10 | 2017/11 | 12

    1/144 HGUC シュツルム・ガルス製作その①~パチ組み 

    またか…とお思いの方もおられるでしょうがw
    性懲りも無くまた新しいキットに手を出してしまいましたw
    同日にゼータプラスも発売していたんですが、
    ちょっと考えもありシュツルム・ガルスを購入しました。

    ズサの時も思いましたが
    「定価2592円…高いな(゚A゚;)」
    と思わず口に出してしまったのは僕だけではないはずw
    ズサはボリュームのあるキットだったんであの値段でも納得ですが、
    多少大柄とはいえこれは…1800円ぐらいが妥当ではないかと…(^^;

    気をとりなおしてパチ組みいきます。

    細身に見えますがイメージほど細くはないですね。
    設定では19mあるんでちょっと大きめ。
    gal2_R.jpg
    背面。背負ってるのは収納状態のチェーンマインで、はずすとランドセルなどなにも背負ってないです。
    ゲルググ以来かな?

    ボクサー形態。
    シールドを肩に装備した状態から手持ちの状態へ組み換えるのが何気に面倒ですw
    gal3_R.jpg
    一番最初にこのトゲ付きのシールドを両手に装備した絵を見て、
    ジャンクマンを思い浮かべたのは僕だけではないはずw
    あとJのマッハパンチ(男塾w)

    劇中では格闘戦が印象的でしたが、キットもよく動きます。

    ガードをかいくぐったハイキックがクリーンヒット!!
    モチーフは高田VS北尾ですw
    gal4_R.jpg
    ただ下半身の関節の動きがもうちょっとシブければ良かったですね。
    特に足首がなんか緩い気がします。まあ瞬着たらせばいいんでしょうけど。

    チェーンマイン。長いっす。
    リード線で可動。
    gal5_R.jpg
    作るのがクソ面倒でしたww
    やっぱ僕にはケンプファーは作れませんw

    さて、実は本題はここからで、
    実は旧キットのガルスJとニコイチできまいか…と思って購入に踏み切ったんですけどね。
    gal6_R.jpg
    でも形状やらモールドが”似てはいるけど別物”状態なんで、
    使うとすればそのままいけそうなのは腕くらいですかね~。
    頭もアンテナが無いだけと思いきや形が全然違うしなぁ…w
    せめて股関節~太腿~ヒザ関節dけでも使えないかなぁ。

    ガルスJはなんか”ごつい”イメージがあるんで、ギラ・ドーガあたりの太腿とか使った方が、
    いい感じに太ましい体型になるかもしれませんね。
    シュツルムの太腿、連邦製MSみたいやし(;´∀`)



    スポンサーサイト