05 | 2017/06 | 07

    1/144 ガンダムF91製作その⑤~完成 

    F91やっと完成しました。
    f19_R.jpg
    細かい所の塗り分けその他もろもろ、このブログ史上一番雑な仕上がりになってしまいましたorz
    このキットをキッチリ仕上げる事ができる人って何気に凄いと思います。尊敬します(^^;
    f20_R.jpg
    一応カラーレシピを。
    白:クールホワイト
    赤:ハーマンレッド
    黄:キアライエロー
    青:フタロシアニンブルー
    グレー:ファントムグレー
    オレンジ:キアライエロー+ハーマンレッド少々
    あえて原色で塗りましたw
    ビームシールドは縁に軽くホワイトを吹きました。
    仕上げはスーパークリアーつや消しでトップコート。
    f18_R.jpg
    パーツ交換が多いんで、交換するたび途膜がはげて大変ですw
    後は適当に何枚か。
    f21_R.jpg
    f16_R.jpg
    高機動モード。
    f17_R.jpg
    いや~ひとすら細かい塗り分けが大変でした。
    おかげでガンダム作るのが嫌になりましたw
    『やっと次のに行けるぞ~(;´∀`)』
    という思いでいっぱいですw
    やっぱあんまり思い入れが薄い機体は作るもんじゃないなw



    スポンサーサイト

    1/144 ガンダムF91製作その④~サフ吹きました。  

    う~ん、かわいい・:*:・(*´∀`*)・:*:・
    yui_R.jpg



    じゃなくてw
    久々のF91です。サフを吹きまして、
    f15.jpg
    現在、白を絶賛塗装中です。

    しかしF91ってサイズが小さいせいもあるでしょうが、小さい部品が多いです。
    部品数もなんか多い気がします(^^;


    いわゆる”白いガンダム系”の機体を組むのはMGガンダムVer.2.0以来でして。
    白って吹くのにこんなに手間かかったかなぁ…と戸惑い中です。


    早く完成させて次に行きたい気分でいっぱいですw
    やっぱガンダム系はいまひとつ気分が乗りません(;´∀`)
    白がなぁ…

    白いワンピース姿の女の子は大好きなんですがw(↑一番上に戻る)



    1/144 ガンダムF91製作その③~後ハメとかディテアップとか。  

    気付けば前回の更新から2週間近くたってます…w
    なんやかんやで全然進んでません。。

    後ハメ?の続きです。ボディの白いパーツ部。
    f11_R.jpg
    分割部を写真の位置にすることで背中のフィンの一番上の継ぎ目が消せます。
    詳しくはHJ2月号をどうぞw

    頭はアンテナを少しwシャープにしました。
    f14_R.jpg
    あと側頭部と胸部のバルカン砲?はそれぞれ1mmと0.8mmのピンバイスで開口しました。
    でも少し穴が大きすぎましたw

    ビームシールドの基部はシリンダーと支柱の隙間が埋まってたのでピンバイスとカッターでくり抜きました。
    f13_R.jpg
    ここは金属パーツとかで作り直した方がきれいでシャープに仕上がると思います。
    僕はやりませんでしたがw

    フクラハギ部の黄色で矢印の部分で段落ちモールドにしました。
    f12_R.jpg
    これをすることでフクラハギのフィンとかが塗装後に組めます。
    これもHJどおりw

    あとこれもHJでやってたんですが、
    f10_R.jpg
    足首アーマー横の六角形の部分は何もモールドが無くあんまりにもあんまりなんで、
    くり抜いてモールド入りのプラ板をはめ込みます(×4)
    こんなことやってるからなかなか完成しないんだよな~ww

    なんか今月中の完成も怪しくなってきましたww
    1月中にできるかな~?w


    1/144 ガンダムF91製作その②~武器の後ハメとか 

    明けましておめでとうございます。
    今年もぼちぼちと更新していきますので宜しくお願いいたします。

    こちらでは正月三が日にサンテレビでファーストガンダムの劇場版三部作が放送されまして
    無性にエルメス、グラブロ、コアブースター、ビグザム、ジオング、ミデアとかが作りたくなってきましたw
    途中でF91をほっぽりだして他にいってしまうかもしれませんがw
    とりあえずF91を(^^

    ヴェスバーです。
    f6_R.jpg
    HJにも後ハメ方法が載ってましたが、面倒なんでこの方法に。
    グレーのパーツの伸縮用の溝を延長して掘り込みます。
    後部のダクト部分を切り離し、本体ダボ穴の上部を切り欠きます(各黄色で塗った部分です)
    これをやると当然、ストッパーが無くなるので前部カバーが抜けるようになりますが、
    まぁ加減して伸ばしてやればいいんじゃないかとw
    グリップ部分は後ハメせずにそのまま。

    ビームライフルです。
    f7.jpg
    ここもHJに載っていたんですが、なんかよくわからなくていろいろ削ったりしてたらこんなことにw
    どこをどれだけ削ったか覚えてないですw
    これでできると思うんですけどね…(^^;
    万が一、やられるときは自己責任でお願いします(^^;スイマセン
    【追記】
    白い外装の切断した断面に、切った刃の厚みの分のプラ板を貼りましょう。
    バラバラにした部分は、すり合わせを充分に行い、塗膜分を考えて見えない部分で削った方がいいです。
    少し緩いくらいで丁度いいと思います。
    そうしないと白い外装の接着面で割れます(割れましたw)


    バズーカです。
    f8.jpg
    グリップ部を定番の切り欠き、
    先端パーツのダボをカットしただけです。

    後ハメじゃないですが肩部。
    f9.jpg
    ポリパーツはプラ板で囲えば塗装できるんでしょうけど、面倒くさいんでそのままw
    四角のノズルはそのままではあんまりにもあんまりなんで、
    削り落としてディテールアップパーツを貼り、左右を切り込んでやりました。
    下から見ると肩のダボが丸見えなんですが、まぁフィンで見えにくくなるんでいいかなw

    とりあえず今日はここまで。

    あくまで個人の印象ですが、このキットのプラって以前のより柔らかくなってる気がします。
    なので工作はやりやすいんですが、逆に削りすぎたりには注意です(←自分に言ってますw)


    あ~、エルメス作りたい…w


    1/144 ガンダムF91製作その①~仮組み 

    おそらく今年最後の製作記事、
    F91を仮組みしてみました。

    F91って、本編は2~3回くらいしか観たことがなくて
    正直、話も断片的にしか覚えてませんw
    もっとも印象に残ってるシーンといえば、
    序盤に、MSの薬莢(だったかな?)に当たって子連れの女の人が死ぬシーンと、
    シーブックの友人が爆風かなんかに吹き飛ばされてあっさりと死ぬシーンです(←オイ)
    でもこのシーンって「戦争での人ひとりの命の軽さ」みたいなことが描かれていて印象的なシーンだったと思います。
    戦闘シーンとか全然覚えてないなぁ…(^^;

    あと、スーパーロボット大戦で「なんとぉーっ!」って言いながら相手の攻撃をよけまくるトコとかw
    回避力の高さはビルバインといい勝負で、敵を引き付けるのに重宝したなぁ…とかね~w
    まぁ思い入れといえば、そんなモンですよw
    f1_R.jpg
    組んでみた印象といえば、「ちっさ!」「細っ!」この2点につきますw
    f3_R.jpg
    非常によく動きます。でもヴェスバーや肘関節やヒザ関節がプラなので
    調子にのって動かしてるとすぐへたりそうです。
    f4_R.jpg
    色分けもシールを貼ったらばっちりです(貼ってませんけどw)
    でもバーニアの黄色と黒とか、塗装派にはちょっと面倒そうです。
    肩のF91のマークもシールがありますがモールドでも入ってるので塗装派としては助かります。
    (でも白地に赤なんで、マスキング失敗した時の事を考えるとちょっと嫌な感じですw
    f5_R.jpg
    継ぎ目は頭部、バックパック、バズーカ、ビームライフル、肩、ヴェスバーなど。
    他はともかくヴェスバーは伸縮ギミックもあり、後ハメするにしても難儀しそう(^^;
    まぁ今月号のHJに作例が載ってるんでそれを参考にしようかな。
    f2_R.jpg
    最大稼動状態。オープンフェイスはヘルメットを外してフェイスごと交換。
    何かネットでは顔がブサイクだという話もでてますがw
    思い入れが薄いせいか個人的にはそんなに悪くないんじゃないかと。


    まぁ、来年作ると思います。多分www
    つかやっぱこのスケールのクロスボーンガンダムが欲しいっすw