04 | 2017/05 | 06

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 HGUCグフ製作その⑨~R35グフボディの幅増し 

    今回は短いの2本更新です。
    同時にやってるとあんま進まないんだよなぁ…(;´Д`)
    色々寸法測ったりして検討したんですが、
    グフ30_R
    まず胸の接着面に1mmプラ板を貼って幅増し。

    お腹は軸部分を避けてカットして1mm幅増し、横の欠けてる所にポリパテを盛って成形、
    そしてすこし長く感じたので下端を1mm削って縮めました。
    グフ31_R
    以前のボディと比べて意外にも胴体横幅は左右で0.3mmしか変わらないので、このまま行きます。
    後で胸下に動力パイプが通ればシルエットが変わるので、丁度いいぐらいになるんじゃないかな?と。


    で、この後、画像はないですがフロントアーマーをフンドシから独立可動させようと切り離してしまいました(;´∀`)
    それまではフンドシとアーマーが一体で可動する感じで、実際はお腹に上端が当たりほとんど動かないのが不満だったので。

    まぁ軽く後悔してますが(;^ω^)
    また完成が遠のいたなw
    スポンサーサイト

    1/144 HGUCグフ製作その⑧~さらにグフR35をミックス! 

    さて超久々の更新のグフですが、
    新発売されたグフR35のパーツを組み合わせてみました。
    どうかな~?
    グフ28_R
    胸部、腹部と腕部分をグフR35から取ってきました。
    胸部は以前のものはボリュームがありすぎるのは気になっていた部分だったんで、
    そこが解消されたのはよかったです。

    以前の胸パーツ、けっこう苦労して作ったんだけどなぁ…(´Д⊂ヽ
    でも画像で見ると、新パーツを使った方が明らかに完成度は上がるもんなぁ…。

    グフ29_R
    正面から見ると上半身が下半身のボリュームに負けてる気がします。
    ウエストから下半身のつながりも悪い気がしますが、
    これらはウエストの段差を無くしたら軽減されるかな?と思います。
    正直言うと腰部分も、フロントアーマーの可動の関係からR35を使いたかったんですが、
    太腿が太くてスカート内におさまらない、
    太腿と股関節部分の接続方法、
    R35の太腿にした場合、脛との接続方法など、
    総合的に考えた場合、下半身はR35は使わずにいうかと思います。

    久々に弄りましたが、太腿の太さはもう少し調整が必要ですね。
    あとグフのフロントアーマー旧ザクのサイドアーマーのつながりとか。

    まぁ今年中を目標にちまちまやっていきます。
    早いトコ完成させないとHGUCグフVer.2.0とか出そうですしね(;´∀`)




    1/144 HGUCグフ製作その⑦~太腿のボリュームアップ 

    一度サフを吹こうと思ったんですが、
    中途半端な感じで前々から気になっていた太腿をボリュームアップすることにしました。
    SSPパテを盛っては削り~盛っては削り~のエンドレス。
    グフ26
    まだ盛り削りの途中ですが、これくらいまで太くしました。
    グフ27

    で、装着。相変わらず間違い探しレベルですが、個人的には上手くいったんじゃないかなぁ、と。
    グフ25
    正面から見るとかなりのボリュームなのがわかります。
    グフ24
    さすがにここまで太くなると、万人がイメージするグフ像とはすこし離れているだろうと思いますが、
    僕の中ではこんな感じなんですよね~。
    なぜなら僕のベストグフはガンポンMGグフ編のMAX渡辺氏のグフなもんでw

    1/144 HGUCグフ製作その⑥~前腕とか。。 

    やっべ…全然やる気が起こりません…
    ゾゴックが完成したら、なんか今年がもう終わってしまったような感じですw

    で、ジェットビートルやらエヴァ8号機やら作りたいな~なんて前回吹いてたんですがw
    もちろんまるきり進んでいません。
    ジェットビートル用にガイアカラーのシルバーは買ったんですけどw

    グフはちょいちょい弄ってるんですが、
    前回からどこが進んだかというと、
    グフ23
    両前腕をパテ盛りと削りこみで形を変えました。
    そして左手のマシンガン部分をパテ盛りやらで形状変更(親指が太くなってしまった!w)
    口のインテークにスジ入れたプラ板を貼りました。


    ぜんぜん進んでねぇなぁ…w
    これ今年中に終わるのかなぁ…(^^;
    いや終わらしますけどね。

    今400番のペーパーを改改修部分を中心にかけてるんですが、
    なんかラチが開かない&モチベが下がる一方なので一度捨てサフを吹こうかと思います。
    ちゃんとカタチになってるかサフ吹かないとよく分りませんしね~。
    まぁこのグフはパテ盛って改造する時より、サフ吹き後の表面処理&修正こそ正念場な気がしますね。

    1/144 HGUCグフ製作その⑤~足首の製作 

    いや~台風が過ぎ去りましたね。
    今回の台風は久々に僕の地元の大阪にも被害が出ましたが、
    皆さんがお住まいのところはどうでしたでしょうか。
    京都とか特にひどかったですね~。なんか鴨川があんなに増水してるの初めて見た気がします。。


    さて、部品注文していたグフカスタムの足首が届きました。
    9/4の朝にポスト投函して9日には届いたんで、約6日で届いたことに。
    バンダイさん凄い!早い!
    その企業努力に頭が下がります <(_ _)>
    昔はマジ2週間くらいかかってた印象があるんですけどね~。
    時期もあるのかな?

    で、グフカスの足首は関節パーツとソール部分が別パーツになってるんですが、
    可動は完全に殺して、関節パーツをただのポリの受けにしました。
    で、それを足裏に黒瞬着で接着し、関節可動のポリはボールジョイントの軸をさして甲パーツを接続。
    範囲は狭いですが一応甲パーツは可動します。
    グフ21
    で、丸く切り欠いてある部分にマイナスモールドを接着しましたが、
    このマイナスモールドはなんか連邦軍ぽいですね(^^;
    グフ22
    できあがったグフカスとグフの足首を比べると、グフカスの方が先がすぼまってなくて、
    僕のイメージに近いです。

    で、装着。
    グフ20
    うん!自分のイメージに近くなった気がします。
    スパイクがつくととたんにグフらしくなりますね。
    スパイクは長いほうはキットのものをプラ板で角度を変えて接着。短い方はディテールアップパーツです。
    胸部も工作してから時間が経つと「やっぱここはなんか違う…」という部分がでてきたので
    ちまちまフンドシと共に弄ってます。
    胸部難しい…(‐”‐;)

    今までは「ひと月に一体」という縛りが自分の中であったんですが、
    グフはとりあえず今年中にできればいっか…と思ってます。

    そういや、ドダイも作らなきゃな~(⌒_⌒;

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。