05 | 2017/06 | 07

    スーパーミニプラ ウォーカーギャリア 

    もう発売から数週間たっており若干時期外れな気もしますが、
    スーパーミニプラのウォーカーギャリアを組み立ててみました。
    前回のザブングルもそうでしたが、食玩とは思えない出来ですね~( ^ω^ )
    オマケでガムが一個入っています(←逆w)

    ■ギャリィホバー
    wg3_R.jpg
    透明パーツが使われており、頭部も継ぎ目が出ないように分割が工夫されています。
    肩関節が前後に動くんですけど、ここのパーツが動かしてるとポロリしやすいし、
    柔らかいプラが使われてるので破損が非常に心配w

    ■ギャリィウィル
    wg4_R.jpg
    食玩とは思えないボリューム。胸部と腰との接続がよく考えられておりHGレベルです。
    ギャリアって足首のタイヤのせいで足首の接地性が懸念されるデザインだと思うんですけど、
    足首の甲とスリッパの部分が軸位置の違うダブルボールジョイントで接続されてスリッパがよく動くようになってて、、
    よく考えられてるな~とここも感心した部分です。

    ■クラブタイプ
    wg2_R.jpg
    これも良い出来です。透明パーツが使われてコクピット内部も一応再現されてます。
    ギャリアのバズーカ付き。

    ■レッグタイプ
    wg1_R.jpg
    レッグタイプ+ミニレッグタイプ+ギャリアのライフルで、これもメチャメチャ出来がいいっす。
    レッグタイプは1/35スケールかな?
    ビリンかマリアのフィギュアを付けて欲しかったな~。
    タミヤの1/35の兵士なんかと組み合わせても面白そうです。
    ミニレッグはギャリアと同スケール。
    ライフルがペラッペラなのは仕方ないかな~w

    ■ウォーカーギャリア
    wg5_R.jpg
    んで、合体してウォーカーギャリアに。
    いや~、ザブングルもそうでしたけど、ここまで出来が良いと、旧キットを組む気が無くなってしまうやろ!
    というくらい抜群のデキですw
    たださっきも言いましたが食玩故なのか組みたて易さを狙ってなのか、
    はたまた材料費が安く付くのかしりませんがプラが柔らかく、ちょっと力を加えるととたんに白化してしまうので、
    多少慎重に扱ったほうがいいかもしれません。
    破損したら部品注文もできないし(^^;
    動かしてると関節が緩くなるのは、もう仕方ないか…(←すでに腰がヤバい)
    wg6_R.jpg
    バズーカはグリップが可動するので、超手持ちも可能です(写真はちょっと持たせ方が下手糞ですけどw)
    wg7_R.jpg
    ギャリアとザブングルのそろい踏み。いや~いいっすね~(* ´ ▽ ` *)
    ギャリアでっけぇな~。
    ザブングルは正直、ガリガリすぎじゃねぇか?って感じのプロポですけど、
    ギャリアは多分スマートにできない体系なんでしょうねw
    あぁ、やっぱり普通のプラキットが欲しいよなぁ~。マックスファクトリーさん、どうですかねぇ?(←すでにバンダイからは諦めたw)

    スポンサーサイト

    今年のおまとめ。-y( ´Д`)。oO○ 


    しまい忘れた風鈴が
    冬の中で泣いてるみたい
    今年も暮れるんだ…

    短すぎたこの春や
    悔しすぎた夏も終わったのさ
    今年も暮れるんだな…

    これ以上 痩せない様に
    これ以上 減らない様に
    これ以上 喋り過ぎぬように…

    ジングルベルで気がついて
    あの人たちに手紙を書き出す
    今年も暮れるんだな…

    年の瀬'93 / 仲井戸麗市

    はい、毎年恒例の年末の〆のテーマソングを歌ってみたところでw
    今年の完成品を振り返ってみようかと思います。

    ■1月
    ptg8_R.jpg
    1/144 HGプロトタイプグフ

    ■2月
    bl7_R.jpg
    1/144 HG ガンダムバルバトス

    ■3月
    mk2-3_R.jpg
    1/144 HGUC REVIVE ガンダムMk.Ⅱ

    ■4月
    rab12_R.jpg
    1/35 ラビドリードッグ

    ■6月
    ku12_R.jpg
    1/144 HGUC クシャトリヤ

    gy12_R.jpg
    1/144 HGUC REVIVE ギャン

    ■7月
    rg10_R.jpg
    1/144 HGUC REVIVE リアルタイプ・ガンキャノン

    ■8月
    lg9_R.jpg
    1/144 HGHM エルガイム

    ■9月
    lm6_R.jpg
    1/20 PLAMAX リン・ミンメイ

    1008_R.jpg
    1/144 HGUC REVIVE 百式

    ■12月
    tu8_R.jpg
    1/144 トゥランファム


    と、11体の完成となりました。
    今年はなんとなく完成品は少なかった印象があったんですが、なんとか二桁をキープ。
    まぁ積みプラは間違いなく毎年これ以上は増えて行ってるので一向に減りませんがw

    今気づきましたが今年はダグラムのキットをひとつも組まなかったんだなぁ~。
    アイアンフットもブッシュマンも24部隊ソルティックも積んであるので、ぜひ来年は作りたい!
    つか、もっと完成品を増やさないと積みがまったく減らない!
    ということで、来年の目標を完成品15体ということにしておきます。
    ガレージキットにも挑戦したいなぁ…(何年か前にも書いた気がスル…(^^;)

    今年このブログを見に来て頂いた皆様、どうもありがとうございました。
    拙い作品ばかりですが、来年も続けていきますのでよろしくお願い致します。

    そしていつもコメントを書いてくれます友人のぺにーさんに特別な感謝をd(゚Д゚ )☆スペシャルサンクス☆( ゚Д゚)b

    それでは皆様、よいお年をお迎え下さい。












    君は模型界のアイドルを知っているか!?m9っ`Д´) ビシッ!! 

    先日、オークションで偶然見かけて、懐かしさのあまり思わず買ってしまいました。

    そう、アラフォーモデラーのかつてのアイドル『プラモのモ子ちゃん』(´∀`*)

    若い人は知らないでしょうが、プラモのモ子ちゃんというのは、30~35年?くらい前、タミヤのチラシやなんかで、模型講座がマンガで掲載されてたんですよね。
    言ったらタミヤのイメージキャラクター?なのかな?当時から絵が可愛くて好きだったんですよ。

    軽く中を紹介してみると…
    今でも通用する?製作テクニックの数々が紹介されています。
    moko3_R.jpg

    ↓このツィンメリットコーティングの再現なんて、マイナスドライバーでひとつひとつですよ。
    今ならなんかローラーみたいなのありますもんね。タミヤパテを使うのはいまでも定番なんでしょうか。
    でもやってるとすぐ乾いちゃいそうだよねぇ。
    moko4_R.jpg

    タミヤの人形改造コンテスト向けでしょうか。フィギュアの改造法みたいなのも。
    余談ですけど、タミヤの人形改造コンテストってまだ開催されてるんですね~
    なんと今年で45回目(!)だそうで。すげ~。
    moko5_R.jpg

    デジカメ全盛の現在ではあまり役立たないかもしれませんけど、撮影法なんかも軽く載ってます。
    ライティングなんかは今でも参考になるかも。
    moko6_R.jpg

    先見の明がありすぎw今で言う痛車の絵の描き方ですね~。
    つか、こんな説明で描けるわけないですよねぇw
    自分が子供の時から痛車的な文化があったんですね。もともとはノーズアートとかから来た発想なんですかねぇ。
    moko2_R.jpg

    で、最後ですがモ子ちゃんの魅力はどういうとこにあるかというと…
    コレですよ、コレ。
    moko8_R.jpg
    ミニスカキタ━(゚∀゚)━!!!

    この絶妙なチラリズム!
    パンチラなんかは絶対無いんですけどw
    この細すぎず太すぎず、いいかんじの太さの太もも裏がたまらん(*´Д`)
    この健康的なお色気がモ子ちゃん人気を支えていたと言っても過言ではない(*゚д゚)(←ホントかよ)
    当時小学校高学年ぐらいだった僕はちょっとドキドキしながら見てたもんです。
    いや、ほとんどの男子は僕と同じくドキドキしながら見ていたに違いない。絶対|д゚)キミモ、ソウダロ…?

    というわけで、いや~懐かしかったな~ちゅう話でしたw
    決して、トゥランファムが進んでないからお茶を濁した訳じゃないですからねw( ´Α`)チガウゾ

    スーパーミニプラ 戦闘メカ ザブングル 

    ♪はやってのよぉ~にぃ~ザブングルゥ~ザブングルゥ~


    先日”スーパーミニプラ戦闘メカザブングル”が届きました。
    テストショットを見たときからあまりの出来のよさにポチってたんですが、
    いや~食玩でこんなに出来のイイキット?が出るなんて、いい時代になりましたねぇ~

    xa1_R.jpg
    ”スーパーミニプラ戦闘メカザブングル”は全4種。
    全部集めるとフル装備ザブングルを組むことができます。

    xa4_R.jpg
    ブングル・スキッパー:ザブングルの上半身パーツとライフル、平手、武器の持ち手2種が左右分あります。
    折れた羽もついてますので、ジロン機のサブザブングルことサブングルに組むこともできます。

    xa5_R.jpg
    ブングル・ローバー:ザブングルの下半身パーツとWM状態の太もも、コンテナパーツが付いてきます。

    xa3_R.jpg
    トラッド11タイプ・オプションセットA:トラッド11とホバギー、4連ハンドキャノンのセットです。

    xa2_R.jpg
    ギャロップタイプ・オプションセットB:ギャロップと3連バズーカ、9連ミサイルポッドのセットです。

    xa6_R.jpg
    ザブングルは今風のプロポーションでカッコイイです。
    (個人的にはちょっとスマートすぎかな?とも思いますが)
    キャノピーなどに透明パーツが使われていたり、足裏にちゃんとモールドがあったりと食玩ですがクオリティは高いです。
    関節などにボールジョイントなどが使われていて可動範囲は広いんですが如何せんプラなので、すぐ緩くなりそう。
    HJで作例が載っていましたが、キッチリ組むとなるとけっこう難儀しそう(^^;
    色分けはホイルシールでほぼ補完されています。(面倒くさいので僕は貼ってませんけどw)
    プラキットの視点で見ると、腰周りがスカスカだとか改善したい部分はありますね~。
    それから気になったのが、プラモデルのプラと比べると少々脆い?様な気がします。
    少しムリに力を加えるとすぐに白化するので、HGUCを組むときみたいに、
    すこしはめ合わせがキツイからといって強引にハメ込んだりしないほうが無難そうです。

    xa7_R.jpg
    REVIVEのフリーダムと並べると、設定ではフリーダムが18.03m、ザブングルが17.8mということで、
    まぁ1/144と言っても差しさわりのない大きさ。
    そういや自分はザブングルと陸戦型ガンダムとニコイチで製作中(←まだ製作中のつもり?w)なんですが、
    頭とか流用しちゃおうかなぁ~。

    第二弾はイデオンということで、こちらも超絶出来がよさそうなんで期待してます(←予約済み)
    個人的にはザンボット3とか、超力ロボガラットとか、大鉄人17とか出たら嬉しいなぁ~(←多分ムリ)



    愛しあってるかい? 

    本日、5月2日は、忌野清志郎の命日にあたります。
    というわけで、今回はひたすら僕の大好きな清志郎の曲たちを貼っていきたいと思います。
    決してダグラムが進んでないわけじゃないですよ(^^;
    では、BEST7て訳ではないですが、思いつくままに7曲を!
    ■JUMP


    ■誇り高く生きよう


    ■ヒッピーに捧ぐ


    ■ぶっちゃけた恋


    ■雨上がりの夜空に


    ■僕の家の前の道を今朝も小学生が通います


    ■ドカドカうるさいR&Rバンド


    いや~いいいですね~(←自己満足)
    もう亡くなってから6年経つんですけど、
    清志郎、天国で元気にしてるかなぁ?



    さてさてダグラムですが、現在絶賛塗装中です。
    4月中に仕上げたかったんですが、ちょっとここ最近腰痛がひどく(←ジジィw)
    なんか停滞しがちになっております。
    GW中にもできたらな~( ^ω^ )ゝ