07 | 2017/08 | 09

    1/72 HGABビルバイン製作その⑨~コソーリ|д゚)カンセイ、シタヨ… 

    なんだかんだで約ひと月ぶりの更新となりました。
    いやぁ…10月は更新が1回だけだったんですが、えらいもんで9月と比べると現在はアクセス数が1/3ですよw

    この間も決してサボっていたわけではなく、
    マスキングしたり、はみ出しを修正したり、筆塗りしてはみ出したり、また修正したり…と
    全く楽しくない作業を延々とグダグダと行っていたのです。

    しかも出来上がったものがいま一つだという…w
    いや~、報われない努力って、あるもんですね( ー`дー´)サトッタ
    本当はあまり晒したくないんですけど、晒さないと次に進めませんのでw

    ※くれぐれも拡大などしないでくださいw

    なんかめっちゃ普通というか、さしてカッコよくも無く、悪くも無くという感じの上がりですw
    biru18_R.jpg
    まぁ途中で投げ出さないで最後まで作った、というところは自分を褒めてあげたいw
    biru19_R.jpg
    ビルバインのカラーリングって、なんかリアルに塗りようがない気がしたので、主人公機ぽく派手目にベタ塗りしたんですが、
    これもなんかイマイチだった気がするなぁ…。
    ウォッシングしようかどうか、迷ったんですけどね~。
    biru20_R.jpg
    当初の密かな目標として、旧1/48のボックスアートと同じようなポーズがとれるように…
    というのがあったんですけど、それもかなり中途半端な感じにw
    まぁ腰がどうしても回転させられないので。
    biru21_R.jpg
    最後にダンバイン(with埃)とツーショット。
    隅っこの方に飾ってあったダンバインを引っ張り出したんですが、ラバーの部分が劣化してボロボロになってました(泣)
    これはヒドイよバンダイさん。。

    とまぁ、反省点ばかりのビルバイン完成と相成りました。
    やっぱり、ちゃんと組み立てるだけでカッコイイビルバイン、欲しいですよね~。
    マックスファクトリーさん、ダグラム終わったら、ダンバインやってくんないかな~。

    まぁ、これでやっと次に行けます-y( ´Д`)。oO○
    次はアレだよー。237だよ~(*´∀`)
    スポンサーサイト

    1/72 HGABビルバイン製作その⑧~サフ吹きました 

    さてさて、超久々の更新です。
    自分でもびっくりしたんですけど、前回の更新からおおよそ1ヶ月ぶり、
    ビルバインの記事としてはひと月半ぶりの更新になるんですねヮ(゚д゚)ォ!

    けっしてサボってたわけでなく、なんか「だり~な~」という感じでまったく進まなかったんですけど(←それをサボってたというんです)
    本日、やっと全てのパーツの継ぎ目消し、表面処理がおわってサフを吹けました。

    というわけで塗装なんですけど、悩み事が一つ。

    ビルバインの明るい部分て、どういう色なんでしょう?
    旧1/48の箱絵では、

    白に近いグレーで塗られています。
    説明書の塗装指示では、ライトグリーン(ジムみたいな色)ですよね。

    1/48のボックスートは目茶目茶カッコよくて好きなんですけど、これ実際にグレーで塗ったらどうなんかなぁ…
    なんか地味になりそうな気がするなぁ~。

    いちおうガイアのボトムズカラーのアイスグリーンを買ったんですが、どうしようかな~(←好きにしろやw)
    じっさい赤色との兼ね合いがあるので、塗ってみないとわからないんだよな~(←じゃあ塗ってみろやw)
    面倒くせえなぁ~-y( ´Д`)。oO○(←オイw)


    ~追記~


    そのあと赤はハーマンレッド+スカーレット、
    ライトリーン部分はアイスグリーンで塗り進めてみました。
    biru16_R.jpg
    赤とライトグリーン部分を合わせてみました。
    写真で見ると、うん、悪くない感じがします。でも、実際はもう少しグリーンが強いんだよな~
    この写真の色ぐらいになればいいんですけどね。
    難しいな~。





    1/72 HGABビルバイン製作その⑦~だいたいこんなもんかな~? 

    ちまちまと進んでいますビルバイン。

    前回から変わったところといえば、
    肩軸の根元にカバー追加。
    肩アーマーはエポパ盛ってたんですが、妙にでかくなってしまったのでパテを剥がし、部分的に削り込みました(おかげでアーマーの軸穴部分に穴が開きました(^^;)
    首を0.3mm延長。
    ぐらいかな?ちなみに首はまだ両面テープで仮付けです。
    biru12_R.jpg

    オーラコンバーターを付けてバランスを見てみました。
    う~ん、悪くないかも?
    今風のプロポじゃないのがなんともw
    でもやっぱ、足はもう少し長いほうが良かったかな?(←後の祭りw)

    なんか正面から見たとき、頭が細い気がする…
    そして側面から見ると、頭がでかく見える気がする。
    しかしこのままでもいい気もする。
    う~ん、難しいなぁ(^^;

    まぁあれですね。こういう弄りまくったやつは、一回サフ吹いてからが本番ですからね~。(←パテとプラの境目が苦手な奴)
    先はまだまだ長そうですw
    かっこ良く完成できたらいいんですけどね。


    GMキャノンが届きましたヽ(*´∀`)ノ
    biru14_R.jpg
    う~ん、カッコイイ+(0゚・∀・)
    白黒じゃなければもっと良かったw
    GMキャノンはMSVの中でも好きな機体なんで近いうちに組みたいな~。


    1/72 HGABビルバイン製作その⑥~節子、それドロップやない、ガンキャノンの肘関節や。。 

    いや~一時よりマシになったとはいえ、まだまだ暑いですね~(;´д`)ゞ アチィー!!
    僕は相も変わらずちんまりちんまりビルバインを弄っています。

    さて、ずっとなんとかしなければ…と思っていた肘関節です。

    形がどうのと言うより、まず2パーツをパチンとはめ込むようになってるんですが、
    ハメ殺しみたいになっており、一度組んだら全然外れませんw
    可動範囲も写真のように直角までも曲がりません。(自分的には可動範囲は許せる部分ではありますが)

    関節のディテールがジャバラ?みたいなスジが入ったすこし特殊な感じなので、
    どうしよっかな~とずっと考えていたんですが、
    ある時、思いつきました。

    ( ゚д゚)ハッ!「REVIVEのHGUCガンキャノンの肘関節、使えるんじゃね~か?!」

    というわけでガンキャノンを買ってきました。
    ほぼ最新キットの肘関節だけをぶんどるのはちょっと気が引けますけど(いつかパーツ請求して組みたいと思います)
    ラッキーな事に少しの加工で組み込むことができました。
    biru8_R.jpg
    で、こんな感じに。

    他に前回から進んだ所と言えば、スネの内側がすこし抉れたふうになってるのをパテ盛り。
    腰パーツに胴パーツを差し込んだ時に出来る隙間を、可動に支障がでない範囲でパテで埋めました。
    そしてスネ裾の足首の可動範囲の切り欠きを広げ、
    足の甲にあたる部分を裏から黒瞬着で裏打ちしてから上面の幅を狭めるように肉厚ギリまで削りました。
    これで若干ですが足首が左右に振れるようになりました。

    やはり間違い探しレベルの変化ではありますw

    そして、肘はこんなに曲がるようにw
    biru9_R.jpg
    さすがREVIVEシリーズ、可動はハンパないですw
    ちょっとサイズが小さいのが気になりますが、まぁ見慣れれば平気になるかな~?
    つか下腕がでっけ~んだよなぁ…。




    1/72 HGABビルバイン製作その⑤~足が短ければエンジニアブーツを履け!m9っ`Д´) ビシッ!! 

    え~、タイトルに特に意味はありませんw

    前回の画像で少し足が短く感じたので、足を延長することにしました。

    1.2mmプラ板を二枚挟んでみました。
    切るときに使ったレザーソーの厚みが0.3mmなので、
    1.2×2-0.3=2.1mm
    で、おおよそ2mm強延長したことになります。

    う~ん、めっちゃ長なってもうたやんか…(´ε`;)
    というか、スネだけ長くなって、いかにもバランスが悪くなってしまいました
    でも現代の感覚なら、この長さでもおかしくないのかな?(←言い回しが最早ジジィw)

    というわけで1.2mmプラ板1枚にしてみました。
    1.2-0.3でおおよそ0.9mmの延長になります。
    biru6_R.jpg
    う~ん、これはこれでなんかあんまり変わり映えしない感じですけどw
    まぁあんまり足が長いのも好きじゃないし、これでいいかなぁ~(;´∀`)

    本音を言うと、スネとモモで1mmずつ延長というのも試してみたい気もしますが、
    試すだけの為に太もももぶった切るのはリスクが高い(つか、気に入らなかったとき直すのがめんどくさいw)
    ので、これで行くことにします。

    あと、大変だったわりに微妙なのが、胸とわき腹の境に段を設けたところ。
    間違い探しレベルの違いですが、なんかやる前の方が良かったかな?て感じです。
    ま、納得いくように引き続き弄っていきたいと思います。