06 | 2017/07 | 08

    1/144 HGUC ΖⅡ製作その①~仮組みと後ハメとか。 

    さて百式の後はZⅡです。
    なぜZⅡかというと、百式を作った後、無性にメタスが作りたくなったんですが、まったく思い入れが無かったw
    ので、
    じゃあゼータガンダムを…→
    多分近々REVIVEで出るだろうし…→
    そういえば積みにZⅡとかあったわ!(←忘れてた)
    このキットけっこう高かったし作っとくか…という経緯ですw(←なんちゅう理由だ)

    いざ仮組み。

    う~ん、なかなかカッコイイんじゃないでしょうか。
    z2_4_R.jpg
    ウェイブライダー?状態。変形は変形用のボディに差し替えなんですが、
    作る気ないので最後のウェイブライダーの雄姿ですw

    しかし可変MSにありがちな挟み込み部分も多く、ちょっと面倒な印象のキットでもあります。
    外見的な事でいえば、気になる所は首がちょっと短いかな?というくらいですかね。

    各部ダクトの黄色塗装が面倒そうだな~。
    この青に黄色を塗る部分が全て別パーツになってくれたら大分作業も軽減するのになぁ~(←贅沢)

    それでは加工した後ハメ箇所を上から。まずはフェイス。
    z2_5_R.jpg
    ヘルメット中のダボ穴をCの字に切り欠き、フェイスパーツの赤で示した部分をカット。フェイスパーツのダボは短くしています。
    アゴは正面から見ると面ができているので頂点ができるように削りました。アゴ先にプラ板を貼って削ってシャープに。
    アンテナはフラッグを切り取って少しシャープに削りました。

    肩アーマーですが、ココは個人的に失敗したと思ってますんでwさらっと。
    z2_6_R.jpg
    定番のアーマー裏をCの字にカットして片側のダボを短くする、というので良かった気がします。
    自分はアーマー正面側を切り離してみたんですが、接着面とかを稼ぐ為にエポパテ詰めたりとか、
    切った刃の厚みの分プラ板貼ったりと、無駄な作業をしています(^^;
    肘関節も挟み込みなんですが、ここは普通に組んで塗るつもり。マスキングすらしませんw

    脚部ですが、
    z2_1_R.jpg
    太ももは下部の段落ちモールドじゃない部分の継ぎ目を消し、横に接合面がくるようにカット。
    逆サイドにスジボリを入れてモールドとして処理しました。後ろ側も同じ加工をしています。

    スネも同じく正面にくる継ぎ目をパーツをカットしてサイドに。同じくスジボリを入れてモールド処理。
    切った刃の厚みの分プラ板を貼っています。
    太ももが横に逃す方法だったんで、スネは普通に正面で段落ちモールドでも良かったかな~。

    そしてリアアーマーにはでっかい肉抜き穴が開いているのでプラ板で塞ぎ、
    フンドシ裏とつま先の肉抜き穴はエポパテで埋めています。
    z2_2_R.jpg
    とりあえず現状はこれくらい。
    次は首を長くします。



    スポンサーサイト