04 | 2017/05 | 06

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 HGUC 旧ザク 製作 



    使いこまれた感じを狙って
    エナメルのフラットブラックウォッシングをして仕上げました。

    モノアイは透明Hアイズにクリアーレッド、裏側にアルミテープ。
    ほとんどノーマル組みですが口が長すぎる気がしたので少し短くしてやりました。

    デカールは傷をつけたりして剥がれた感じに。ちょっとやりすぎ

    フロントとサイドアーマーの黄色ラインがズレてるのはご愛敬(^_^;

    組んでいて痛感したのが「最近のガンプラって塗装前提で造られてないんだなぁ」と。設計がものすごくタイト。
    肘とヒザ両方挟み込み式なんですがヒザはマスキングゾル、肘は後ハメで対応したんですが、
    肘を塗装後に組みこもうとすると前腕に関節部分が入らない(-.-;)
    強引に入れるとクソほど塗装が削れてしまいました(>_<)
    肘もヒザも動かすたびにガリガリ塗膜がはげてしまいます。
    僕は仮組みはしないんですがやはり仮組みして塗膜分、パーツを削ったりしといてやらないといけないですね

    ■塗装レシピ

    グリーン部
    RLM80オリーブグリーン+カーキイエロー系(失念しました)

    ブルー部
    スージーブルーにブルーFS15050を軽く上掛け。

    ブラック部
    自前ベースグレー+セミグロスブラック

    グレー部
    軍艦色(2)

    転写シールとガンダムデカールを適当に貼ってつや消しトップコート。
    そのあと全パーツにエナメルフラットブラックでウォッシング。

    ウェザリングはガンダムマーカーのグレーとシルバー、エナメルのジャーマングレーでチッピング、タミヤのウェザリングマスターを全体的にハケで擦りつけてやり、足元は砂と土汚れ。
    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。