06 | 2017/07 | 08

    1/144 HGUC クシャトリヤ製作その④~完成( `・ω・´)ノ ゴブサタデス 

    いやぁ…

    なんだかんだ前回更新から一ヶ月以上も経ってしまいましたw
    ずっとちまちまと進んではいたんですけどね~。
    こんなに空いたのは多分初めて?かな?

    でクシャトリヤです。
    前回のちまちまディテールアップからサフ、塗装工程をすっとばしていきなり完成です。w
    サフと塗装で更新しようと思ったんですけど、「書くことないなぁ…( ゚Д゚)y─┛~~」といつもとばしちゃうんですよね。

    で、出来上がったといえば、何の変哲もないクシャでw
    なんかもう「バインダーのグリーンの面積広いから、緑のスプリッター迷彩にしたらカッコイイんじゃないか…」
    とか
    「せっかくだから、全身にスチールボール埋め込むか…」
    とか、考えるだけは考えたんですが、いつものごとく、
    「面倒くさいからいいか…・⌒ヾ( ゚⊿゚)ポイッ」
    と、結局、いつものパターンでノーマル塗りができあがりました(デカールすら貼ってない…)
    それでもキットの出来がいいので、カッコいいですよね。
    ku13_R.jpg
    いつもと違う所と言えば、今回は明るいグリーンのサフはマホガニーサフを使いました。
    なんとなくリアル?な感じになるかと思ったんですが、素直に黒サフの方がよかったかな(^^;
    一応レシピは、
    グリーン(明):マホガニーサフ→ガンダムカラーグリーン4+明灰緑色(中島系)
    グリーン(暗):黒サフ→濃緑色(中島系)
    グレー:黒サフ→RLM74グレーグリーン
    青:黒サフ→ダグラムカラーアイアンブルー
    白:白サフ→クールホワイト
    黄色:白サフ→ボトムズカラーオレンジイエロー
    あと、バーニアとかはガイアカラーガンメタル
    で、半々光沢ぐらいのスーパークリアーでトップコートです。
    ku14_R.jpg
    バストアップ。胸部とバインダーのメガ粒子砲とバインダーの小バーニアには金属パーツと使ったんですが、
    メガ粒子砲の塗装が粗くて台無しだというw
    一応、頭部をシャープな印象にしたくてツノを前方に延長してるんですが、言われなきゃわかんないよなぁ…(^^;
    (いや、言われてもわかんないかもw)
    ku15_R.jpg
    バッツクショット。面が広いパーツが多いので、腕と根気がある人はスジボリとかすると映えそうですね。
    僕は両方無いんでやりませんでしたがw
    ku16_R.jpg
    なんかポーズとらせようと思ったんですが、ウチにMG用のスタンド(値段が高い方ねw)がないことが判明。
    HG用の小さいスタンドでは厳しいんで、とりあえずバインダーを広げてみたw
    で、スタークジェガンと斬りあってた二刀流にしましたw
    ku17_R.jpg
    ちょっとした保温ポットくらいのスペースをとるんでw
    置き場所に困りますw
    マークⅡと比べるとこんな。
    つか、トップヘビーすぎて、早くも足首のボールジョイントがヤバいですwスタンド買おうっと。

    さて、やっとこさ終わりまして、最後の方はさっさと完成させて次行きたいとかなり適当になってしまいました。
    毎回そうですけどw
    なんか作り始めたときのモチベが全然続かないんだよな~。
    次は何作ろうかなぁ…(ヽ´ω`)ギャンかな…。


    スポンサーサイト

    1/144 HGUC クシャトリヤ製作その③~ちまちまディテールアップその2('A`)y-~ 

    引き続きちまちまディテールアップです。

    モノアイですが、2mmの穴を開け裏にアルミテープを貼ったものを埋め込みました。

    胸部とバインダーのメガ粒子砲ですが、
    ku8_R.jpg
    左が胸部、右がバインダーのものです。
    胸部用はハトメにバーニアのディテールアップパーツで根元にカバーをつけたもの(×4)
    バインダー用は同じハトメに別のハトメを通したものです。(×8)

    それから腕の後ハメですが、
    ku10_R.jpg
    おそらく発売当時のHJを参考にしたと思いますが、
    下腕は後ハメとしてはベーシックなダボ穴をC状に切り欠く方法、
    上腕はフレームのダボを切り取って上腕アーマーにフレームを固定させずただ通す方法にしています。


    で、前回の更新から10日ほど時間を費やして、
    本日(いやもう前日ですね(^^;)
    「佐倉としたい大西」の音泉版を聴きながら(←どうでもいい情報w)全部のパーツの処理を終えました。
    いや~キツかったなぁ…-y( ´Д`)。oO○
    ku11_R.jpg
    このパーツ数!
    MGなんかを作りなれてる人は「たいしたことね~じゃん(゚Д゚)」とお思いでしょうが、
    ここ6~7年はHGしか作ってない人間にとってはけっこうなモンでしたよ…┌┤´д`├┐ダル~

    あぁ…このパーツを全部洗うのか…つ´Д`)つタリー
    仕事終わりには絶対やりたくねぇな…
    今GWで良かったわ…w



    1/144 HGUC クシャトリヤ製作その②~ちまちまディテールアップ 

    さて、チマチマディテールアップをしております。作業量は少ないですけどw
    まず、肩バインダーの小さいバーニア、モールドとも言えない様なモールドが入ってますが(^^;

    ここは2.5mmの穴をあけ、円錐ドリルで面取りし、裏側から穴をディテールアップパーツで塞いで、ハトメを接着(する予定)
    これを(×16)ですよw
    ハトメの大きさが合ってない気がしないでもないんで、後でまた変えるかもしれません。
    しかし市販のディテールアップパーツで16個も数を揃えるのは金銭的にも痛いので(;^ω^)
    なんとかこれで行きたいトコロですw

    バインダーの先端はプラ板を貼ってシャープにしました。(×8)が、
    ku5_R.jpg
    設定画をみるとそこまで尖ってないので、徒労に終わった気がしますw

    頭頂部のトサカは先端をシャープにして、1.2mmプラ板を挟んで前方に長くしました。
    ku6_R.jpg
    前回からこんだけ。
    あんま進んでねーなぁ…-y( ´Д`)。oO○
    GW中にでも完成できるかしら。。


    ここからは余談ですが
    ここ1週間で買った(届いた)ガンプラ達。。
    ku7_R.jpg
    いやぁ…俺って結構ガンプラの売り上げに貢献してるよなぁ…w

    しかしそりゃ積みが減らない訳ですw
    スタークジェガンなんて『クシャと戦ってたから、並べたいやん(゚∀゚)』ていう理由だけで買ってるんだもんなぁ。。(←すぐ作りもしないくせに)
    しかしキュベレイmk-Ⅱ、なんで肩のバインダーのネオジオンマーク、ホイルシールにするかなぁ…('A`)y-~
    デカールがベストだけど、せめて、せめ~てマーキングシールにして欲しかった所ですね('A`)y-~カウンジャナカッタ
    高機動試作型ザク、めっちゃ作りたいなぁ~( ^ω^)


    1/144 HGUC クシャトリヤ製作その①~太ももはやっぱりムッチリが好きですノ(´д`*) 

    ラビドリー完成後、友人のぺにーさんとのやり取りの中でクシャトリヤの名前が出てきて、
    「そういやどんなキットだったっけなぁ?」
    と思い、うちのマウンテンサイクルから掘り出してきました(;・∀・)ホコリダラケ…
    箱を開けてみると、

    「!」「?」

    全く記憶に無いんですけど、組みかけてましたw
    緑のパーツはゲート処理、継ぎ目消し、そして腕の後ハメ加工まで工作済み。
    当時HJとか見て後ハメ加工したんかなぁ?
    まっっっったく記憶にないんですけどww

    俺が寝てる間に、小さな妖精さんたちが組み立ててくれたんでしょうかw
    小さいパーツが分けられてるけど、これパーツ全部そろってんのか?

    そしてグリーンのパーツが分けられている箱は、1/100オーライザーの箱。

    俺、1/100オーライザーなんていつ組んだっけ?
    ということは、1/100のダブルオーも組んだんだろうなぁ。
    う~ん、マジでまったく記憶がない…(;゚д゚)ワタシノアタマノナカノケシゴム…

    まぁこれも何かの縁ということで(?)
    ラビドリーの次はなし崩し的ですがクシャトリヤをサクッと組みたいと思います( ´ー`)y-~~

    そして小さな妖精さんたちは、仮組みする気は全く無かったようですwまぁいいけど。

    キットは格好いいんですが、
    とりあえず設定画と見比べてみて、ふとももが細いのが気になったので、おもむろにポリパテを盛りました。
    ku2_R.jpg
    で、一日乾燥させて、240番のペーパーで荒削り。
    ku3_R.jpg
    あと弄るとこといえば、各部のディテールアップくらいかなぁ?

    いや~まさか今クシャトリヤを組むことになろうとは…
    人生って何がいつどうなるか分からないもんですねぇ…(;´A`)オオゲサナ…