05 | 2017/06 | 07

    1/35 八九式中戦車甲型 制作その②~(´ヘ`;)ウーム… 

    いやぁ~、ムシムシして嫌な感じの毎日ですねぇ(;´д`)ゞ アチィー!!
    今年は空梅雨かと思いきや、遅れてやってきましたねぇ。

    ま、そんなことはいいとして、八九式ですが、ボチボチ組み始めてみたんですが、
    やはりガンプラとは勝手が違いますねぇ…

    「これ、モールド?パーティングライン?」とか、
    「この車体を箱組みしたこれは継ぎ目?モールドになるのか?」とか、
    「この部品はここと平行でいいのか…?」とか
    細かい所でいちいち迷ってなっかなか進みませんw

    いつかのモデグラの中村桜さんの作例を参考にしようと目論んでいたんですが、
    結局その号は見つからず…_| ̄|○ il||li
    仕方が無いので駿河屋さんで、他に見当たらない号もまとめて買い直しました(;´∀`)
    おかしいなぁ~。絶対に捨ててはないんだけどなぁ~。

    で、中村桜さんの作例ですが、
    89_8_R.jpg
    1日で完成させる企画だと記憶していたんですが、
    2daysモデリングでしたね。いや~人の記憶ってあやふやだなぁ~(;^ω^)

    で、どんだけ進んだかと言うと…
    89_7_R.jpg

    …ぜんぜん進んでね~じゃね~かヽ(#゚Д゚)ノ┌┛Σ(ノ `Д´)ノ

    いやいや、これからもうマッハですよ!マッハ隼人ですよ!(←一般の人にはわかんねーよw)

    なんせ退路を断つために、
    89_6_R.jpg
    バレー部の面々のフィギュアも買ってしまいましたしねw(安かったからですけど)
    もう後には退けませんw

    スポンサーサイト

    1/35 八九式中戦車甲型 制作その①~バレー部復活!ヽ(゚∀゚)ノ 仮組み以前。 

    前回、仮組み祭りでワッショイワッショイしたんですけど、
    まぁあれはあれで置いとくとしましてw

    先日、友人のぺにーさんのセモベンテの製作記事を見て、
    「カッコイイなぁ~俺もスケールモデル作りたいなぁ~+(0゚・∀・)」と、
    単純な自分は思わずポチってしまいました!(←身の程知らず)
    89_1_R.jpg
    アマで結構値引きされてたんですけど、それでもそこそこのMGクラスの金額(; ・`д・´)…ゴクリ
    定価なら絶対買いませんつか、買えませんw
    アンツィオの三人娘のフィギュアとか付いてたらわからん金額でもないけど、
    いくらエッチングパーツ付きとはいえ、こんな小さいのに定価6600円(税抜)はなぁ…
    89_2_R.jpg
    開けて見ると、大きい箱に半分ぐらいのランナー量w
    パーツ細かい!ゴマくらいの大きさのパーツとかあるじゃないですか~(;゚д゚)
    で、そっ閉じw

    というわけで、ぺにーさんも作りやすそうと太鼓判?の
    八九式をうちのマウンテンサイクルから発掘してきました。
    89_3_R.jpg
    つか、箱変形しとるやないか…
    89_4_R.jpg
    開けて見ると、CV33ほどではないにしろ、やっぱ部品細かい&転輪の数にいまからゲンナリw
    ちゃんとしたピンセット買わないとなぁ…
    20年前くらいに買った安っすいタミヤのピンセットじゃパーツ飛ばしたら大変だもんなぁ。

    八九式って、以前モデグラの記事で、声優の中村桜さんが1日で組み上げると言う企画?をやってたんで、
    これなら超初心者の自分でもなんとかイケるんじゃないかと。。
    でもその時のモデグラが見つからないんだよなぁ…参考にしようと思ったのに(;´∀`)

    まぁボッチラボッチラ、作っていこうかと思ってますよ~。

    仮組み祭りだワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ仮組み祭りだワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ 

    まぁ祭りっつっても2つだけですけどね(;´∀`)

    では一つ目のバーザム。
    バーザム1_R
    組んでみた乾燥としては、いや~よく動くし、継ぎ目は少ないし、すげぇよくできたキットですよね。
    継ぎ目が目立つのってざっと見た感じ、下腕のグレーとブルーの部分に両方出るくらいかな。
    ブルーの方を段落ち加工して、グレーの方だけ消したら楽かな?
    個人的には毎回武器の継ぎ目消しは面倒なんで、出ないのは嬉しいトコロ。
    肉抜き穴もいつもの足裏には無く、リアアーマーにあるくらい。これは埋めやすいから許せます。
    足裏はどうしてもモールドと絡んでくるから難儀なんですよね。
    バーザム2_R
    巷では”頭が小さすぎ””スタイル良すぎ”と評判のキットですけど、個人的には全然OKですね~。
    だいたい設定画は頭がでかすぎで、あのバランスに忠実にキット化されても今以上に賛否が分かれてるんじゃないでしょうかね。
    まぁさほどバーザムに思い入れが無いから、カッコええからええやん、という事で。


    で、二つ目はフィギュアライズバストのフミナ先輩のエンディングバージョン。
    fu9_R.jpg
    これは前回のものと頭は共通で、ボディだけ新規のようで、前回同様エ…肉感的な造型になってます( `д´)bグッジョブ
    本当は元絵は頭の後ろで腕を組んでるんですけど、それを再現すると後頭部を新規パーツにしないといけないから、
    ポーズが変更されたんでしょうね。なんとなく中途半端に感じるポージングです。
    もう少し内側に曲げてたら、ポニテを結う感じに見えるのになぁ~。
    fu8_R.jpg

    …(*´Д`)ハァハァ

    まぁ昭和風に言うとパイオツカイデーですね~w

    これ白の部分の服のしわを落として肌色に塗ったら…(*´д`*)アハァ

    いや、下品になったら嫌だからやりませんけど、やってる人いるんだろうなぁ~w

    これBパーツ発売してくれへんやろか(*゚д゚)タノムワー
    いや、プレバンでええから(←そりゃそうだろw)




    1/144 HG ランドマンロディ製作その③~なんとか完成 

    約一ヵ月半ぶりの更新になります。

    いやぁ、ブログ初めて以来の倦怠期で一時は

    「俺、プラモ作らなくても平気かも?(ヽ´ω`)」

    と思ったこともありましたが、なんとか復活しました。

    今回サフ吹いて塗装したんですけど、いや~、溶剤臭がくさいくさい:(;゙゚'ω゚'):
    塗装は正月以来?だったんですけど、
    こんなに臭かったっけ?ってちょっとブランクを感じましたね。

    塗装自体もなんか勝手が掴めずにちょっと雑になってしまいました。
    まぁいつものことと言えなくもないですけどねw
    rand10_R.jpg
    一応レシピは、
    オレンジ:スカーレット(ガイアカラー)
    本体ホワイト:レディッシュウォームホワイト(バーチャロンカラー)
    関節部:ガンメタル(ガイアカラー)
    足首などグレー:ジャーマングレー(ガイアカラー)
    と、本体白とオレンジは以前作ったゼータプラスと全く同じ配色です。

    それを白とグレーは黒サフ、オレンジはマホガニーサフの上から面吹きです。
    rand11_R.jpg
    で、エナメルのジャーマングレーでウォッシングして、タミヤのウェザリングマスターで足元中心に土汚れ。
    両方とも結構適当になってしまいました(←まぁいつものこry)

    で塗装が終わり、組んで、やっと完成したな~と一息ついたとき、

    「あれ、なんとなく違和感が…?」

    と思ったら、ランドマンロディのモノアイ?はグリーンだったんですね(マンロディはピンク)
    モノアイの形が△×3の特殊な形なんでシールを使うつもりだったんですけど、
    急遽「だり~な~」と思いながらラピーテープで三角をみっつ切り出して貼りました。

    まぁ久々だったのでけっこうやっつけ的になりましたが、遅くも今年二つ目の完成と相成りました。
    このペースだと今年の完成品は5つぐらいかな~?w

    1/144 HG ランドマンロディ製作その②~後ハメとかなんやかんや。 

    なんやかんやでなんとなくプラモ熱が停滞中のこの頃。
    なんやかんやで二週間空いてしまいましたが
    なんやかんやでランドマンロディの後ハメです。
    なんやかんやって、便利な言葉ですねw

    背中に露出するフレーム部分ですが、
    挟み込んで接着してしまうとかなり奥まってしまい、
    マスキングもやりづらいのでフレーム部分からエッチングソーでカットしました。


    そしてフンドシの裏をつま先、踵の裏がガッツリ空いているので、0.3mmプラ板を貼りました。
    rand6_R.jpg

    そしてスネの後ハメですが、
    ヒザ関節パーツのスネ側の四角のダボ部分を左右2mmずつ残してカット、
    スネの穴を同じように左右2mmずつデザインナイフで広げます。
    ここはダボをカットせずにスネの穴を広げてもいいんですけど、コレぐらいの方が見た目がいいかな~と。
    rand7_R.jpg

    腰のフレーム部分は裏がぽっかり空いているので、ポリパテデ埋めました。
    あんまし見えない部分だからテキトーです。
    二の腕の後ハメは、フレーム部分の二本の丸いダボをカット、
    反対側の四角いダボを1mmほど残してカットします。
    そして四角のダボ穴部分の上側を1mm切り込みます。
    これで塗装後に上から差し込んで接着することができます。
    rand8_R.jpg
    だいたいこんな感じですかね~。
    まぁ後ハメつっても基本的なものばかりなんで楽ですね~。

    あとは継ぎ目を消して、サフですね(^^;イツニナルヤラ…

    あ、作業用ザクも進めてはいますw


    そして、
    ついにフレームアームズガールに手を出してしまいましたw
    rand9_R.jpg
    すーぱーふみなを作ったのが全ての元凶w
    こういうものに抵抗がなくなってしまいましたね~
    なんか武器がついてるのはパーツが多すぎてメンドそうだったんですけど、イノセンティアなら、ね。
    いつ作り出すのかまったく未定ですけど。