04 | 2017/05 | 06

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 HGCC ターンAガンダム製作その①~仮組みしてみた 

    ヒデキ→( ´Д`)♪たーんえーたーん たーんえーたーん たーんうぇ~~~ぃ♪

    ついに発売されました!待望のターンAガンダムです(゚∀゚)
    箱絵にはカプルとボルジャーノン。キット化…され…ないの…か…な?w
    a0_R.jpg
    嬉しさのあまり速攻仮組みですw
    a1_R.jpga4_R.jpg
    もうプロポーションはパーフェクト!といっていいほどの出来ではないでしょうか。
    MGターンAも完璧でしたが、HGも決定版と言える出来だと思います。
    ターンAは立体物に恵まれてますよね~。旧キットのターンAも決して悪くはなかったもんな~。
    贅沢をいえば左右の握り手(固く握ったグーです)が欲しかったですね。武器持ちは左右あるんだけどね~。
    形状的に他のMSから流用、てことができませんんしね。
    a2_R.jpga3_R.jpg
    正面から見て、肩アーマーの下のラインと胸のラインがちゃんと繋がるのがポイントですね。
    オールガンダムプロジェクトの一環でありながら
    共通化された関節部が一切使われてないあたりも規格外のMSですね。
    すねの裾のデザインから、接地性は今二つくらいですw
    しかし脛の真ん中にも関節部があり、ターンAの独特な脛の反りが再現されてます。
    a5_R.jpga6_R.jpg
    ビームライフルの後部差し替えで最大出力モードを再現できます。
    ビームサーベルは他のMSとあんまり変わらない太さですが、たしかターンAのビームサーベルは針のように細かったような…(;´∀`)マァイイケド
    a7_R.jpga9_R.jpg
    普通のビームサーベルボックスを、ジョンイント付きのものに差し替えることでライフルとシールドおマウントできます。
    胸は差し替えでマルチパーパスサイロの開様態を再現できます。フタが分厚すぎると思うんですけど…ww
    a10_R.jpg
    今回パチ組みして思ったのが、バンダイの技術力はやっぱり凄い!ということです。
    前回マックスファクトリーのダグラムをパチ組みしたから余計思うんでしょうが。。

    スナップッツトモデルとして、パーツのハメ合いが硬くも無く緩くも無く、ホント絶妙なんですよね~。
    まったくストレス無く組むことができます。
    a11_R.jpg
    兄弟機のターンXと。
    なんかターンXが若干小さくみえるのがちょっと残念なトコロ。
    ターンXってターンAよりひと回り大きいイメージがあったんですが、設定では0.5mしか変わらないんですね。

    継ぎ目は、
    頭部、胸部、上腕、下腕、ヒザ、スネ上下、ライフルぐらいでしょうか。
    フェイス部分は後ハメ不可…でしょうねコレは(^^;
    脛の可動部も後ハメは難しそうです。


    ホント素晴らしい出来で嬉しい限りですね~。
    こっからターンAシリーズからターンX、カプル、ウォドム、バンデット、ギャバン専用ボルジャーノンなんかキット化されたら嬉しいな~。で、コレン専用カプルをプレバンでw

    しかしオールガンダムプロジェクト、これからも続くんなら
    クスィーガンダム、フルガン、パガンなんかも当たり前の様にキット化されるんでしょうか?
    ペーネロペー、レッドウォーリアは無理か…(;´д`)ゞ (ガンダムってついてないしw)



    スポンサーサイト
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。