09 | 2017/10 | 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 HGUC ズサ(ZZ版) 製作その⑦~完成 

    ズサ、完成しました~ヽ(*´∀`)ノ
    関節の○モールドの中心部分とか、ミサイルとか、スラスターとか
    意外に面倒なマスキングが多く、難儀しました('A`)y-~
    ズサ26_R
    まぁ例のごとく細部は雑になってしまいましたが…w
    ズサ33_R
    「やっぱズサといえばZZ版でしょ!」と黄色に塗りましたが、
    やはり僕はこの色の方が印象が強いです。銃とシールドを作らなくて済みますしw
    ズサ27_R
    後ろから見るとクソでかいバーニアが機動力ありそうだな~と。
    もともと地上戦用だから、大気圏内を飛行しようと思ったら、これぐらいの推進器が必要なんですかね。
    ズサ31_R
    ブースターユニットがでかいです。塗面が広いのが面倒でした。
    まぁこんなんで面倒って言ってたらナイチンなんか作れないでしょうけど(^^;
    ズサ30_R
    モノアイはHアイズに裏からアルミテープで左右に動きます。
    あと胸元のバルカンはモールドを削り取って開口し、裏から金属パーツを接着しました。
    ズサ29_R
    ブースターを外すと途端にこじんまりとした感じにw
    ズサ28_R
    ビームサーベルでブンドド。僕のポージングのセンスの無さもありますが、
    手足が太短いんでどうにも様になりませんね~。
    ズサ32_R
    飛行中。浮かしただけじゃねーか!というw
    ズサ34_R
    売りのミサイル全弾発射ポーズ。胸とスネ、太腿のカバーが開きます。
    改めて見ると凄いミサイルの数ですよね~。
    ちなみにこのポーズをとらせるとその都度にどこかの塗膜が100%剥がれますw

    一応塗装レシピは、
    黄色(明):キアライエロー+セールカラー+艦底色
    黄色(暗):黄色(明)の艦底色の割合を増やしたもの
    赤:ガンダムカラーサザビーレッド
    各バーニア:ガイアカラーガンメタルにクリアーブラウンで焼け表現
    グレーとブルーは自家製のものでレシピ不明

    黄色部分は艦底色を下地に塗ってから立ち上げました。
    仕上げにスーパークリアー半光沢とつや消しを4:6ぐらいで混ぜたものでトップコート。

    デカールはめんどくさいので貼りませんでしたが、少し貼れば良かったかな~とちょっと後悔。

    まぁ元々キットの出来がいいんでZZ版もなかなかカッコイイんじゃないの!?と自画自賛中です。
    やっぱズサはUC版のシブい配色もいいですが黄色がよく似合うと思います。



    そして…













    ■けいおん!が五周年だそうです。(←三回目)
    ズサ35_R
    キレンジャーりっちゃんキタ━(゚∀゚)━!これも唯と並んで出来がいいですね~。よく似てます。
    製品は口のモールドが未塗装で間延びして見えるんで、
    ガンダムマーカーぼかし用のピンクですみ入れしました。写真だと分かりづらいですけどね。
    ズサ36_R
    「澪ちゃん、5周年のポーズはこうだよ、こう!」(ビシッ)
    「えぇ~(モジモジ) こ、これじゃだめかな…」(ごっ)
    「ホント澪は照れ屋だな~。これでいいんじゃん?(おすまし)」(ご)





    スポンサーサイト

    1/144 HGUC ズサ 製作その⑥~黄色塗りました 

    三連休の1日で黄色の2色と赤を塗り終えました(おっせw)
    ズサ25_R
    チエちゃんの弁当みたいに真っ黄っ黄ぃ~ですw(←誰もわからんわw)
    ズサ24_R
    黄色2色のバランスを見てみました。
    う~ん…もう少し2色の差がはっきりしてたほうが良かったかな?まぁいいか。
    ここからまた少しマスキングしてダークブルーと関節部のグレー塗装です。
    今週末ぐらいにはできるかな~?

    では、おやすみなさい(ノД`)~゜。

    1/144 HGUC ズサ 製作その⑤と雑記 

    九月初めての更新が11日ですか…前回からけっこう経っちゃましたね。
    ズサ、絶賛塗装中です。
    ズサ22
    黒立ち上げならぬ艦底色立ち上げで黄色を塗っております。
    ズサって意外とパーツ多いんですよね(塗り面積が広い?)写真で全パーツの2/3くらいなんです。
    まぁミサイルのマスキングもあるし、9月中に完成できたらいいかな~(^^;


    ■ナイチンゲール買いました。
    一週間発売日が伸びてやきもきさせられましたが、本日無事購入いたしました。
    ズサ19
    箱絵がめっちゃカッコイイですね~(*´∀`)
    箱を開けると大きい箱にギッシリのランナーたち。
    ズサ20
    ちょっとたじろぎますw
    HG並みのパーツ分割、という話でしたけど、なかなかどうしてw
    まあ噂には聞いてましたがデカイっすね~。
    ズサ23
    タバコと比較するとでかさがわかります。
    ちなみにリアアーマーですね。

    しかしこれ作ってもリアルに置き場所に困るだろーな~。
    飾るとしたら冷蔵庫の上とか…w(←マジです)

    ちなみにZⅡも買いました。
    ズサ21
    こっちは正直買わなくてもよかったんじゃ…(;´∀`)
    いつ作るんでしょうね~w積み直行ですw


    1/144 HGUC ズサ 製作その④と雑記 

    さてズサですが、ここだけはスルーできない足の裏を弄ってました。
    MG誌の作例を参考に、
    肉抜き穴をポリパテで埋め、プラ材とディテールアップパーツでディテールを作りました。
    ズサ14_R
    同じの二つ作るの面倒だった…(;´Д`)
    後は各肉抜き穴をプラ板やポリパテで埋めたりと基本的な工作ですね。
    ズサ17_R
    で、工作も終わって現在は表面処理中です。


    ここからは雑記です。


    ■MG Hi-νガンダムver.ka、買いました。
    ズサ18_R
    買ってもすぐに作らないしな~ととりあえずスルーするつもりだったんですが、
    別件でヨドバシに行ったら山積みになってて、見てたら欲しくなり
    結局買ってしまいました(;´д`)ゞ

    で、家で開けてみて、部品数の多さにビビり、そっと箱を閉じる、と(;´д`)ヤッパリナ…


    ■けいおん!が五周年だそうです。(←二回目)
    ズサ15_R
    澪が来ました。唯に比べると若干微妙な出来なような気がしますが…(;´∀`)
    ズサ16_R
    「澪ちゃん、5周年のポーズはこうだよ、こう!」(ビシッ)
    「えぇ~(モジモジ) こ、これじゃだめかな…」(ごっ)


    ■『ナインティナインのオールナイトニッポン』から
    『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』へ


    いや~とりあえずは「良かった」とするべきなんでしょうけど…
    やっぱり二人でやって欲しかったですね~。
    個人的には矢部っちが話していた辞める理由には納得できてないですけどね。
    まぁ長い間『木曜の夜の友』ともいえるラジオ番組だったんで、完全に終了しないのは良かったです。




    1/144 HGUC ズサ 製作その③~各部後ハメ  

    ズサの後ハメ箇所ですが、おそらく4箇所あります。
    (まだ出てくるかもしれませんが)

    まず下腕。
    ズサ12_R
    F⑦、(左はF⑬)のパーツをアートナイフで袖の部分でカット、
    (僕はカットした所に隙間があいたので、断面に0.13mmプラ板を貼りました)
    切り離した袖部分をF⑧(左はF⑫)に接着して継ぎ目を消します。
    そしてF⑧(左はF⑫)の赤く線を引いた部分にスジボりを追加します。
    これでOK。

    ちなみに僕はZZ版で組むので袖モールドは削り落としました。


    胸部装甲。
    ズサ10_R
    前後のパーツ割になっており、内部フレームの形状もあり後ハメは無理っぽいので
    前側のパーツC1⑥に段落ちモールドを彫ることで処理しました(分かりづらいですが^^;)
    更に真ん中あたりにノミでモールドを彫ってアクセントにしています。


    太腿のミサイルポッド部。
    ここの後ハメってHJ誌でもMG誌でも、詳しく紹介されなかった部分なんですよねぇ…
    ズサ11_R
    ここは正直、成功したとは言いがたい部分です。
    一応、やったことをそのまま書くと、
    右D⑮とD⑱(左D⑯とD⑰)からポッドの天井に当たる部分をアートナイフでなぞり、
    切り離してから天井部分を接着、継ぎ目を消します。

    そのままだと内側のシャッター部分と天井部分の隙間がタイトで、塗膜がこすれそうなんで、
    天井部の切断面に0.13mmプラ板を2枚貼り、高さを増して隙間を確保します。

    右D⑮とD⑱(左D⑯とD⑰)の太腿部分は後ろ側の段落ちモールドが途中までしかないので、
    上端まで彫ってやります。

    で、ここで「あれ?接着面が無さすぎか?」
    と思ったんで、天井部分の後方にランナーで軸を打ってグリスを塗り、
    太腿の内部にエポパテをシャッターのスライドに影響しないように盛りつけたあと、
    天井の部分をムニュッと押しつけ、凹凸を取ります。完成後ここをエポキシ系接着剤で接着するつもりです。

    しかしここはきっともっといいやり方が他にあるはずm9( ゚д゚)ビシッ!!

    何だったら素直にシャッター部を先に塗装、マスキングして組み込んでから
    継ぎ目消した方がいいかもしれませんww

    でもシャッターと天井部に隙間がほとんど無いので、そのままだとマスキングテープ入らないかもなぁ…
    継ぎ目を気にしないのが一番ベストな解決方法かもw


    ブースターポッド外側のカバー?の可動部
    ズサ13_R
    ここはパーツの構成上、後ハメは無理っぽいです。
    まぁ無理矢理後ハメするより、マスキングしたほうが無難かと思います。


    文章力がないのでこういう説明はホント苦手です(´・ω・`)
    分かりにくいと思いますが、どうかご容赦のほどを(^^;


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。