10 | 2017/11 | 12

    1/72 ブロックヘッド製作その③~できた~ヽ(・∀・ )ノ 

    ブロックヘッド、完成しました~ヽ(*´∀`)ノ
    特にこれといって弄るとこもなく、ごくごく普通に組みました。
    bh16_R.jpg
    キットでは太ももなどはもう少し青みがかかったグレーなんですが、
    MG2015年2月号の柳生圭太氏製作の(でしたっけ?)表紙のブロックヘッドがカッコよかったんで、
    マネしてかなり白っぽく塗りました。
    bh17_R.jpg
    毎度毎度「汚しすぎた~」とか言ってるので、今回は意識して控えめにウォッシングしました。
    ウォッシングは今回、クレオスのウェザリングカラーのマルチブラックとマルチグレーを使いました。
    油彩ベースだそうでエナメルと違い下地のプラを痛めることがないそうです。(でもABSに塗ると割れることがあると注意書きにはありますが…^^;)
    bh18_R.jpg
    塗装レシピは、
    全て黒サフを吹いた上から
    赤:ダグラムカラーブラッドレッド→ブラッドレッド+ガイアカラーニュートラルグレー1+サザビーレットで面吹き。
    白:ガイアカラーニュートラルグレー1
    緑:ダグラムカラーダークグリーン
    グレー:エクストラダークシーグレー
    あとは適当。
    で、デカール貼ってウォッシング後、銀ハゲチョロ、で半々光沢ぐらいのスーパークリアでトップコート。

    大体自分のイメージの色になったと思いますが、もう少し彩度が高くても良かったかな~。
    まぁウォッシングすると、どうしても色が沈んでしまいますからね。
    bh19_R.jpg
    唯一のキメポーズw
    可動範囲は狭いですが、ブロックヘッドなんだからこれで充分でしょうw
    bh20_R.jpg
    ダグラム、ソルティックと記念撮影。
    このでかさは反則級じゃないでしょうかね~。とても同じスケールに見えませんw
    あと残りは24部隊か~。いつ組もうかなぁ~。

    ツイッターなどを見ると、次回作のアイアンフットのテストショット組んだ画像が出てましたけど、素晴らしい感じでしたね~。
    発売がいつか分かりませんけど楽しみです。秋ごろだろな~。

    コトブキヤのの継衛やプレバンのクロボンX2改なんかも届いて、ネタにはまったく困りませんね。
    次は数年前に仮組みして放置中の難儀なアレを組もうかと思ってるんですけど、どうしようかな~w
    作りたいけど、正直面倒くさい…w(;´∀`)ジャア、ヤメトケヤ…


    スポンサーサイト

    1/72 ブロックヘッド製作その②~後ハメとか。 

    さて、前回パチ組みしたディジェはとりあえず置いといて、
    ブロックヘッドを作ってます。

    まぁ作ってるって言っても手を入れるところも特に無く、ただのストレート組みですけどね~。
    このブロックヘッドはマジで決定版ですよねぇ。
    この先、このキットを越えるブロックヘッドは出ることはないでしょうね~(そもそももう新しくキット化がry)

    それでは少しだけですが、後ハメしたところを。

    まず太もも。

    太もも側にある丸と四角の二つのダボ穴の下部をカットするだけです。
    ちょー簡単。

    そして頭です。
    bh13_R.jpg
    ここは説明が難しいんですけど、
    まず、機銃のカバー(丸いやつ)固定用のツメを半分くらい先からカット、
    機銃の下側にあたる一番先端のダボをカット、あとは左右二つずつあるコクピット固定用のダボ穴の下側を、
    コクビットが下から差し込めるようにアートナイフでひたすら溝を掘ってやります。
    プラの肉厚部分まで彫り込むんすけど、まぁすりあわせをしながら彫ればそんなに難しくはないと思います。
    部品が手元にある方は画像と見比べたらわかると思います。
    カメラ用の透明パーツは固定用の出っ張りをカット。塗装後に接着します。

    頭部を下から見た図。
    bh15_R.jpg
    コクピットが入るようにカットしてます。

    手順としてはキャノピーパーツを上に向けてまずハメ込み、それからコクピットをはめ込みます。
    なぜキャノピーを上にむけるかというと、そうしないとコクピットが入れられないからですw

    後ハメは以上です。
    関節部分とか挟みこみが多いんですが、あとはマスキングかマスキングもせずにそのまま塗る予定です。
    関節部分なんて一色ですしね~。
    あとスネ裾の赤いパーツ、後ハメを考えるのが面倒だったんで先に接着して継ぎ目を消してしまいました。
    マスキングで対応する予定です。

    そして唯一手をいれた場所。
    bh14_R.jpg
    リニアガンの銃床が回るように、ストックのパイプ部分を3mmプラ棒に置き換えました。
    なんとなく構えたときの取り回しが良くなるかな~と思ったんですけど、効果の程は定かではないですw
    あと継ぎ目消しがめんどくさかったしね(^^;
    で、ストック?というのか、左手で持つトコの肉抜き穴を埋めました。

    で、継ぎ目とパーティングライン消して、先ほど洗浄しました。天気が良ければこの土日にでも塗装したいけどどうかな~?






    ■追悼、石田長生さん

    ギタリストの石田長生さんが、8日に食道がんで亡くなったそうです。

    正直、無茶苦茶影響を受けたというわけではないのですが、
    友人が大ファンで、一時はよくライブハウスに観に行ってたんですよね。
    清志郎やチャボとも縁のある人で、清志郎やチャボの大阪のライブに行くと、よくゲストとして出てましたね~w
    「また石やん来てるで~w」と友人と笑い合ったもんです。

    まだ62歳だったんですね。若いのになぁ…今の時代ならあと20年遅くてもいいくらいなのに。
    闘病中だというのは知ってたんですけどねぇ。まさかこんなに急にねぇ…。


    ”ああ、この世で本当に肝心なのは ステキな世界にジャンプする勇気だけだよ”

    石やん、安らかに。



    ■橋本真也十周忌

    本日7月11日は”破壊王”橋本真也選手の十周忌だそうです。
    もう十年か~。ホント早いね。。



    高田延彦VS橋本真也のIWGPヘビー級選手権試合。
    この試合は”橋本が勝った試合”というより、”高田が負けた試合”もっといえば”Uインターが終わった試合”として印象に残ってますね。
    最強を掲げていた高田が武藤に破れ、武藤に勝ち、橋本に破れ…リターンマッチが組まれてない事を見ても、団体としてUインターは新日本の軍門に下った、という試合でしたね~。
    あ、橋本の十周忌だったw

    橋本真也選手、安らかにお眠りください。

    1/72 ブロックヘッド製作その①~パチ組みしてみた 

    昨日、待望のブロックヘッドが届きましたヽ(*´∀`)ノ
    パチ組みが続きますがどうしても我慢できずに組んでしまいましたw

    箱絵、目茶目茶迫力があってカッコイイっすな~+(0゚・∀・)
    個人的には箱絵ベストオブイヤーとして挙げたいくらいですよ。
    bh1_R.jpg
    組んでみる。
    いや~ぶっさいくやな~w(←ホメ言葉)
    馬面にこの鼻ですよ!現代のロボットアニメでは決して出てこないだろうこのブサイクさ!カッコイイ(´∀`*)
    bh11_R.jpg
    よこから。思ったほど厚みがないんですね~。
    bh10_R.jpg
    後ろ。バックパックも何も無いデザインが逆に新鮮です。
    bh2_R.jpg
    素の状態。プロポーションはマジ文句のつけようが無いくらい抜群です!
    組み立ては以前のダグラム、ソルティックの時のようにダボの調整やら、ポロリなんかもなく、非常に楽でした。
    マックスファクトリーさんのノウハウの蓄積を感じます。
    特に合いが悪い部分も無く、ガンプラのHGシリーズを組んでいるようでした。
    口?のスリット内のサーチライトは透明パーツなんで、腕に覚えがある人は光らせてみてはどうでしょうか。
    bh4_R.jpg
    頭をはずすとガンナーが乗ってます。
    頭はど真ん中に継ぎ目が入るので、コクピットやパイロット、キャノピーなんかは先に塗装して組み込んでマスキングしないといけません。後ハメは…できるのかなぁ…?(^^;
    bh6_R.jpg
    箱絵のポーズ。おそらく唯一のキメポーズではないかとw
    デザイン的なこともあるんでしょうが、可動範囲は正直、広くはないですw
    bh9_R.jpg
    左腕、肩アーマーが邪魔して水平に腕を上げるとここまでしか上がりません。
    bh8_R.jpg
    肘は90度くらい、ヒザは90度も曲がりません。太腿はアーマーも動くのでけっこう上がります。
    足首の接地性は、まぁそこそこ。
    bh3_R.jpg
    腰も動きますが、右に回転、上に反らしてこれがいっぱいいっぱいですw
    bh7_R.jpg
    まぁコンバットアーマーにそんな派手なポーズとらせる人いないでしょうから、
    これだけ動きゃ充分でしょうね。
    最後にソルティックと。
    bh5_R.jpg
    同じスケールと思えないくらいの体格差がありますね~。MGとHGくらいの大きさの差があります。
    いや~ともかくこの2014年にこんなベストプロポーションのブロックヘッドが発売されるなんて、ホント有難いですね。
    24部隊の次はアイアンフットではなくブッシュマンが出るみたいですが、
    この調子でかっこいいコンバットアーマーを出してほしいですね~。