07 | 2017/08 | 09

    1/144 HG プロトタイプグフ(機動実証機サンドカラーVer.)製作その③~完成ヽ(゚∀゚)ノアッヒャッヒャ 

    新年あけましておめでとうございますm(_ _)m
    今年も宜しくお願い致します。

    と、10日以上過ぎて今更あけましてでもないんですがw
    今年もぼちぼち更新していく所存でございます。

    で、年末にサフ吹いたプロトグフですが、新年1発目から完成です。
    2016年度の完成品の数を一つ稼ぎましたw

    サンドカラーVer.なんですが、旧設定画のようにカーキで塗りました。
    ptg8_R.jpg
    最初は、旧設定画を再現すべく、モノアイシールドを黄橙色で塗ってみたんですけど、
    ptg7_R.jpg
    う~ん、まぁアリっちゃアリのような気もするけどなぁ~って感じだったんで、普通に黒で塗りなおしました。
    ptg9_R.jpg
    これ、ラインなどはみんなガンダムシールなんですが、シールの厚みのせいか、あまり曲面になじます、貼った翌日から浮いてきてしまいました(´ε`;)
    せっかくプレバン販売なんだから、普通にデカールだったらよかったのに…
    ptg10_R.jpg
    マシンガンの両手持ちなんかは余裕です。
    ptg11_R.jpg
    片ヒザ立ちもなんとか…w
    最近のガンプラは、可動はホント凄いですよね。そのかわりプロポーションが犠牲になってる感がなきにしもあらずですけど。
    ptg12_R.jpg
    でもこのグフはプロポも悪くないと思いますけどね。
    オリジン版シャアザクからバズーカを拝借。
    ptg14_R.jpg
    同じオリジン版ということでシャアザクと。ひと回り大きくなってます。

    一応、塗装レシピ。
    本体カーキ:カーキ
    本体ブラック:ファントムグレー
    関節部:黒鉄色
    武器、バックパック、動力パイプ:ダークシーグレー
    本体ホワイト:レディッシュウォームホワイト
    全て黒サフからの黒立ち上げです。
    プロトタイプということで、ウェザリングなんかはしてません。

    特に改修点もなくそのまま組んで塗っただけですけど、けっこうカッコイイですよね、このキット。
    それだけに残念なのがやっぱシールがなぁ…(;´∀`)
    このぐらいのレベルで、MSDもいいですけどMSVも続々展開して欲しいですね、
    もう、プレバンででもいいっすから(;´Д`)=3 フゥ(←もう諦めてるw)

    さて、次は何作ろうかなぁ…キュベレイ、バルバトス、アイアンフットのどれかかなぁ~-y( ´Д`)。oO○マヨウゼ
    スポンサーサイト

    1/144 HG プロトタイプグフ(機動実証機サンドカラーVer.)製作その②~サフ吹きました&今年のまとめ 

    プロトタイプグフですが、黒サフ吹きました。

    まぁ今年はここまでですかね~。換気すると寒いしw


    ◆2015年のまとめ

    ♪これ以上 やせないように
    これ以上 減らないように
    これ以上
    しゃべり過ぎぬように…

    ジングルベルで気が付いて
    あの人たちに手紙を書き出す
    今年も暮れるんだな…

    仲井戸麗市/年の瀬93’
    毎年恒例の僕の年末のテーマ曲です。

    それでは今年の完成品を振り返ってみたいと思います。

    ■2月 1/144 Rジャジャ
    rj28_R.jpg

    1/144 HGUC ズゴック迷彩仕様
    zg6_R.jpg

    ■3月 1/144 HGUC ゴッグ迷彩仕様
    gg3_R.jpg

    ■4月 1/144 レッドウォーリア
    rw13_R.jpg

    ■5月 1/72 ダグラム
    ダグ22_R

    ■6月 HG シャア専用ザク(ORIGIN版)
    sz7_R.jpg

    1/72 ラウンドフェイサー
    sol13_R.jpg

    ■7月 1/72 ブロックヘッド
    bh16_R.jpg

    ■11月 1/72 HGAB ビルバイン
    biru17_R.jpg

    ■12月 1/144 HGBF すーぱーふみな
    sf10_R.jpg

    と、10体の完成となりました。

    今年は2ケタ行かないんじゃないか…と思ってたんですけど、かろうじて2ケタキープですw
    印象に残ってるのはやっぱビルバインかなぁ?
    これに手をださなければ後2体は完成させられてたであろうというw
    足掛け4ヶ月かかりましたからね~。
    まぁそれでも何年前かに手を出したものをやっと完成させられたというのは感慨深いものがあります。

    このブログも12/27で丸4年になりまして、
    いつまで続けるか、なんて全く考えてないですが、
    まぁ5年目もボチボチとやって行きたいと考えています。

    来年は、毎年言ってる戦車に初挑戦したいな~というのと、
    昔集めてたエヴァの綾波とアスカのガレキがあるので、それも少し崩していきたいなと。
    実際はどうなるのか分かりませんけどねw

    それでは皆様、今年はどうもありがとうございました。
    よいお年をお迎えください。

    1/144 HG プロトタイプグフ(機動実証機サンドカラーVer.)製作その①~各後ハメとか。 

    さて、プロトタイプグフに行こうと思います。

    仮組みすんのをすっかり忘れてたのでwいきなり製作です。

    まず、各部の後ハメです。

    頭部の動力パイプから。
    ptg2.jpg
    鼻が別パーツになっていて、繋がるところの継ぎ目を消したいので、
    動力パイプパーツの前部の中央をカット、突起を切り取って塗装後差し込めるように。

    前腕です。
    ptg3_R.jpg
    前腕フレームを固定穴の中央でカット、塗装後に接着します。
    フレームをぶった切るので強度的には若干不安が残るかもしれません。
    接着するときはエポキシ系とかでがっちり接着した方がいいかもです。

    スネフレームです。
    ptg1.jpg
    ・スネ外装の上裾部のダボ、フレーム固定用2連のダボ穴の上側をカットします。
    ・フレーム部分は写真を見て分かるように一段落ちている下部の動力パイプのモールド、足首用ポリキャップのモールドをごっそり削り取ります(赤で囲ったところ)
    ・フレーム前面下部にあるモールドを削り取ります(緑で塗ったところ)
    ・青で囲った部分、前面の角をおとす感じで削りこみます。
    ・黄色で囲った部分を少々削ります。
    以上でスネ外装の上から塗装後に差し込めるようになります(要接着)。

    ちなみにヒザ関節部分の後ハメは不可能なんで、おとなしく塗装してから組み込みましょう。
    (不可能では無いかもしれませんが、後ハメしないほうが無難でしょうね~)

    パーツに穴が開いたりしますが、特には問題ないと思いますが、どうでしょう?w
    穴が開くのが嫌な人は、HJの作例なんかでやっていた、スネ外装の分割線を変更するやり方なんかがいいんじゃないかと。
    僕は以上のような感じでしたが、すりあわせを行いながら少しずつ削ったほうがいいと思います。

    そしてもはや定番ともいえる工作、
    ptg4_R.jpg
    モノアイシールドに3mm径の穴をあけ、Hアイズ3mmを埋め込みます。
    モノアイと言えば、
    ptg5_R.jpg
    昔の設定画、モノアイシールドとモノアイってこんな色なんですけどww
    再現したらおかしくなるかなぁ?
    なんとなく妖怪チックですもんねwなんでモノアイシールドをオレンジ色にしたんだろう…w