05 | 2017/06 | 07

    1/144 HGUC REVIVE  リアルタイプ・ガンキャノン製作その③~完成しました-y( ´Д`)。oO○ 

    REVIVEリアルタイプガンキャノン、完成しました。
    前回で「なんか違う…」となっていた赤でしたが、まぁまぁ何とかなったかな?

    前回のアレからデカール貼って→半光沢でトップコート→ウォッシング&ドライブラシ→半光沢でトップコート→軽く銀ハゲ
    という手順を踏んだんですが、何といっても大変だったのはデカール貼り。マークソフター必須です(^^;
    マークソフターがなかったらヒザアーマーとかの三次曲面に貼るのは難しいでしょうね。
    rg11_R.jpg
    赤は、正直自分のイメージとしてはもう少し暗い感じの赤だったんですが、
    ウォッシングのおかげでなんとか許せる感じになりました。
    rg12_R.jpg
    いちおう塗装レシピは
    黒サフから、
    本体レッド部:クールホワイト面吹き→クリアーレッド+クリアーイエローを重ね吹き→クリアーレッド+クリアーブラウンを上掛け
    ホワイト部:ガイアカラーニュートラルグレーⅠ
    グレー部:ガイアカラージャーマングレー
    関節部:黒鉄色
    イエロー:キアライエロー
    カメラ部:クリアーブルー
    で基本塗装後、関節部以外はエナメルのジャーマングレーでウォッシング。
    黒鉄色部分はエナメルクロムシルバーでドライブラシ。
    rg13_R.jpg
    一応スプレーミサイルランチャーにも換装できます。
    キットではどちらかしか組めませんが、基部の可動部の似た形のポリキャップを探して切り刻んで使いました。

    ドライブラシとか雰囲気重視でめっちゃ適当にやったので厳しい部分もありますけど、
    よく言えば80年代臭が出てるんではないかとw
    まぁ我々オッサン世代にはリアルタイプといえば特別な思い入れがありますので、
    ザク、ドム、ゲルググとかも出して欲しいですね~。なんだったら一年戦争MSは全部出して欲しいです。
    あ、リヴァイブした機体じゃないとと駄目なんかな?

    さて、次は白いアイツを作ろうかな~と思ってます。



    スポンサーサイト

    1/144 HGUC REVIVE  リアルタイプ・ガンキャノン製作その②~基本塗装できたけど…(^^; 

    リアルタイプガンキャノン、地道に進んでます。

    とりあえず基本塗装が終了したところで、ちょっと組んでみたんですが…
    rg6_R.jpg




    ……アレ?





    ………リアルタイプガンキャノンに見えへんなぁ…(;´д`)
    節子、この赤はリアルタイプや無い、ノーマルガンキャノンの赤や。




    いや、塗ってる途中からうすうす感じてはいたんですけどw


    今回、赤は黒サフから白を面吹きして赤+黄色のクリアーカラーを重ねたんですが、
    どうやら明るくなりすぎた模様。

    今思えば、白を面吹きじゃなくてサーモンピンクとかでやれば良かったんだよなぁ…
    で、黄色混ぜずにクリアーレッドのみで行けば良かったんだよなぁ…(´ε`;)


    とはいっても、もう後の祭りなんでw
    デカール貼ったあと、ウォッシングとかウェザリングとかで、なんとか辻褄合わせる方向で行きたいと思います。



    で、ここからは雑記ですが、
    先日、割と安価でこの本をオクで落札しました。
    いつか読んでみたいと思ってたんですよね~。
    発行は昭和60年4月。何年前だ?w

    え~っと……30年以上前かΣ(゚Д゚;)!!
    そりゃエルガイムって自分が子供の時に観てたアニメだからそりゃそうなんでしょうけど、
    あらためて現実を直視するとけっこう衝撃的だなw

    rg7_R.jpg
    表紙のマークⅡ、カッコイイなぁ…これ、もちろんRRRじゃなくフルアクションなんですよね~。
    rg8_R.jpg
    アシュラテンプルもカッコイイなぁ~。旧キットは積みであるけど、
    ここまでカッコよく作れないもんなぁ~(^^;
    rg9_R.jpg
    MAX渡辺氏の1/100フルアクションオージェ改造の1/100オージ。
    近年発売されたHGHMオージとは違い、ちょっとゴツイたくましい感じのプロポーション。カッコイイです。

    こういうのを見ると、旧キットのバッシュとか作りたくなりますけど、敷居が高いわなぁ…w

    さて、デカール貼るか…-y( ´Д`)。oO○



    1/144 HGUC REVIVE  リアルタイプ・ガンキャノン製作その①~太ももの幅増し 

    さて今日からは先日プレバンで買った
    REVIVEのリアルタイプ・ガンキャノンを組んでいきたいと思います。

    オッサン世代がターゲットと思われるリアルタイプですが、うん、やっぱりカッコイイ(´∀`*)
    できれば第二弾でドム、ゲルググ、ザクもお願いしたいですね~。

    でもよくよく見ると、旧リアルタイプとはカラーリングが変更されているようです。
    rg2_R.jpg
    つか、全然違うやないか!(#゚Д゚)y-~~w
    まぁ、新しいカラーリングもカッコイイとは思いますけど。
    これは、あえて変更したというよりも、成型時の色分けも、シールによる色分けも不可能だったから変更したんだろうな~。
    旧MGジョニーライデン、シンマツの06Rの時のバンダイの愚行を僕は忘れていません(←一生忘れないw)
    カラーリングは、旧で塗ろうっと。

    というわけで、仮組みもすっとばして製作に入ります。
    何で仮組みもしないのかというと、友人のぺにーさんが、先に組んでくれてますのでw
    後ハメなんかは、大いに参考にさせていただくつもりです。
    ぺにーさん、ありがとうございますm(_ _ )m

    まず、ここはもうどうしても気になる、というのが太ももの細さ。
    rg4_R.jpg
    ラインの所をエッチングソーでカットして、1mmプラ板×2を挟んで接着、整形。
    エッチングソーの刃の厚み分を引いて、約1.7mmの幅増しになります(←上の方、プラ板が足りてない(^^;)
    このままだと中のフレームがガタつきますので、フレームの左右に0.8mm分くらいのプラ板を貼って、ガタつきを抑えます。
    太くすんのは簡単なんですが、このあと太もも前後面の溝を掘りなおさないといけないのが個人的には超難所ですw

    下半身だけ慌てて組んで、様子を見てみます。
    rg3_R.jpg
    あれ…まだ細いか?wwヾ( ̄ヘ ̄; ) ォィォィ
    なんかあんま太くなった気がしないなぁ~。
    まぁ全身組んで見たら、また印象も変わるでしょう。

    rg5_R.jpg
    そして同じく細いと感じた上腕は四分割して1mmプラ板を挟んで幅増ししました。
    なぜ成型色が違うかというと、最初はプラ板を巻こうとして失敗したからですw
    ビルバインの時に使ったガンキャノンのジャンクから持ってきています。
    どうしても気になる所といえば、この2箇所だけですね。