
    60_106r_5_R.jpg
    二の腕は関節の丸いところで上下に切り離し、上部分は接着面と正面側で切断し3mm幅つめ。
    関節部分は接着面だけ3mm幅つめし、プラ板を挟んだりして接着。
    まぁこの黒瞬着を見てもらえれば苦戦してるのが分かってもらえるかとw

    ホントに完成できるのか…と不安にもなりますが、まぁ何とかなる…かなぁ~?(;´д`)




    1/60 MS-06R高機動型ザクⅡ製作その② 

    先日、以前から読みたかったこいつを手に入れました(゚∀゚)


    表紙からカッコイイ(´∀`*)

    以前から読みたいと思ってたので、ワクワクしながらページをめくると、

    ルパン、
    サンダーバード2号、
    06R-2、
    ギャリア、
    ブラッカリィ、
    ゴジラ…

    あ…これ、読んだことあるやつや…w
    多分小学生の時、買うてるわ…w

    60_106r_2_R.jpg
    しかし今見てもカッコイイよな~。

    という訳で、
    この小田氏の作例を参考に(←できるのか?w)
    006r2_R.jpg
    去年仮組みしたこいつを再開?しようと思います。

    まぁもちろん、技術的にできることとできないことがあるので、
    取捨選択して。

    とりあえず、肩のハの字工作はやるとして、
    肩と腕を小型化…できるかな?

    そもそも肩のハの字工作するとしたら、可動は残すべきなんか?
    残したところで旧キットやからさほど動かんし、
    固定として割り切ったほうがお手軽にいくかもしれませんね~。

    まぁこの旧キットならではの力強いプロポーションを最大限生かすように
    作って行きたいと思いますよ。

    1/60 MS-06R高機動型ザクⅡ製作その①~仮組みヽ(*´∀`)ノ 

    先日、いや、ちょっと前ですがついに手に入れてしまいました。

    じゃん!

    006r3_R.jpg

    いや~1/60キットを同時購入とは、俺も大人になったもんだオトナ(○σ・Д・)σジャ~ン

    まぁつっても、オクで落札したのでかなりお安かったんですけどね(^^;

    いやしかし、懐かしいな~。

    とか言いながら、実は1/60の06Rを買うのは、実は初めてだったりしますw
    1/60のMSVはフルアーマーガンダムを発売当時に作った記憶があるんですけどね。(デカいのにアーマー着脱できずにガッカリした記憶があります)

    キットの箱の大きさにしばし感慨にふけりながら、とりあえず黒三の方を仮組みしてみました+(0゚・∀・) + ワクテカ +


    どーん!


    006r2_R.jpg
    06r1_R.jpg

    「やだ…おっきい…///」

    と、男なら一度は竿様に言われてみたいセリフを口走ってしまうぐらいのデカさ(*´д`*)w

    こうやってみると、プロポーションは悪くないですね~。
    いやむしろ、近年の頭小さく脚の長いザクに比べたら全然自分好みだったり。
    さすがにちょっと両腕は少しデカい気もしますがw

    まぁこいつを、ぼちぼちと組んで行きたいと思います。
    作るにあたり、ひとつだけ「これは実行するぞ!」と決めている工作があります。
    それは、


    「肩のハの字加工!!m9(・∀・)ビシッ!!」

    と言われても、アラフォーの方以外はピンとこないかもしれませんが、
    ハの字加工というのは、まぁ平たくいえば、30数年前のガンプラブームの頃、
    ホビージャパンなんかのザクの作例では必ずと言っていいほど行われていた(←言いすぎ?)
    ハの字に胸の側面を削っていかり肩に見せると言う工作なのです。

    僕の中では『HOW TO BUILD GUNDAM』の小田雅弘氏製作の1/60シャア専用ザクのカッコよさが子供心に衝撃でした。
    「おれもこんなふうに作ってみてぇ~( ゚ρ゚ )」と思うのですが、さすがに小学生には敷居が高く。。

    しかし立派な?初老の年代になった今なら(´Д⊂ヽ
    問題なくこなせるであろうと!多分w
    長年の宿願が果たされようとしている!「我々は35年待ったのだ!」(←待ちすぎw)



    …いや、とか言いながら、いざやってみて挫折したら目もあてられないんですけどねw