09 | 2017/10 | 11

    スポンサーサイト 

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    1/144 06R-1Aシン・マツナガ専用ザクⅡ製作その⑥~完成\(^ ^)/ 

    MS-06R-1Aシン・マツナガ専用高機動型ザク完成しましたー。

    でも今回はなんか塗装が荒くなってしまったんでサラッと(^^;
    06R16.jpg
    なんかこのキットのシールって従来の物より分厚くなってる気が…気のせい?
    06R18.jpg
    塗り分けはMSVシリーズ当時の設定で。まぁ違いはヒザアーマーが白いくらいですがw
    06R20.jpg
    汚しはしなかったんですが、画像だと単調に移るんでチッピングくらいすればよかったかなぁ。
    06R22.jpg
    特にバックパックの塗装が雑になってしまいましたorz
    06R17.jpg
    でもシン・マツナガ用のザクを組んだのが小学生以来なんで、白いザクというのは新鮮ですね。
    06R21.jpg
    黒三用ザクと記念写真。こうなるとライデン機の発売が待ち遠しいところです。
    今年中くらいには発売するかな?

    さて、今年7体目の完成品となりました。
    今年前半はザクばっかり作ってた気がするので、しばらくザクはいいかな(^^;

    今週末にはメッサーラが発売されますね。実は買おうかどうか迷ってます。
    カッコイイのは間違いないんですが、どうせバイアランカスタムみたいに組みにくいんだろうなぁ…変形するしw
    最近のバンダイさんって、明らかに塗装派のことはあまり考えてくれてないですよねw

    現在進行中はザブングル…と、ゾゴックが発売される前に休止中のアッグガイを完成させたいなぁ~。
    それから重装型ガンキャノンを作りたいな~。

    あ、一般作業用ザクも(←やっぱザクかよw)
    スポンサーサイト

    1/144 06R-1Aシン・マツナガ専用ザクⅡ製作その⑤~シンマツ基本塗装終了 

    シン・マツナガ用06Rはほぼノーマル組みなんですが、
    シールド裏のバルジと、頭部アンテナだけ弄りました。
    06R15.jpg
    黒いのはは黒三用ザクで未加工、白いのが加工したものです。
    そのままだとあんまりにも板なんで…
    いやいや、もはや角棒といってもいいかもしれないw(^^;
    しかし安全対策はわかるんですが、せめてもう少し薄くできないものでしょうか…w

    ともかくあんまりなんで、前側から薄くなるよう削りました。
    しかし削ったおかげで若干貧弱になった感は否めないww
    ホントはもう少し前後幅を狭くするつもりだったんですが、
    折れるのを恐れてほどほどにしときました。

    そしてスジボリを3本、設定通りに入れました。
    薄くした分、取り付け部にできた隙間はプラパテで埋めました。
    06R14.jpg
    で、いつも通り黒サフ吹いて、
    白:ガンダムカラーMSホワイト
    グレー:ニュートラルグレー
    関節部:黒鉄色
    の基本3色で塗装しました。

    写真左やや上部に写っている、
    左肩アーマー部の水色ラインはシールが付いてるんですが、
    曲率の高いショルダーアーマーにマトモに貼るのは不可能なんで、
    マスキングして塗装で対応しました。
    できればここだけでもデカールをつけて欲しかった所ですね~。

    あとは細部を塗装してトップコートで完成です。

    1/144 06R-1A黒い三連星専用ザクⅡ&06R-1Aシン・マツナガ専用ザクⅡ製作その④~黒い三連星用ザク完成d(`・∀・)b 

    黒三とマツナガを同時進行と銘打っているんですが、
    ホントに二体同時に塗装するとどえらいパーツ数になるため黒三の方から進めてます。
    06R12.jpg
    そのままだと下腕にめっちゃ干渉する銃床ですが、画像のように回りを削りこんで小型化。
    でもこれでもまだ下腕に干渉するんですけどねw
    なるべく角を丸くしてガリッ!といきにくいようにしてます。

    で、黒サフ吹いて…


    で、修正して…


    で、塗装して…


    で、できました━━━d(`・∀・)b━━━!!!
    06R4.jpg
    正直バックパックとスネの細かい塗り分け部分はアップでは見せられないレベルですw
    モノアイはいつもと同じく3mmの穴を開け、Hアイズをクリアーレッドで塗装して裏からアルミテープを貼ったものを接着。
    06R5.jpg
    塗り分けと色味は旧キットを意識してます。
    どうも最近の黒三の指定色は青味が強すぎる感じがするので。
    それにいつからフトモモ等の色は真っ白になったんでしょう…
    06R6.jpg
    参考にならないと思いますがw塗装レシピ。
    濃いグレー:自家製ベースグレー+セミグロスブラック。ほぼ黒色ですw
    紫:自家製パープル+蛍光ピンク
    フトモモなど明るいグレー;グレーFS36270
    関節部グレー:グレーバイオレット
    動力パイプ、フンドシ等:黒鉄色
    赤:サザビーレッド
    バーニア:メタリックカラーのアイアン

    以上を黒サフの上から黒立ち上げ、
    キットのシールを貼った後にエナメル銀でパーツ角を中心にドライブラシ、
    最後にスーパークリアーつや消しでトップコート
    です。
    06R8.jpg
    スネとバックパックの細部の塗り分けは非常に難儀しました(´д`ι)
    マスキングが面倒だったんで全部筆塗りです。
    スネの丸いバーニアモールド部分は中心部をくり抜いて裏からプラ板を貼った方が簡単でキレイにできあがるかもしれません。
    06R7.jpg
    足首の接地性がいまひとつなんでスタンドに飾った方がいい感じです。
    06R9.jpg
    06R11.jpg
    06R10.jpg
    実は塗装時に左の穴あきお手手を見失ってしまい…orz
    握り拳しかないんでバズーカもマシンガンも中途半端にしか構えられてませんw
    マツナガ機が完成するまでにはなんとか見つけて写真撮りなおしたいなぁ…


    いやー。完成するとやっぱいいもんですねぇ。
    以前、仮組みで組んだ時はどうもプロポーションが気に入らず、
    HGUCの旧ザクとザクと旧キットでライデン機を作る!などと息巻いていたんですけど、
    それはもう止めとこうと思いましたw
    いざ塗装して出来上がると、素直に「かっこいいキットだな~」と思ってしまったんですよね~。
    なのでライデン機が発売されたら素直に受け入れたいと思います(*´∀`)

    さて、順番どおりならつぎはマツナガさんの機体ですが、間にまたなにか挟みたいなー。と思ってます。
    以前にチラッと書いた強行偵察型も勿論ですが、
    ♪風か嵐か~青い閃光~ 青いヤツを作りたいな~とムラムラしてますw
    まぁ記事になるくらいのものになるかはわからないんですけどw

    それでは~(´・ω・)ノ

    1/144 06R黒い三連星用ザク&06R-1Aシン・マツナガ専用ザク製作その③ 

    06R×2です。
    キットをほぼそのまま組んでるのであまり書くこともありませんw
    でもパーツ数はニバーイ、ニバーイV(^◇^)V
    なのでゲート処理やなんかに手間取ってますw

    数少ない改修点は
    06R2.jpg
    足首ですがより設定画に近い形状のザク・マリナーのものと交換。
    足裏はスクリューのモールドなんでディテールアップパーツでバーニアを作りました。
    06R3.jpg
    ほいでマツナガさんのシールドですが再現されていないシールド裏のバルジを1.2mmプラ板で作りました。

    あとはモノアイをいつもの感じでHアイズで作るくらいかな。



    で、今気づいたんですが、足のバーニアパーツを一つ紛失してることが発覚www
    ということは、自動的に残りのバーニア五つとも
    市販のディテールアップパーツに交換が確定…orz

    よけいな出費だわ~。6個て2セットで揃うかしら。。

    部品注文しよかなぁ…でもメンドくさいんだよな~w

    1/144 06R黒い三連星用ザク製作その②~ヒジの後ハメ 

    連投ですw
    同時にやってるんで両方ともあまり作業が進んでないですw

    ちなみに先日発売したマツナガ専用06Rにも同時に同じ工作を進めてます。

    さらにまだ記事にしてませんが、
    HGUCザクと旧ザク、旧キット06Rを組み合わした、
    ジョニーライデン06Rも実は少しずつ進んでます(;´∀`)キガオオイヨ…

    さて、ヒジの後ハメですが
    06R1

    紫の下腕部分の関節軸じゃないほうの取り付け部をカットします。
    そしてヒジ部両側面のピンを切り取ります。
    外側にある紺の部分の固定用の突起も削り取ります。
    現物がある人は比べてもらえればわかりやすいかと。

    これで塗装後にグレーの関節部を軸にはめて切り取った部分を元の位置に接着、
    そして紺の下腕部品の下から差し込むように接着したら完成ですね。

    はい!HJどおりですね!w
    分かりずらい人はHJ2013年4月号を参考してくださいw


    その下にあるのはヒザ関節部品。
    肉抜き穴をポリパテで埋めました。


    そして記事と関係ないですが
    ど━━━━(゚∀゚)━━━━ん!!!!!!!!
    ドム60
    1/60ドムをまんだらけにて購入w

    でかいドムの箱を抱えて買うかどうか悩んでる姿を見た友人から
    「オマエは小学生みたいやなw」というツッコミをいただきましたw

    作るのか!?w1/60ゲルググ再販しないかな~。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。